FC2ブログ

天国水

 将来、放出される処理水。この際の風評被害を完璧に抑え込むいい方法がある。総理自らが飲んでみせるのだ! これで安心、これで安全。 何、そんな事は無い? そうか、なら東電の社長も役員も、保守政党の皆さんもさあご一緒に! ングングングング… ああ美味い! ああ美味いよコレ! 本当に、もう一杯くれない? もうないの? すぐ取り寄せて、これイイよ!  …トリチウム水には強力な習慣性が、あったりして。
【追記】4/11他の人のブログを見ていたらコレと同じアイデア“関係者に飲ませる”ってのがあった。薄めても捨てる総量は変わらないんじゃないかと、私より科学的。みんな、みんなそう思うよね? ヘンだよね? 本当はギャグにしてる場合じゃないのかもしれないけど… もう笑うしかない状況なのかもしれない。もう、とっくに終わっているのかもしれない、この国の幸せな時代。 …だから、その日に夢から覚めると待っているのは修羅の道? 20210410-2+
スポンサーサイト



五輪夢中

 そのうちJOCに2人組の男がやって来る。東京オリンピックのセレモニーは私達に任せてください。未だかってなかった空前絶後の開会式を、歴史と全世界の地球市民の記憶に残る閉会式を驚きの低予算と短期間の準備で実現できるのです、と売り込みを始める。 …そう、それは“愚か者には見えないオリンピック”なのです! 様子を見に新国立競技場に行った競技大会組織委員会の会長は「な、何も行われていない? そんなバカな! それでは私は愚か者、になってしまう。」と内心パニックになり正常な判断が出来なくなる。そこで、何もない、誰もいない競技場で指示を出しまくるフリをする2人に対して「オホホホホ! なかなかの出来かしら。そのまま続けてちょうだい」と言い総理に報告する。都知事も同じ、JOC会長とにこやかに談笑。さあ、こうして前代未聞の開会式が7月23日金曜日に始まるんだけど、もちろん愚か者には見えないんだよね。賢い皆さんだけが楽しむ事が出来るのです。ああ、残念だなあ、ボクも見たかったなあ。20210410

プライム´

 昔、でもないか。ちょっと前。箱に入って国外に脱出した元社長さんがいたけど、アレ、どうなんだろう。つい考えちゃうのはなんで箱のフタが開いた時、前と同じ世界にもどれる、と考えられるんだろう? まあ、脱出用に用意した箱だからイザとなったら内側からも開けられるシカケは作ってたのかもしれない。でも、ナカナカ開けてもらえなくて、シビレを切らした“中の人”がふたを開けて出てみると、そこは青い太陽が輝くオレンジ色の砂漠の真っただ中! ナンなんだ? これはなんの冗談なんだ? 巨大なスタジオの中、なのか? でなきゃ青い太陽なんて、しかし、このハテシノナサは… 本物? ぐるりを見渡すと照り付ける太陽を背に右20度の方向に町、らしき影が見える。あそこに行くしかあるまい。箱の中に用意しておいたペットボトルと非情携帯食を持ち、歩き始める。 …ほぼ1日かかって“中の人”が辿り着く町は、世界中を飛び回ったと自負する自分でも今まで見た事が無い様な異様なデザインの、町。しかし、建築物の意匠の前提条件である人類の形態が基本的に異なっている、のを“中の人”が目の当たりにするのは町に入ってから。
 そして、もうひとりの“中の人”。夫人は言う。「貴方、最近変わったわ。 …いつも遠くを見て、まるでここが貴方の家じゃないみたい」 ソンナコトハナイ、私ハわたしダ。窓の外に目をやったまま“中の人”は、少し寂しそうに答える。ダガ、ココノ太陽ハ、シロスギル、そんな思いを胸に秘めたまま。20210408+

超進化

 ネット見てると結構出てくる、「横断歩道を渡るカラス」飛べるカラスがワザワザ歩いて横断歩道を渡る… これ、しかもちゃんと歩行者専用信号が青になるのを待って渡ってるのもある、らしい。 カラスって、凄いなあ、と思う。けど、これが押ボタン式信号機で、カラスがボタンを押して、青になるのを待って、だったら… ちょっと嫌だ。車の運転中だったら、もっと嫌だ。飛べよ。 …そーいや、ちょっと賢いネコが襖を開けるのは普通なんだそうだ。けど、開けた襖を閉める様になったらアブないって聞いた。アブないって言うのは… シッポが2つに… だそうだ。カラスに注意せよ、気を許すな、と言う事、か? 20210404-2

はだいろ

 昔、子供だった私の色鉛筆の中に「肌色」ってのがあった。何の疑問も持たずに使ってた。それが悪い事だとは思わなかった。黒い肌の人や白い肌の人、褐色に人もいる事は知識として知っていたけど「肌色」って言い方と結びつかなかった。もちろん夏に日焼けして自身の肌の色が変わっても「肌色」に疑問は持たなかったから某放送協会の5歳児には「ボーッと生きてんじゃねーよ!」と言われちゃうかもしれない。それは「井の中の蛙」的生き方だとは思うけど、不幸ではなかった、私は。今はあの色「うすだいだい色」って言うの? 世界の肌色だけ集めた色鉛筆セットなんて作ったら、 え?もうあるの?それは素晴しい! 世界の多様性を実感できる、知る事で知識の地平が広がる、世界にはいろいろな人がいる容姿も暮らしの環境も考え方も色々、それを知る事、それはとても良い事なんだけど、あまり小さな子供のウチからこの複雑な世界の真実を知る、ってのは… すこしシンドイ事ではないのかなあ? とも思ってしまう私がいる。イマドキの子はタイヘンだね、って。でも、今の子供には、それが普通、なのかもね。昔の私なんかと違ってより広い世界が見えるトコロに立って、今の子供は何を思うのだろう? 20210130-3

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR