FC2ブログ

廊下

 子供の頃、暗く長い廊下をスリッパをつっかけて走る。パタパタパタ… ここは縁側、左側はガラス戸で、冬の寂しい庭が見える。日は傾きオレンジ色の光がこの廊下の唯一の光源… 「廊下を走るんじゃないよ!」きつい言い様に俺は立ち止まる。ふり返ると長い廊下、ガラス戸の反対側、障子が開き髷を結った年配の女性が顔を出し、俺をにらむ。子供心に違和感を感じる。ああ、そうだ、女性が顔を出したのは鴨居の近く、俺が子供だったのを差し引いても、おおきな、巨大な女性だった… ぴしゃりと障子が閉まった後に、親戚のお姉さんがきて「どうしたの?」聞いてくれたのだが、俺は泣きやまなかったんだそうだ、それどころかその晩は熱を出して… たまの集まりだったので、母はかなり肩身の狭い思いをした、と後で、大学生になった俺に愚痴った。あれがなんだったのか… 今でもわからない、そしてあの長い縁側があった家は誰のどこの家なのか… わからない事だらけ。 …わかりたくもない。あれは子供が熱を出す前に見る幻覚、なのだ。勝手に納得する。20140228+
スポンサーサイト



決裁

 会社の廊下を走っている、必死だ。今日中に、この書類に課長の印をもらい、部長の決裁を受けなければならない。で、問題は今が午後4時30分、課長も捕まらない。終業は5時、状況は解った? じゃ、おまえも探すの手伝ってくれよ、課長を。で、後から考えれば頼まなければよかった。頼んだ奴3人が3人の課長を捕まえてくれちゃったのよ。しかも3人が3様のダメ出しをしやがった。いや、訂正の指示を出してくれちゃいやがったのさ! ああああ! で、どうする? もちろん4人目の“我々の求める”課長を探す。係長までの印は、ちゅうか、各段階で書類はカラーで高品位スキャン済み、ナンボでも出せる。うふふ、ああ、懐かしい… “復活の呪文” なんて笑ってるてる場合じゃねー! 俺達は課長を探しに走って… 走って目が覚めた。寝ていた、職場の自分の机で。 …夢か。一瞬でもホッとした俺はバカ! すでに期日は昨日になった書類を手にしてたから。これも夢なら… 20130519-2

将来の展望

 昔、中学生の時。友人の家でゴロゴロしてた。曲がかかってて、確か… やっとこサ透明人間になれたとか、便所虫の歌とか、帰って来たヨッパライとか… 頭の痛くなるホント変な曲バッカ流れていた。で、その曲をかけてる友人が言うのさ。「俺、大人になったらゴミの回収業者になる」突然の未来への展望と宣誓、正直私はビビった。俺はまだ将来の事をコレッポッチも考えていない。高校だって決めてない。それなのにコイツは… しかも、どっちかってゆーと、人の嫌がる職業だ。音楽の趣味は悪いけど… 人間としては一流? なのか? コイツ。 …認めたくないモノだな、他者の優位は。なんて言ってる場合じゃねー! 俺だって俺だって俺だってぇ~! 考えろ! 考えろ! 考えろ! このままじゃあ、ヤツに負けちまうぅぅ! だが! 「だってさ、月曜日と木曜日だけゴミ集めればいいんだぜ、ラクショーじゃん!」 …まて… 俺は熟考して言った。「でもさ、ウチのゴミは火曜と金曜だぜ…」 …沈黙は、ケッコー長かった。午後4時にサヨナラして家を出たが、ソノコトには最後まで触れなかった。オトコの友情? ハハ、ふざけんな! 俺は心の中でずっと「勝った!」って思ってたぃ!20140221

ベートーベンの眼が光る

 最近昔の事をよく思い出すのは良くない兆候か? でも、思い出したあれもこれも残しておきたい、くだらない、ホントにくだらない事しかないけど、俺の人生がくだらないんだからホットケよ! でも、オモシロイと思うから残すんだ、くだらなくてオモシロイ、そして悲しい小学生の時の話… 学校の七不思議、ってのがウチの小学校にもあった。んでそのヒトツが、音楽室のベートーベンの眼が夜光る、ってんだった。確かめるために夜、学校に忍び込んで… なんてウソ臭い話じゃないよ。そんな事小学生に出来るわけないじゃん。せいぜい放課後、夕焼けのオレンジ色の光に照らされた校舎の突き当たりの音楽室に悪友3人で入りこんで… もちろん誰もいない。そこで黒板の上、天井近くにかかったベートーベンの肖像画を見上げると… あ? 光ってる? ええええええ! 逃げろ! …まて! ムラカミが叫んだ、小さい声だったけどね、少しふるえてたけどね。そんで教卓の上に登って… 上履き履いたままだったのは、いざという時サッサと逃げるため、だぞ、キット。でもその必要はなかったんだ。ムラカミが指し示すベートーベンの肖像画は、眼のところ、両眼に画鋲が刺してあった。バチあたりなこった、誰がやったんだ? だから、光線の具合で光るんだ、おお、科学的! ムラカミ偉い! 勝利のガッツポーズをして村上は教卓から飛び降りる、飛び降りて消える。「ムラカミ…」ハヤシがツブヤク。「アイツ、夏休み中に確か…」そうだ、市営プールでおぼれてし… 先生が始業式の日にそー言って… 「タチバナぁ…」クボちゃんが眼を見開き俺の後ろを指差す。口をあんぐりと開け… たまらず振りかえるとそこには、何もない。俺の背後でクボちゃんのあんぐりと開けた口が「アホがみ~る、ブタのケ~ツ!」コ、コ、コノヤロー! 俺は笑い転げるクボちゃんを追いかけ、ハヤシもそれに続く… んで、どたばたと音楽室を後にして、俺達は親友だったムラカミとの再会をパーにしちゃったのだ! スマン! ムラカミ! ヤッパ怖かったんだ俺達。笑いに誤魔化して逃げてしまった… そのうち、そっちに行ったら謝るからな! ってんで、ウチの学校の七不思議は、音楽室のベートーベンの眼が光る正体を暴いた幽霊少年ムラカミにチェンジしたんだ。マジで。20140222-3

エデンの末

 本社で病気になった人間がリハビリでウチに回されてくる。外部機関でヒマな部署と思われてんだろうな、本社では。そんで、回されて来た人は見事回復すれば本社で、つまりまた最前線で再度戦う事になり、回復がそこそこならウチでお役御免となるまで働く事になる。異動理由は、たいがいは精神的ホニャララで、そこそこで最前線に復帰する。ってか、させるのさ。どこも余裕はないからね。子供のため、家族のため、ローンのため、最前線で働く以外の選択肢は無い。みんな、ほとんどみんな戻っていく。あ、1人「戻りたくない」って泣いた男がいたな。彼のその後は、聞かない。知らない。みんな自分の事で精一杯 …いや、これはずるい言い方だ。訂正、俺は自分の事で精一杯、他人の事なんて知ったこっちゃない。そう、帰って来る人間、また戦えなくなって修復のため戻ってくる人はわずか、ほとんどの人は… まあ昔のタトエで言うなら“メイヨノセンシ”か。何を意味するか聞くなよ。まあ、この業界、アマそうに見えても、ヤミアガリがいつまでも生き残れる世界じゃないんだね。セフティーネット? フクシコッカ? ああ、なんか昔どっかで聞いた… ってか、高校で「歴史」の授業で習ったのか? そーゆー時代もあった、な。 …でも、今は違う。この世界は違う。来年度からウチもバラバラ、解体されて使える人材は最前線行きらしい… あれ? 「営業」も「企画」も「広報」も「人事」も「総務」も解体か外部委託化、縮小合理化… 本社で残ってるのは、てか、本社って何だよ…  20130513-2+

絵を買う

 絵を買うのに“だまされた”って事は絶対ない。 …はずだ。だって、絵を見て、ああこれいいな、欲しいな、ウチのリビングに飾ったら素敵だな、5万円? ちょっと高いけど、でも、この青、いいな。この絵をウチに飾ったとこを想像すると、ああ、ダメだ、5万円か… ええい! 買っちゃえ! って考えるところに、だまされる要素は微塵もない。もちろん、お金払って、後日宅配された絵が別モノだった、ってのは別の話とします。つまり、おお! これは5万円を失っても我が物としたい、私にとってそれだけの価値があると私が判断した。そこに、だまされるなんて事は存在しない。あと、こーゆーのもベツね。この絵はピカソが描いたんで、後々10億円で売れますよ、と言われてホントはピカソの絵じゃなかった、ピカンの絵だったんで5千円でも売れなかった、だまされた! って事はある、キットある、絶対ある。あと、「夢を買う」、「夢を売る」って場合。5万円で売りますけど実は将来有望な画家の作品でソノウチ5千万の価値がでるモノなんですよ。でも、その画家はそんなにユーメイにならなかった… ウソだった? いや、ウソのつもりじゃなかったかも知れない。でも、ホントにはならなかった。でも… あなた、将来確実に5千万円になる絵を今5万円で売る? そんな人、いると思う? じゃ、あなただったら売りますか? 5千万円の絵を5万円で。 …なんだかなあ。ああ美しい絵だ、ウチのリビングに飾ったら、絵はいっそう美しく家族も喜んで… なんてところに嘘や詐称、偽装なんてモノは入りこまないと思ってたのに。いや、純粋な絵の売買には介在し得ない、でも「夢」や「投機」がくっつくと… そうはいかないんだろうね。やれやれ。20140206-3

階段 -続き-

 階段を下りて、次の階段も下りだよ! くそったれ! 化け物屋敷に不法侵入? まあヤッチマッタ事は仕方ないやな。で。どこまで下りるんだか。地下室も覗いてくかって、欲出したのがマズかった… 帰ろうとして階段を探しても、見つかるのは下りの階段だけ。木村は通過した踊り場が三桁になった時点で持ってたナイフで首を刺した。でもそんな事は、そーゆーやり方は学校とかで教えてくれなかったんだね。俺も教えてもらってないけどさ。自分の首の切り方… で七転八倒してる木村を残して俺と河野は下に降りたのさ、さすがに友人が苦しんでるのは、そして助けられない、楽にしてやる方法も解らないのは、ツライ… んで、俺達、もはや二人の俺達が、踊り場って言ってるけどさ、結構長くて歩いてるうちに降りてきた上りの階段は無くなっちまって下りの階段が何故か存在する場所、そんな踊り場。で,階段に行きあたれば、下りる。もう意地だね、もう2カ月近く下り続けてると思う。飯も食わずに、腹はへってるさ、そこら辺を走ってるゴキモドキを口にした事だ… 思い出させるな! バカヤロ! 不味かった! 死ぬほど! だんだん暑くなって来る、多分地獄が近いんだ。ウルセィな! もうだいぶ前から河野は歌を歌ってる。あれは、なんだ? イライラしる、本当のオウチにたどりついて良かった、ってアニメのエンディング曲? イライラする。もう踊り場の数も数えなくなった、今俺達がどこにいるか… 俺達? 河野と口を利かなくなって… 「河野?」初めて振り向いて… 俺独りなのを知る。ああ、そーだ。河野の歌う歌にイライラしてアイツを… ああ、そうだ、俺は… はるか向こうにトンネルの闇の開ける予感がある。下りはオシマイだ。旅は終わりだ。着いた。俺だけがたどり着いた。俺だけが生きて… ここが終着点。暑い。揺らめくのは焔? 肌が、焼ける… ここが地 20140214-2+

オラオラ詐欺?

 あまりに! あまりに多い、オレオレ詐欺の被害額! 250億円以上! もう国もこれを放置しておくことは… あー、放置って言葉は誤解を生じる表現でありました。国は別に放っておいたわけではありません。スミマセン。それなりの対策は取っておりました。でも、ダメだったんだけどね。 …そこで! 画期的対策を採用! オレオレ詐欺的勧誘の解禁! それ何? 「アーかあちゃん! オレオレ! 会社の金落としちゃって600万補填しないと俺クビなんだよ~! タスケテ!」で、母親が600万振り込むと某銀行の定期預金になってんの! つまり、他銀行にある金やタンス預金をオレオレ詐欺的手法で合法的に吸い上げる事を国は承認したのさ! 毒も一千倍に薄めれば毒じゃない! 事はない場合もあるけど、まあ、細かいこと言わないで主旨を理解してね。合法的に行うオレオレ詐欺(ややこしいので以後「虚偽の勧誘」と称します。)を認めることにより、潜在的被害者は本来の犯罪であるオレオレ詐欺+「虚偽の勧誘」に脅かされます。しかも「虚偽の勧誘」は合法的に大企業が豊富な資金と人材と国家のウシロダテを背景に行うわけで、被害者は急増! しかしその多くは後に定期預金の通帳が手渡され、「オレオレ詐欺に注意しましょう」とPR宣伝に使われてしまうわけだ、「イヤなら金、返さないよ」国と企業、アコギ! でも犯罪者にダマシ取られるよりはいいでしょう! さあどーする! 経済の活性化にもリンクする? イイコトかもしれないぞ! ハハハ 結局、賢くないと、国か犯罪者にかすめ取られちゃうぞ! って事なんだけどね… (暴力的オレオレ詐欺ってのもあります。私はオレオレ詐欺の被害者が皆愚か、と言いたいわけではありません。)さあ、さあ、さあ! こんな時代はもうすぐソコだぁ! 20140213-2

あの日

 いや~、今日は参っちゃった! アネがのたまう。仕事から帰って来た、けど明らかにオタノシミノ後って表情と帰宅時間を考慮して、即座に返す! 「そーだよね! 雪ここまでひどくなるなんて! 交通機関もオオアレでしょ!」姉の、モテナイ俺への攻撃と己のノロケの前哨戦をかわし、自分の部屋へ撤退。ああ、カミサマありがとう! 非力な大学生のために、この日を大雪にしてくれて! 願わくば、来年も、再来年も、ずっと、ずっと… この日を大雪にィ… カミサマが言う「無理!」 あああ! 残念! くぉおおおお! くたばれぃ! ばれんたいん! 20140214+

決断

 俺はね、風呂上りに柘植の木で作ったブラシ、櫛じゃなくてブラシなの。で、頭をブラッシングするのさ。時にはポンポンと軽く叩いてマッサージ。これで、57歳だけどまだ頭髪は黒々! いや、正直多少話は盛ってるよ、白髪はすごいから、けど、 …いや、話はそっちじゃないんだ。そのブラシで頭ポンポンだ。最近このポンポンで発する音が、やけに響く。まるで木魚を叩くように。なんかで読んだぞ。認知症になると脳が収縮して頭蓋骨と脳の間に空洞が出来る、音が響くのはひょっとして… 俺! ヤバ? で調べてもらったのさ、病院で。そしたら、現在のところ認知症の兆候はありません。ヤッタネ! でも! DNA検査で、将来可能性は十分考えられます。遺伝的にかなりの高確率で… ゲゲゲ! ってんで私は家族に迷惑をかけないように、将来家族に災いをなす私の頭部の切除を決めたのです! って、大丈夫だよね? 俺、狂ってないよね? 正しいよね? だまされてない、よね? 医者を信じて、いいよね? ボケて、ないよね? テレビで見たけど、どっかの外国の女優だって、似たような事したよね? ね? ね! ね!! 何か言って! 20140209+-2

階段

 廃屋に入った。もちろんイケナイ事だよ、ヨイコはまねしちゃダメ! なんてな。ハハハ… 家飲みしてて酔っ払ってさ、悪友達と3人、近所で有名なオバケ屋敷に入っちゃったのさ。鍵はかかっちゃいなかった。土足で失礼して上がり込む。なかは、メチャクチャ、“有名なオバケ屋敷”って事は、俺達より先に不法侵入した人間がいる、って事だ。それを証明するようにスプレーで描かれたラクガキや、乱暴狼藉の証拠が山ほど、あーあ、ひでえなぁ、俺達もだけど。んで、いろんなとこを見て回ったんだけど、屋敷って言ってもそれほどの家じゃない、15分で1階は見て回り、ついでだってんで、きしむ階段を下りた。地下室? への階段を見つけたんだ。地下には廊下と4室があって見て回るには10分もかからなかったが… 1階へ戻ろうとしても上へ向かう階段がみつからない。無いんだ、どこにも! 下りてきた階段が! ハハ、ハハハハハ。さんざ探すと、ずっとどこまでも続く先の見えない下りの階段は、あった… ファハハハハハ、そんな階段、いや怪談話信じないって? だいたいその話、誰が伝えたんだ? ってか? そーだよなぁ、俺が書き残したこれ、オマエがどこで読んでるか、俺が知るか! でもオマエ、今この話をどこで読んでいる? その部屋に出口は本当にあるのかい? ホントの出口は… 20140209-2

ミケ

 仔猫を拾った。雨の冷たい日に、ってんだとドラマチックだけど、確か夏で日が暮れてもまだ蒸し暑い、そんな時だった。ダンボール箱から、かすかにミーミー鳴いてんのをフタ開けちゃってからしまった、だよ。少し酔っ払ってたのもあるけどね。手に取っちゃったら、もう、戻すわけには、いかないさ。アパートに、―大家さんにはナイショ―連れ帰って、面倒見て、そう、あんまし小さいと、ウンコやオシッコさえ自分だけじゃできないのさ、メンドクサイ生き物。 …昔を思い出す。俺が拾ってきた仔猫を、両親は文句いいながらもこーやって育てた。俺はそれを見ていた。そう、俺が仔猫の扱いを知ってんのは親のおかげ。で、今なんとかできてるよな? 失敗するかもしれないけどな。失敗すれば死ぬけど、まあ、ダンボール箱の中で餓死するよりはマシ、そう覚悟を決めてくれ、猫。あー、涙が出るぜ。ミルク飲ますのにスポイトないんでストローが変わり、ミルクの中に突っ込んで、上の穴を指でふさいで… あー、ケッコウ、めんどくさイ! ま、そんな育て方だったんだけど、不思議、死ななかった、大きくなった。で、宿も変えた。大家にばれてね。ペット可のアパートに移るにはカナリ使った、クソッタレ。そんなある日、夢の中に猫が出てきた。ミケ ―今ウチにいる猫だよ― と同じ三毛猫、きっと母猫。んで「息子を救っていただいてありがとうございます」みたいに言うのさ、まあ、夢だからね。そんでなんかいい事が… 期待するじゃない! でも、何もなしさ。まあ、当たり前、夢を真に受けるなよ、バカ。 …けど、行きつけの獣医に連れてった時、―そろそろ去勢しないとマズイからな― センセイが驚いた。「ミケちゃんは… オスだね!」それが何かと聞いて、俺が驚いた。三毛猫のオスは1,000匹に1匹で、ペットショップオークションじゃあ100万円以上するし、生殖能力のあるオスは、現在世界中で1匹だけしか確認されていない、って、ホント? じゃコイツ、いやミケ… 様がそーだったら… コイツいくらで… スマン! 正直言う、考えた。でもなあ… その夜またあの三毛の母猫? 夢枕に立ったけど、なんかスマナソーにニガ笑いしていた。夢の中で俺もニガ笑いを返していた。ハハ、ミケが生殖能力のある三毛猫のオス! だったとして、いくらで売れるのか判らん。でも、もう売れねーよなぁ。情が… いや、あんた、家族を売れる? マヌケな話だ。誰がマヌケ? どーでもいい。でも、幸せだ。とても幸せだ。マが抜けた幸せってのは、とてもいい幸せだ。 …だから、ミケ! そこにシッコすんな! あーあ、躾はどうも失敗したみたい、だな。20140207-3

創作

 今日、職場の昼食時。映画の話をしてて、フト思い出した、一番面食らった映画。「幸福物語」ペンギンが主人公のアニメ映画。あの有名スナック菓子のキャラクター、カールおじさんのタッチのペンギンが主人公で恋愛物語なんだけど、そんだけ聞くとほのぼのアニメなんだけど、確かのっけから、最初からベトナム戦争シーン? 暗闇、バラバラバラバラ… ローター音と、機関銃? の発砲音とGUNFLASH? そこに一瞬見える兵士の死と苦痛にゆがむ顔! そう「地獄の黙示録」みたいな。で、人物は全てペンギン。飯食ってる皆が、え? ええええええ! 「タチバナ君、言ってる事が解んない」上司が言ったけど、俺だって解ってない、あんな映画説明できない! でも、見たんだ! 確かに見たんだ! ―空飛ぶ円盤か?―で、名作か? 面白かったか? そんな判断基準だけで語れるもんじゃない。映画ってのは、心に突き刺さるってのは、そんなんじゃないんだよ! 「タチバナ君、やっぱり解んない」あああ、思わず興奮してしまったけど、そうだな、解んないよな。そんで、面白いか面白くないか、解る解んないなんて小さい基準だ。俺、今この映画のストーリーを語れない。でも、この映画を覚えてる! どうせ創るんなら、こんなフウに、心に突き刺さるモノ、ワケ解んなくても、ストーリー思い出せなくても、忘れられない、そんなモノを… 「タチバナ君、またハナシ創ってる?」20140205-2

 お手紙ありがとうございます。もう7年になるのですね。母親であるあなたに反対されて、私達は同じ未来を生きる事が出来なかった。彼が、私が… そう私達は弱かった… これから先、困難は山ほど待ち構えている、それが当たり前の事だったのに、それなのに最初のステップで立ちすくんでしまった。私達は、それぞれの道を行くしかなかった、7年前、そう7年前の事… 言い訳でしかないけど、彼は優しくて、独りで育ててくれたあなたを裏切る事は、捨てる事は絶対にできないと解っていた。私も、そんな彼が好きだったから… そして、今。彼が逝ってしまった? 交通事故? 苦しむ間もなかった? ああ、なぜ、それを今? 解ります。解ろうとしています。彼を失った悲しみを、彼を愛していた私と分かち合い、彼の思い出を語り合い、苦しみと悲しみを半分に… は… はは、ははははは! それは、あなたにとっては、でしょう。私はあの時、7年前にもう“お別れ”はすませました。そう、でも、あなたはこれからなのですね。これから。断ち切られた彼との未来に思いを焦がし、日々おぼろとなってゆく彼の姿に悲しみをつのらせ… ああ、あなたが、まだ憎いわけではありません。でも、許す事も出来ない。私は、あなたが届けてくれた、彼との2度目の別れを、今日からゆっくりと胸の中で私のものにしてまいります。あなたは独りで、あなたの彼との別れを、初めての彼との別れを… 私と同じ様に… いいえ、私以上に… ああ、でも、私が女だったなら… 彼の残してくれた命があったなら… ああ、私の… 20140203-2+ Y.B.さんのブログを読んで

問題

 笑い話… と、みんなが受け取ってくれるといいんだけどな。昔ね、知り合いのおばさんが旦那と大ゲンカして「死んで化けて出てやる!」って怒鳴ったんだ。そしたらその旦那が「 …じゃあ、電気をつけなくっちゃな」
 意味が判んない? そうだよねぇ。でもおばさんを知ってる人は笑った、んだって。そのおばさん色が黒くて、とても黒くて闇夜のカラスじゃあないけれど、暗いと化けて出ても… だから電気、照明を… ってことなんだって。アハハ、俺も最初わからなくて説明聞いて笑った、結構面白いと思った。 …でも今現在の道徳観でいうと、これは、人の身体的欠点をアゲツラウ行為と言われても仕方ないの? でも、言われた本人、おばさんも笑ったって聞いたのよ。それに… 色が黒いは身体的欠点か? その考えこそが…
 と、ここまで書いて、じゃあおばさんが肌の色が黒い人種の人だったら… と考えた。肌の色が黒いという事で人間として扱われなかった歴史を持つ人々の前で同じ事が言えるのか? う~ん、それでも俺は、おばさんが笑ったなら、いいんじゃない、と思う。くり返すけど、肌の色が黒いってマイナスな特徴なのか? そりゃあ、黒って悪いイメージで語られるよね「ブラック企業」とか「ブラックジョーク」とか。でも、肌の色としては耐紫外線的に有利じゃないの? ああ、でも歴史的な状況って1人1人の問題から、人種、政治の問題に意味が変わっちゃうから… あああ、ひょっとしてエライ事書いちゃったのか? おばさん本人が笑っているなら、問題はないと思いたい。でもそれを見聞きした第三者が不快な感情を持ってしまうようなら… でもそれはその人の問題であって… いやいやいや、公共の場で発言に細心の注意を払うのは当然? でもどこまで考えるべきなの? …ここで図らずも俺の一番嫌いな言葉が思い浮かぶ。「ああ、昔はよかった…」いやいやいや、ケシテそんな事は、無いっ! 絶対、昔はもっと酷かった! 人々の発言は無神経で、ガサツだった。そして問題提起で終わるつもりも… コレヲキカイニミンナデカンガエヨウヨ! なんて解ったような事言うのが一番嫌いっ! …デモ、ホントニィ? 収拾付かなくなってきてるよ… 20120515-6+

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR