FC2ブログ

職責2

 アルコール類をお買い求めのお客様の年齢を確認できない場合、販売をお断りする場合がございます。
「お父さんにね、お父さんに誕生日のプレゼントで…」小学生? 1年か、2年だろうか、もう泣きそうになっているのが辛い… 「ごめんね、未成年、子供にお酒は売れないんだよ、売るとね、おじさんが」バイトをクビになるなんて言いたくなかったんで後は言葉を濁した。「そうだ!」俺、カシコイ! 「ね、ね。こっちのさ、栄養ドリンクはどうかな? おじさんも夜勤のバイト明けに飲むんだけど、ケッコウ美味くて、元気になるよ。」子供の顔が緊張からほどけた、ヤッタね。「それにする!」子供は手にしたワンカップを私の手に渡し、私の提案を受け入れてくれた。「よっしゃ! こっちのプレゼント用の袋に入れちゃる! お父さんによろしくな!」 自分で考えた父親への最高のプレゼントは没った! ダメだった! でもこの子の思いはそんな事でクタバラない。クタバラせてたまるか! 泣きたくなるようなどんなにムチャクチャな世界でも、俺は、勇気も力もないけど、スチャラカで、スチャラ力で、(解るよね、ギャグだぜ、笑ってくれよ)生き延びてやるぜ! 怒り? 子供の思いを踏みにじるシステム? この国は、腐ってる? あああ! 嘆いて怒ってナントカなるなら俺も嘆こう怒ろう、ナンボでも! …深呼吸をしよう、ふうううう、忘れんな! 俺。憶えておくんだ、大事な事はこの胸に! 20140130
スポンサーサイト



 だってオモロイじゃん! 悪い事してるワケでも無いしぃ。あ、訳わかんない? あー、あたしね、ファミレスでバイトしてんだけどさあ、そう、街外れ、っての? そ、あそこの。峠の、あの車をドンだけ速く走らせられるかをタタカウあの… あ、そーそー! 最近はワキにあるビョーイン? ホテル? なんかそんなののザンガイ見に行く人が… だね! しんれいスポット? そんなんがあるんでここ、深夜枠はケッコーキツイの。シッパイした。だ、か、ら、時々はイキヌキ必要なのよね~。青い顔して入って来るオキャクサマに「いらっしゃいませ!」で、オヒヤとオシボリ出すんだけど… ひとつ多く… え~っ! そんなにひどい? いいじゃん! 「俺達3人なんだけど…」「え? でも…」空いてる席に目を走らせると、マジな顔でね。ヒッ! とか言って、そこからできるだけ離れようとジタバタ、あっはっはあ! いるわけないじゃん! はははははははははあああ! 
 でもね、ある夜… 店長に見つかっちゃってさ! グダグダ言い訳してたんだ… だからぁ、一人で来たオキャクサマにオヒヤとオシボリ2組出したのはマズイと思ってますよぉ… そりゃ、アントキ、あたしもキブン悪くて、フツーは独りのオキャクサマにはあんなイタズラしないけど… え? ナニ? ナニ! もう一回言って、店長! 「だから! さっきっから何言ってんの! タワゴトはイイの! なんで誰もイナイ席にオヒヤ持っていったの? 見てた周囲のお客様ドンビキよ!」だってさぁ! バッカじゃないの! ちゃんと… ちょっとお! サッキっからあたしの後ろばっか見て、ナンか20140127-3

職責

 アルコール類をお買い求めのお客様の年齢を確認できない場合、販売をお断りする場合がございます。
「お父さんにね、お父さんに誕生日のプレゼントで…」小学生? 1年か、2年だろうか、もう泣きそうになっているのが辛い… 「ごめんね、未成年、子供にお酒は売れないんだよ、売るとね、おじさんが」バイトをクビになるなんて言いたくなかったんで後は言葉を濁した。「そうだ、お母さんに相談すれば?」俺はバカだ! 子供の顔が引きつる前に解った、それでも遅かったけど。「お母さんはいない」子供は下を向き諦めきれないように手にしたワンカップを見ていたが、どうにもならない、と察してくれたのか、私の手にもどしてくれた、たぶん自分独りで考えた父親への最高のプレゼントを。泣きたくなる、と言うより怒りがこんな事で子供の思いを踏みにじる様な… このシステムは、この国は、腐ってるんじゃないのか! あああ! もちろんそれを破れない俺も。…深呼吸をしよう、ふうううう、次にくるお客様には握り緊めた拳を見られないように… 大丈夫、3時間もすれば… 忘れる、忘れなきゃならない。20140127-2

自動書記

 ドアを開けると薄暗い路地が一直線に伸びている、みたい。暗いから解らないよ。一歩踏み出してみる、湿ったコンクリートだか、アスファルトだか知らないけどそんな地べたを踏みしめる。行けるか? 行くと決めて、ドアを閉める。暗い路地を進む。目も慣れてきた。時間も遅い。ダイジョウブ、大丈夫。殺されない、俺は生き延びる… 午前2時20分なら人はいない、はず。薄暗い路地、は突き当たり左に曲がるとしばらくして大きな道に出る。遠くまで目を凝らすと一人二人道端に人が居る。監視者! ああ、いや、これが家を持たない人、ブルーシーターズ? そこまでは確認できない。偽装? いずれにせよ、人の目に触れるのは避けるべき。寒い。気温はその日の最低気温に近付きつつある。防寒具はない。移動の手段は在るのか? 組織の協力は… これも、あまり期待できそうにない。とりあえずの判断はOKとしよう。クリア後は? ああ、解らない。しかしやがては一般冠詞モードに、移行し演歌を 見気所なる 変換が変だぞ! ああ!? あああ! オレ寝てた? あ! ああああ! お、起きなきゃヨカッタ? 物語は… どっか行っちまったい! 20130319-2

喪失

 昔、俺がずずずっと小さかった時。両親と妹と俺で海水浴に行った。電車に乗って、海水浴に行ったんだ、みんなで。で、オヤジが財布を落とした。盗まれたのかも知んない。オヤジに落度があったのか、そうじゃなかったのかは今でも? 判らない。俺はずずずっと小さかったし… 無力だったから。あの時は、もう電車に乗れない、帰れない。ご飯も食べられない、これからどうなっちゃうの? と大変ビビった、とてもオノノいた。パニック! もう、だめだ、ウチはオシマイだア! もうみんなして死ぬしかない、くらいに動揺した私だけど… そうはならなかった。そうはならなかったんだよ。アア、ヨカッタ。まあ、私が小心者で金に汚いのは、このせいに違いない。え? で、どうしたかって? ああ、オフクロが別に財布持ってた。 ああ、夫婦別々の財布って、…今当たり前の事でも、昔はそうじゃないんだよ。20120511-2

きょふ

 深夜、コンビニの裏手。俺達は隠れてる。ダレカラ? 否、逃げてる。ナニカラ? こ怖かったぁあ、ほほ本当に怖かったんだよぅ。タケシの声は異常に震えている。こんな人間の声聞くのは初めてだ… ごめんよ、お俺もあんなとこにお前だけ置いて行くつもりはなかったんだ、でも、わかるだろ、よくあるダサい心霊スポット、こけおどしのニセもん… だと思ってたんだよ! チクショー! だから、 …だから、あの時はしょうがなかったんだ。暗がりの中、今目の前で座り込んで頭を抱えているタケシを、正直持て余している。ヤバイヨナ、ニゲナキャ… ダイタイこいつ、どーやって俺に追いついて… チッ、心ならずも舌打ちが走る。 …ほホントおにこおわかったんだよょおオ、コアクて怖くて怖くて,人げぇんじゃあいられな… うずくまっているタケシが溶けていく。崩れていく。あああああ! タケシだったものは、おぞましいあの時チラと見たあのいやなモノ… になってゆく。絶対的な恐怖にさらされた生物は命だけは守ろうと変身するんだ、生き抜くために擬態し、恐怖を与えるそのモノの姿に変質する、生き残るために。なぜそれがわかるのか? あぁあわかるよ、イマワカタ。 …タケシ、コァイな怖いな、コワかったんだな、お前をお前でなくさせたモノの姿を見て、俺も恐怖する、俺も、逃げじゃいられないほどのきょふを… キョフを… ああ、キョフをカンずる。20120915-2

潜入

 夢だよ。夢の話。戦争中なんだ、んで、敵の占領地に潜入している。映像的にはモノクロ映画、第2次大戦モノ、「コンバット」? 「西部戦線異状なし」? いくつかの隠れ家を移動し、情報収集をし、時には敵を撹乱する作戦もこなす6人のチームなんだが、私の連れ合い―そう、夫婦でスパイなんだな、俺達―を快く思わない女がチーム内にいる。いや、快く思われていないのは私? 彼女は私のパートナーを… 夫婦ってのもチームのバランスを損なう要素だが、存在のリアリティを出すための必要悪だ。しかし、チーム内の不和は危機を呼び… アレ? 問題はそこじゃない! オレノツレアイヲ、アイスル、オンナ… 彼女は確かノーマル。と、言う事は… ゲ! 俺、女なんだ! ゲゲゲ? そのショックで目が覚めてしまった。渋いセピア色のナカナカしゃれた映画みたいだったんだけどな。 …けど、ハハ、あたしが女… ウフフ❤ 20140116-3

祖母

 ああ、ばあちゃん、助けて、俺、とんでもないことしちゃったんだぁ! 会社のお金の入ったカバン山手線の中に忘れて… ああどうしょう。そのお金、500万今日中に振込まないと、会社にとんでもない損させちゃうんだ、どうしょう、ねえ。500万、今すぐ用意、渾身の演技は押し殺した笑い声で中断した。「ファハハハハハハハ、ター坊、アワテちゃってどうしたんだい。そんな500万ポッチ、この前の3000万から出せるだろうに、ファハハ、忘れちゃったのかい、それとももう使っちまったのかい? ダメだねぇ、ター坊、だからいつも言ってるだろう、オマエにまともな仕事なんざ向かないよ。帰っておいで、私達の後をお継ぎ。人間なんてロクなもんじゃない、オマエが肩入れする価値は、無いよ。それより、その馬鹿共をいたぶって苦しめて、大事な物をふんだくって、奈落の底に落としてやろうじゃないかい。やりがいのある、良い仕事だよ。おまえももう230歳だろ、歳を考えたらばあちゃんのこの提案、聞いときな。いいね、ばあちゃんあきらめないよ。番号は… ああ、リダイアルでOK… だね。また電話するよ、必ずね。 …帰っておいで、楽しいよぉ、この仕事。父さんも母さんも怒ってないから、いきなり怒ったり殴ったり火ィ噴いたりしないから…  それとも、オマエ…  もう地獄にもどっているのかい?」20131226-3

「ねねこ」の話

 昔さあ、そう、昔だよ。そーゆーのがいた。見た事ある、俺。ガキん時、近所で。猫だけどね。そう、猫だよ。俺はかってに「ねねこ」って呼んでた。「ねねこ」。足4本だと「ねこ」、だから、足6本で「ねねこ」。足8本だと「ねねねこ」か? ハハ、そん時はいなかったけどな! そんなの。ハッハハ! 化け物屋敷じゃアルマーニ。マッタク! あ、ケンキュージョはあった。なんか知らない研究所。ソコから出てくる10本足、「ねねねねこ」ハッハッハア! 酔っ払ってますよ。酒飲んでるから。酒飲みは酔っ払ってないって主張するけど、俺はウソツキだからね。 ? 「ねねこ」か、笑い事じゃないんだよ、食肉生物の効率化ってのは不要な部位は無くし、有用な部位を増加させる。つまり、食えないとこは減らし、食えるとこは増やす。だから、「ねねこ」になる。バカ! 猫食うわけじゃないよ。猫はモルモット。イヤイヤイヤ、だからそれは言葉のアヤで… ソコはさすがに酔っ払ってますから… 猫がネズミのはずないでしょ! そう! 猫はあくまでテスト用に実験体として製作されたモノなの。遺伝子操作? 遺伝子工学? ああ、まあそーゆーのなんだろうね。成功すれば、牛、いや「ううし」や「ぶぶた」になるんだよこの実験は。いや、「ううううし」や「ぶぶぶぶた」もアリ? もう、何がなんやら… で、俺はその危険性を主張するのさ、これは危険である、と。そう、昔「ねねこ」に引っかかれて傷は化膿する、高熱は出る、酷い目にあったの。んで、しばらくすると脇の下に小さな肉腫? 芽みたいなのが出来て医者に取ってもらったんだけどさ、左右2ヶ所。痛いの痛くないのって、痛いんだよ! すごく! で、俺、命は助かったけど、それからさ。俺のあだ名が「ダックス」に決まっちゃったのは! せ、責任者ぁ出て来ぉい! 20140114-2

ノンアルコールビールで酔っ払っちゃったい!

 プラシーボ効果、というのがあるんですよ。薬として効く成分が入っていないんですが、見た目は薬にそっくりな偽薬を服用しても、検査数値が変化し、治療効果や場合によって副作用まで発現する事を言うんです。「それで?」おまわりさんはちょっとイライラしている。だから私が飲んでたのは実はノンアルコールビールだったんですが、このプラシーボ効果によりアルコール反応が… 「じゃ、ダメでしょ。本人がアルコール、お酒だと思って飲んで、それを自覚して車を運転したら、ダメだよ。しかも、検査でアルコール反応が出ちゃったら、出ちゃったのよ、ほら、反応は。じゃあ、飲んだのが、本物のビールでも、ノンアルコールビールでも、それは別のとこで主張してね」 …って事で、ノンアルコールビール飲んで酔っ払い運転で捕まるなんて事は、あるんでしょうか?
 それは… ビールだと思って飲んだノンアルコールビールが、実はアルコールを含む普通のビールだった、って可能性が一番高いですね。ヤッパリ(ツマンナイ! …はは、やっぱり?) 20140113

時間の厚みについてチョット考えた

 今、休日の午後4時だ。午後6時から見たいテレビが始まる。午後4時から午後6時の間には午後5時がある。午後4時と午後5時の間には午後4時30分がある。午後4時と午後4時30分の間には午後4時15分があって、午後4時と午後4時15分の間には午後4時7分30秒がある。そして、皆さんもうおかわりですね。いや、違った、もうおわかりですね、だ。午後4時と午後4時7分30秒の間には午後4時3分45秒が… 計算合ってるかな? つまり理論上と言って悪ければ屁理屈上、午後6時までに無限の時間点を通過しなければならないから午後6時は永遠に来ない。あれぇ? そーはならないよ、という事は、時間にはどんどん分割していくと、それ以上分けられない、物質で言うところの素粒子みたいな分割不可能な時間が存在する、よね? 理論上。これが言うところの時間の最小単位? まあ、存在するだろうな、この最小単位。時間の厚さがが0だと、0+0+0+0+0+… =0? 時間が積み重ならない、すると宇宙の歴史は始まらない。始まらない宇宙がある空間、ああ! だからブランク時間? なんか違う。…あ! 「○」半濁点! プランク時間? なんだそれ? ハイ、意味マッタク理解しないで書いてまぁす。20131002-3

「ベルサイユのぼら」ってギャグを考えて

 ちょっと前、「ベルサイユのぼら」ってギャグを考えて、これのどこがギャグなんだ!? って言う話は置いといてね、本筋と関係ないから。 …で、もう誰か同じ様なことを言ってないかな~? とGoogleで検索すると「もしかして:ベルサイユのばら?」って聞き返されるの。お、お前にツッコマれたくは無いっ! と思った。でも、職場で白い目にさらされて考えを改めた。ここまで完璧にツッコンでくれるのはWebだけなんだ、とね。職場では、最近なんかちょっとニガワライされるの、オヤジギャグ? …悲しい。そして、Google は現在「ベルサイユのぼら」って入力すると「次の検索結果を表示しています:ベルサイユのばら」 …ははは、Googleも進化して人間と、私の職場の人間と同じ反応をする。 …ちょっと哀しくて、怖くて、ハラダタシイゼ! 20130326-3

人がいない場合でも水が流れる事があります

 図書館でトイレに入った。最中にふと見ると小便器に「人がいない場合でも水が流れる事があります」って標示が貼ってあった。ああ、なるほど… 今の小便器ってコトが終って離れると自動的に水が流れる。でも、それが人がいなくても… え? でもどうして? って疑問が浮かんだけど、表示には続きがあって「においや配水管の汚れを抑制するためです。」 ああそうなんだ、なんと親切、疑問はスッキリ… じゃないっ! 根本的におかしくないか? 「人がいない場合に…」水は流れるんだ。じゃあ、その水の流れを聞くのは… このラベルは誰に向けて語っているのだ? いないはずの人? 「人がいない場合でも…」だから、お知らせしているのはヒトではない? …いや、待てまてまて、あわててはいけない。小便器を使用中、隣の小便器にゴボボボ! なんて急に水が流れ出したらびっくりする。ユーレイでもいるのか? なんて思っちゃう。で、ふと見ると「人がいない場合でも水が流れる事があります」ああ、そーゆー事か、なるほどねと納得する、そのためなんだ、この標示は。 …でも普通、そーゆー時には「自動洗浄機能付き においや配水管の汚れを抑制します」とかって書かない? 「人がいない場合…」その書き方って… 「やっぱ、僕達に向けて、かな?」右肩越しに声が‥ 振り向かない、振り向けない。だってドアの開いた気配はないし、さっきまで誰もいなかったし、私、考えてただけで声に出して… ふぁ、ああ! 少し ズボンにかかっちまったぢゃないかぁあ… 20140107-2

美学

 かなり昔、職場に中学校の職場体験ってな事で3人か? 中学生が来た。ひとり金髪の子がいて、金髪って言っても外人じゃなくて日本人、人種的にモンゴロイドなんだけどなんか髪の色素が金… って子なんだよね。学校からは自毛だと言ってきたから多分そうなんだろう。遠い先祖にそーゆー人種がいるのか、真っ赤なウソで染めた金髪かは… 正直わからん。で、案の定、年配の“お客様”から「なんだその髪は」って言われた。で私達は、いやいやこの子はですね… って説明すると「フン、じゃ、俺が悪いってのか?」  “お客様”はそう吐き捨て帰って行った。その“お客様”は見事な白髪頭、いやいや銀髪の年配の方で、その年オリンピックがあった事に引っ掛けて俺は「銀より金がいいでしょ」とか言いたかった、マジで。でも、そんな勇気なかった。そんでその子に「気にするなよ」とも言えなかった。ヘタレ、だな、俺… その中学生は「慣れてますから」なんて言ってたけど、あーあ、どっちが大人かわかんねえな、実際。子供だと思ってなめたらいかんと本気でそう思った。大人―年寄り―だからってだけで尊敬してはいけないとも思った。たとえそこまで生き抜いた事が立派だとしてもその立派な事実や経験がその人の人格や品性を向上させず、破壊する場合もあるんだな、と思った。厳しさに負けちゃうんだね。もちろん、“お客様”のジ… ―あわわ、失礼、年配の方―だけじゃないよね、俺も負けてる。しっかりせいっ! 俺だってもはや年配のジジイだもんな。月日の積み重ねに負けたら、みっともない醜態さらしてしまう、 …それはイヤだ。20111111-3

 私は自分の目で見た事しか信じない。そう言い放った男は、手品師にだまされた。2~3千万取られて、正気に返ってぼやいた。「自分の目で見た事だって信じちゃいけない」
 僕は他人を信用しないんだマッタク。そう宣言した男は、自分にだまされた。「あともうちょっと、もうちょっとで良いメが出るんだ」ギャンブルにはまり3~4千万パーにして、くわえ煙草でつぶやいた。「自分だって信じちゃいけないね」
 俺はこの社会を信じちゃいない。そう言った男は、その社会につまみ出されて死んだ。今の世の中タスケテって言わない人間を助ける余裕はない。タスケテって言ったって助ける確証はないけどね。男は何も言わない、死んじゃったから。
 全てを信じない。でもだまされて死んだ。カミナリって落雷と言うけど上から落ちてくるバッカじゃない。地を這い下から襲って来るカミナリもある。全てを信じていない。でも、己の思考を形創る言語に、だまされたんだね。
 だから、だから私は全て信じない、ホントに全然マッタク信じない… なんて事が出来ると信じられるか? どうしたらいいのか… どうしたら。 …では、信じるところから始めて見ようか? あああ …な、なんてウソ臭い… 20131031-3

雪女

 むかし、あるところに老いた師匠と若き弟子、2人のきこりがいた。2人は毎日森へ行く。ある冬の夕暮れ、2人は吹雪に出会い山小屋に逃げ込む。が、火を焚くすべもなく2人は眠るしかない。夜半、若者が眼を覚ます。美しい女が老人に息を吹きかけている。女は若者にささやく。「今夜見た事をだれにも言ってはいけない。言ったらお前を殺すからね」女は去り、若者は気を失う。翌日、吹雪はやみ、若者は師匠を失っていた。
 翌年の冬、若者が家に帰る途中、旅の娘と出会う。2人は同じ道を歩く間に意気投合し、娘、ユキは若者の嫁となる。子供もでき、2人は幸せな毎日を送る。
 ある冬の晩、若者は針仕事をしているユキに、昔お前に似た女を見た事がある、と告げる。「その方のお話を」ユキの求めるまま若者―もう若者ではない。それだけの年月が立っていたのだが―男は昔、自分の経験した不思議な話、師匠と仰いだ老人の死んだ時の話を始めた。
 しかし、男は語り始める前に、ユキに告げた。「この物語はフィクションであり、登場する団体・人物などの名称はすべて架空のものです。また、この話で述べられている事はエンタティメントとして制作されたものであり、私個人の立場、主義主張、意見を代表するものではありません。また、この話を聞いた事により、直接または間接的に損害や債務が生じた場合でも、私は一切の責任を…」ユキは黙って聞いていたが… 眼は笑っていなかった。20131227-2

年賀

 あけましておめでとうございます
 旧年中は皆様方に大変お世話になり、ありがとうございました。
 本年もどうぞよろしくお願い致します。

 最近、NHKクリエイティブライブラリーに投稿にはまってしまいまして… このブログと同じく「KU2」のニックネームで作品を出しています。よろしければ、そちらも見ていただければと思います。このブログ同様、ひねくれた作品を出していますので、用法用量を守って正しく御視聴ください。なんてね。20140101

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR