FC2ブログ

孤高齢の人

 今テレビの解像度が良いからよくわかる。某首相が記者会見でアップになるとマスクの鼻があたるトコに入っている、ノーズワイヤーっての? 鼻の起伏にマスクを合わせるアレ、アレが付いてるマスクなんだけど鼻のカタチに合わせてないんだよね。だから余計に鼻と頬の間に隙間が出来ちゃってアレで大丈夫なのか? なんて思ってしまう。周りにアレだけ人がいるのに、誰もマスクの付け方を教えてあげないんだ。あのお歳の方がどうなっても良いと、新型コロナにかかろうがマスクの付け方さえ知らないと恥をかこうがどうでもいいや、と思われているんだとしたら… それは当の本人の人望、今までの他者への接し方の結果、なのだろうか? 自業自得なの? そう思うと、あの生気の無い目、死んだ魚の目みたいなアノ未来が映っているとは思えないまなざしも… 可哀想になってくる。大丈夫か? 苦言を呈してくれる友達はいないのか? 愚痴をこぼせる友人はいない? 背中を預けられる仲間は? 1人で、たった独りで頑張ってるのか? この国の高みに、たったひとり、回りにいるのは敵ばかり?  …ああ、なぜかアリスの「チャンピオン」が、聞こえる。なんちて… 20210227-2
スポンサーサイト



ベッドの下

 部屋の明かりを消す。ベットサイドのアヒルのナイトライトだけがやわらかい光を放っている。「おやすみ」声を掛けてドアを閉めようとすると息子が訴える。「パパ、わすれてるよ。ベッドのした、みてくれなくっちゃあ」 ああ、オット忘れていた。オバケでもいたらタイヘンだもんな。そこで、息子のベッドの下を除くと… アレ? お姉ちゃん、サツキ、こんな所でナニ? ベッドの下で音を出さずにとがらせた口の前で人差し指を立てる、5歳の娘。 …まったく、何を考えているんだか。私はゆっくりと首を振り、娘の腕をつかみ息子のベッドの下から引きずり出す。娘は抵抗するが、もう晩い、子供は寝る時間、なのだ。お前も自分のベッドに行かなければ… その騒ぎで息子は、ベッドの上の息子は悲鳴を上げる、長く絶望的な恐怖の悲鳴。妻が駆けつける。振り向いて私は妻に弁解する。「ナンでもないよ、サツキがハヅキのベッドの下で…」 悲鳴! 妻の悲鳴、「あぁ、パパ、貴方。サツキは… 」 …ああ、あああああ、そうだ! サツキは先々週酔っ払いで死にぞこないのクソジジイが運転する… ああああああ! 右手が掴んでいる子供の腕、のはずのものが、じたばたと動くものが、冷たい。そしてそれを見る事ができない、冷たい腕? 見たはずのモノ、もういまはソレがなんだかわからない、なんでわからなかったのかも。私の口からも、悲鳴 20201019-2

あ!軽い政治

 ヒロシマとナガサキの式典での首相の原稿が一緒、 …で何年前から? 確認しないでイイカゲンを承知で言ってるんだけど、ここしばらく同じなんじゃないかなぁ? で、反論を想像すると、同じ原爆落とされて同じ様に死んだんだから原稿も同じでいいじゃん、って言う事(これ、とても酷いな)かもしれない。か、結婚式のスピーチみたいなもので「三つの袋」とか同じになっちゃうのは仕方ない。毎年言う事が同じなのは世界平和の為にこれと言って何もしてないから進捗状況的な報告する事なんて無いし、だから同じ。もちろん本人が原稿書くわけじゃなくて、スピーチライター使うんだけど経費は削りたいから、1本頼んで地名と日付だけ変えれば… ホラ、国民の血税を無駄にはしませんよ。って数々の反論が予想される。これに反論するには… ニンゲンとしてこの国のリーダーとしての情に訴えたって無駄。人として治政の最高責任者として被爆者に掛ける言葉についてもう少し配慮があってもいいんじゃないか、と言う意見に「そうだね」とうなずくような人なら、最初っからしないと思う。だから反論への反論は無意味だ。となると、似たような背丈の人に、あのパーティーグッズのゴムお面、アレ付けた人が壇上に立って録音テープを流された、んじゃない、ってだけで良かったねと思うべきなのかもしれない。ヒーローショーか!? だから、まだ最悪じゃないよ、これで我慢しようよ、文句言うとフテクサレテ来年はもっと酷い事しでかすかもしれないし。来年があるとすれば。 それにしても、言葉の重み、って言うか軽さと同じで、いっそ清々しい… なワケあるかぁ! あああ、何度も何度も何度も言ったけど、本当に軽い人、なんだね。20200811-3

呪う

 呪われた人形。街の片隅にあるアンティークショップ。そこにおかれている古い人形。ビスクドール。わかる人が見れば価値あるものだと一目でわかる、ではなくてその趣味が無い人でも思わず欲しくなる、そんな人形。 …しかし、手にしてはならない。買ってはならない。家に連れ帰ってはならない。その人形を手にした人は、買った人は、家に持ち帰った人は必ず不幸になる。短命に終わる。 なぜなら… 人形の腹には検出が難しい放射性物質が仕込まれており、手にした持ち主は外部被曝することになり… え? それは“呪い”じゃない? そうかしら? そんな人形を作った人間の“思い”は“動機”は、もはや真実はわからない。誰が、何の為に、誰かをそれと知られる事なく殺す為に、だろうけど… だったらそれは“呪い”なんじゃないかしら? それは成功したのか失敗したのか、まだ任務遂行中なのか? それ等の疑問は、まあ、どっちにしたってしなくたって、どうだっていいや、どっちにしろこれは、“怖い話”だよね? 店番のアルバイトがしょっちゅう変わるのだって、そのせい? ヒトリアルキする人の悪意… 20200502-2+

ソラのアホさを知る僕は…

 ソラのアホさを知る僕は… そう僕はソラのアホさを知っている、“ソラ”、アキヤマ・ソラ、13歳中学2年生、独身男性… ってアタリマエか。コイツ、先週の金曜日の放課後、500円玉をドブ池に落とせば女神が出てきて「あなたが落とした500円玉は平成十五年の刻印のあるものですか? それとも、平成二十年の刻印ですか? あるいは、平成三十一年?」持ってる硬貨の製造年月日なんて! と思ったらアイツは「もちろん! 平成二十年のですゥ!」即答しやがった。女神も女神だ、「まあ、なんと正直な中学生でしょう。御褒美に3枚全ての五百円玉をあげましょう」顔は笑ってなかった。 …それに、チッ!舌打ちが聞こえたぞ! そんで、やっぱり思った通り「ほら! 上げた!」女神は意地悪く笑って3枚の500円玉を頭上に差し上げたポーズのままでゴボゴボゴボ… と小汚いドブ池に沈んでいった。なんなんだいったい、頭を抱える俺、あんぐり口開けたままのソラ、 ああ… けど、ホント、コイツといると人生に退屈しない… ハハ 20191014-2

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR