雨の日

 あれ? 今日はやけに息子がおとなしい。台風が近づいているから1日中雨、普段なら騒いでグズってわめいて手が付けられないのに。エネルギーのカタマリ、みたいな子なのに。おとなしいという事はなにかに熱中してるというか集中しているんで、それは多分、と言うか絶対によくない事だ、この前は壁にクレヨンで超大作を… と思い急いで様子を見に行く。ダイニングに散らかしたプラスチックの線路と電車のオモチャを前に座り込み上を天井を見ているタクミ。私もしゃがんで片膝をつき「どうしたの? 今日はおとなしいのね?」と言ってからシマッタ! これじゃ騒いでOKって… でも息子は上を見たまま「ねえ、ママ。シロくてネコくらいでフワフワとぶドウブツってナニ?」 え? ふわふわ? タクミの視線は天井の隅を追って動いてゆく。「そう、しろくてフワフワ… 目はね、アカくておおきいの… あ!」タクミの指さす行為と突然の大きな声に私は身を固くする。「あ~ バイバイ… いっちゃった」私の顔に視線を戻してタクミが笑う。息子の指さすトコロは、最後まで見ていない、振り返る事が… 出来なかった。20170917
スポンサーサイト

鮫が出てきた日

 台風が夜のうちに北へ去って行ったので、今日は朝から台風一過のいい天気。別に被害があったわけじゃないし、今日は学校休みなんでトモダチとあちこち自転車で回って見る。被害がないといっても、街路樹の折れた枝が大量に道路わきにあったり、看板や三角コーンが転がってたり、アンダーパスっての? 線路の下をくぐる道にまだ水が溜まってたり、そーゆーのを見ながら、おお! とか、すげ~! とか騒ぎながら海岸を目指してペタルを踏んでたんだけど、海岸まで一直線の3m道路を下って行くと… サメがいた。道の真ん中に。デカい、2メートル近くある。そのあたりの道は泥だらけで、サメも泥色。最初はギョッとしたけど、ムロキが「おおい、サメが寝てるぜ」と指さす。ヒトメでわかるよ、カバには見えねーよ。ハヤシダが茶化すが「ホンモノ? ハリボテじゃないのか? なんかの看板の…」言いながら自転車を降り近づいて行く。すこしヘッピリ腰。「おい! ヤバいよ! 生きてたら…」俺とムロキは自転車にまたがったまま6メートルは離れてる。ハヤシダがサメまで3メートル切った所で「バキャロオオオ! にげろ!」怒鳴り声と、サメがヒレと尾ビレを叩き付け飛び跳ねるのとハヤシダがすごい勢いで逃げ出し、ムロキと俺がまたがってた自転車を蹴倒して走って逃げたのは同時、走って走って走って、サメが金魚ぐらいの大きさに見える距離まで逃げて道端にへたり込んでから、生きてたんだぁ~ ホンモノだったんだぁ~ 死ぬかと思った~ 助かったぁ~ とアホの様に繰り返した。で、それからしばらくサメを見てたんだけど動かない。けど、自転車を取りにもどる勇気は3人ともなくて、歩いて帰った。自転車は次の日の朝に取りに行った。サメはもういなかったし、自転車は道の端に3台まとめて置いてあった。 …話はこれで終わり。 ただ不思議なんだ、2~3日新聞を隅から隅まで見たし、ネットのローカルニュースも検索したけどサメの事は出ていない。普通載るだろ、道路に2メートルのサメだぜ。でもないんだマッタク。俺達は夢を見てたのか? それにあのバカデカイ「にげろ!」の怒鳴り声。アレは誰だったんだろう。子供の頃読んだ児童書に“酔っ払いと子供を守る神様”って出てきたが、それか? ナニモかもわからないまま宙ぶらりんのままで、ハヤシダがほざく。サメで良かったよな、あれワニだったら俺死んでた! 絶対!  …おいおいおい! ハヤシダァ! 台風でどっからワニが飛んでくるんだよ! 20170918

不倫考

 不倫はイケナイ、ってみんなが言ってますけど… みんなモテないから嫉妬してんじゃないのお? ギャーギャー言ってる人だって然るべき場所で然るべき人に「あなたに愛する人がいてもいい。私を愛してくれ無くても良いんです。どうか… 今夜だけ、今夜だけでいいから… ワタシ…」なんて潤んだ眼で言われたら、どうします? 「バカな事をするんじゃないっ! もっと自分を大切にしなければならないよ…」なんて断れる? 私は… ああああ! 我が人生の傷№3(もちろん不倫じゃない、あの時は2人とも独身。でも相手には… なんて妄想記憶暴発! もう真実は… わかりたくない)が疼く! みんな「すっぱいブドウ」じゃないの? 俺は正直そうだ。自分が出来ないから悪い事、にしたいんじゃないのぉ? チャンスがあればウヒヒ、だったりしてぇ? 機会があればヤリたいんじゃないのぉ~ だから、ほら、スッパイはセイコウのもと、ムカシから言う… いや、いやいやいや! 違う! 成功しないんだって! みんな自分はバレないってホンキで信じてんだ。バカだ… 浮気はいつかバレる! …いや、ダカラした事ないけど。20170910-3

ショクバ

「11月はカエルだ」 職場で左隣の席の同僚がツブヤク… 始業1時間30分後の突然の宣言に、驚いて「かえる?… 11月は?」と聞き返すと、相手も驚いたような表情で「は? ボク、何か言いました?」と聞き返して来るんだけど、真面目な顔してるわりに、口の左端からつぅーっと細くヨダレの糸がタレている。 … 「いいや、なんでもない」 眼をそらし自分の仕事に集中する。11月はノドグロだよ、生唾を飲み込みながら俺は声に出さないように注意して宣言し、仕事に、キーボードを叩き叩き叩き… 叩き続ける。職場は静か。以後誰も喋らない。20170916+

茶店はカフェぢゃないっ!

「にいちゃん、怖い話、してやろうか?」はあ? 聞くと言ったわけじゃないけど、ばあさんは勝手にしゃべり始めた。「あすこに大きな白いビルがあるだろ? 一昔前で言う超高層建築物、スカイスクレイバー」ああ、あるね。けど、オネエさんシャレた言葉を知ってるね? 「あーやって毎日多くの人が入っていくが、私がここに店を出してからまだ一度も… 出てきた人を見たことが無い。あのビルは人を喰うに違いない」 …ネエさん、それに気付いていたか、カップを置き、俺はばあさんを睨んだ。それに気付いた人間をそのままにはしておけないなぁ… 怯えるばあさんに向けて俺は腕を伸ばすと… ガハハと笑った。あのビルはね、俺の職場もあのビルにあるけど、出口と入口別れてんの、保安警備の関係上。で、ここから見えるの入り口。出口はあの角の向こう。何だと思ってたの? 人喰いビル? デ・ラ・メアの「なぞ」? どっちにしても、人が消えるなんて、アハハ… 「フン、にいちゃん、そんな事言ってるけどな、この国の人口知ってるか?」 ああ? 今7000万くらいかな? 「じゃ、やっぱり喰われてんじゃないか! 昔は1億以上いたんじゃ!」 ああ、口の減らないばあさん… ってか、人を喰ってんのは、オマエだぁ! 20170903+

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR