破我の里

 父の実家に行く時に使うその鉄道は、一面に広がる水田の中をほぼ真直ぐに進む2両編成の電車で、それは緑の海を行く船の様だった、と記憶しているのは私たち兄弟がソレに乗るのがだいたい夏休みだったから。その年もいつもの年と同じ電車に乗ったのだが、今年は2歳上の兄と2人だけなので、旅行ではなく冒険の気分だった。新幹線の某駅で乗り換え。冷房の効いた車内から、狂気さえ感じる暑さの駅のホームへ降りる。そこから、急行でも40分、途中に1駅停車する他は水田の中を走る走る。遠くに見える山は島のように見える。途中の停車駅で3人連れが降り、その車両の乗客は私達を入れて7人となった。走り始めて10分後? 外を見続けていた私は、その水田の遠くにひらひらと白く舞うモノを見付ける。カカシ? とも思ったけど今の季節からカカシは変。 「兄ちゃん、アレなんだと思う?」 兄は「はあ?」と応えてそれを見るため、自分のリュックサックから双眼鏡、5年生の11歳の誕生日に買ってもらった自慢のそれを出してピントを合わせだした。電車は走り続けているが、かなり遠くなのでソレは見え続けている。全開の窓から、身を乗り出す様に、ああ、その頃の電車には空調は無くて窓が開けられたの。それで走っていればそれなりに、多少は涼しい、とは言えないけどガマンは出来た、暑さを。 「 …あ。わかっチゃった… 」兄は、今思えば変なイントネーションでそう言って、双眼鏡を車外に投げ捨てた。「ナニすんだよぉ、もったいなぁ~ で、アレ、ナンなの?」 兄に聞いたけど「おまえは知らラい方が… うふ」 それが兄と交わしたまともな会話の最後だった。それから頭がいたいとか音がうるさいとかワケのわからない事を言って兄はうずくまり、終点に着いて、駅に迎えに来ていた伯父の前で倒れ、そのまま父の実家近くの病院に入院した。迎えに来た両親のうち母と私が家に帰り、父は夏休みが終わる頃、帰って来た。父だけで。それから兄には会っていない。4年後の夏、私が中学生の頃。一時帰宅で父の実家にいた兄はふらりと姿を消し、発見されたのは実家から5キロ離れた水田の真ん中、だった。死に顔は安らかだったと言うが、私は見ていない。 …見せてもらえなかった。思えばその兄が横たわっているはずの棺も2メートル近く… 兄がそこまで長身だった記憶は無い、いや、無かった。4年間で… のびたのか?
今、あれから18年経った。そんなだから、アレが何かは考えない様にしている。考え始めると… 頭がいタいしね。くふ 20170520-2
スポンサーサイト

天唾

 ダレカさんが「ガン患者は働かなくていい」… 働かなくていい環境を整えて言ってんのか? などと怒りはしない。労働は生きる糧を得るだけじゃない、社会とのつながりが人間には必要なんだなんて… 今さら説明が必要なの? 他にも「まず自分が子どもを産まないとダメ」「マスコミを懲らしめろ」「巫女のくせに」などなど多くの発言をしてる人。あなた「まず自分が子どもを産まないとダメ」なんて、男性のその人本人が返されたら笑い話にもならないセリフだよね。「そのまんまお返しします。まず自分が産んでみて」とか。でも、もう、ここまで来たら、あなた様こそ「働かなくていい」ってか、これを働いてるっていうのでしょうか? 働いてるつもり… ああっ… 言い過ぎ? 暴言・失言でした? ああ、私も、発言を取り消したり陳謝したりするかもしれませんが、反省はいたしません。ええ、しませんとも。20170522-2

言の葉

 私の知り合いの娘は万里子(仮)。でも、「マリコちゃん可愛いねぇ~」などと言うと激怒する。「マリコって言っちゃダメ! マリちゃんなのっ!」 意味わかんない、って思ってたけど、ははぁ… わかっちゃった。
 お母さんはたぶん叱る時「マリコ! お皿で遊んじゃダメ!」とか「マリコ! 御行儀良くして!」と言って、普段は「マリちゃ~ん、プリン食べるぅ?」とか「マリちゃん、お散歩行こうかぁ~」とか言ってるに違いない。子供の情報収集能力というか分析能力、恐るべし! どうか? 正解は… わからん。20170520++

晩春

 朝目が覚める。もういいと思う。もう十分生きたのに、また目が覚めた、と思う。覚めなくてもよかったのに、と思う。顔を洗い、朝食を食べ、歯をみがき、トイレに入る。ああ、まだ生きてる、と思う。死にたいわけじゃない。生きたくないわけじゃない。いや、死にたいのかもしれない、生きたくない、のかもしれない。 「はぁ…」溜まっていた息を吐き出す。もうアサ起きてから何回目? 母親の声がする。「ハルちゃん! いつまで入ってんの? バス来ちゃうわよ!」 ああ、もうそんな時間か… 「はぁ~い! ママ!」 あわててトイレを出て着替え、黄色いバックと帽子をかぶり用意を整え、家の外に出る。今日もいい天気。庭のハンカチの木の緑がまぶしい。こうして生まれて4年目の春も過ぎていく。
 園バスのお見送りを終えた母親が、トイレで見付け、ため息とともにつぶやく… 「あの子、また流し忘れてる。 …幼稚園で大丈夫かしら?」20170520

かうんと の2

 そこの、うちの田舎の獅子舞は少し変わっていて、総勢8人が入って演じる、いわば大獅子が伝統なんだが… 私に肩車されて見物している4歳の娘が「いぃ~ち、にぃ~い、さぁあん、しぃいい…」数え始める。ああ、またきっとロクな事がない。去年も、いやなモノを見た。今度は何を“カウント”してるんだ? 「じゅうぅきゅうぅう! あれ?」 何を数えたの? 娘に聞く。「おシシのアシ」 はあ? コイツは、ホント、細部にこだわるなあ。 …でも、奇数って変だろ。それに8人なんだから… あ… ホント…  …多い。唐草模様の胴体から出てる脚は8人分より多くて… 奇数だった。ああ、きっと 「ああ、きっと神様のサービス! 『いつもより多めにガンバッテます!』だよ!」いいかげんな事を言い誤魔化すが、「そっかー!」 娘は納得した。出来れば大きくなった時、憶えていませんように。20170519

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR