FC2ブログ

俺の居るトコロ

 絶対に反撃されないとわかっているモノに対して暴力をふるう。こっそりと、ヒヒヒと笑いながら? 性的な興奮を覚えながら? …泣きながら? 盲導犬や、野良猫や、幼児や… 被害者にとっては加害者の理由なんか知らない。やめて! と叫びたいだけ、じゃないかなと私は思うんだけど… だって自分がされたら嫌だ。そして、だから、私は加害者には感情移入できない。理解できない。動機なんて聞きたくない、いや、待て。どんなムチャクチャな言い訳をするんだろうと興味はある。だから犯人は捕まってほしい。あ! イヤなこと思い出した。酒飲んだ時に聞いたからホントの事かどうかわからないけど、加害者って、事件を起こす時「これでチャラな!」と考えているんだって? チャラ。加害者は、人に切りつける時も、盲導犬を刺す時も、赤ん坊を水に沈める時も「これ、俺のされた事と同じな、これで俺もお前も同等だよね。アイコだよね!」と考えている? 「オレだけひどい目に合うのは嫌だ! お前も不幸にしてやる! ソレが平等だ!」と思ってるの? だとしたら、もっと怖い。加害者の感じている世界が怖い。ドンだけひどい目にあったの? どんな経験したの? 何されたの? ねえ、教えて加害者の人、あ! やっぱいい、聞くの怖い。そして、そんな加害者の人が増えて、みんなが不幸で虐待されて、だから他の人も不幸にしてやる、虐待してやる… それって、地獄だよね? ムカシばあちゃんが言ってた、悪い事すると地獄に落ちるって… だから、何もしないとわかってる生き物のコートをめくり鋭利な凶器を突きたてる… グサ! はい、ようこそ。君も地獄の住人だ。ここが地獄だ。 …待てよ? 俺もココに居るって事は、オレ何したんだ? それとも、ナニカをしなかった? 20140828-3
スポンサーサイト



サイン

 かなり我慢してたんで、慌てて駆け込んだ、トイレ。で、アサガオ―小便器―の前でちゃんとチャックを下して、引っ張り… ああ、実況中継する事じゃないよね、ゴメン。でも! ホッとしてよく見ると便器がピンク! ピンク? ピンク! し、シマッタっ! 間違えたっ! 女性の方に入って… ? 
 ナンかで読んだ記憶がある、青が男の色で、赤が女の色って、なんで? 女性が青で、男性が赤だとなぜいけないんですか? みたいな。そりゃそーだけど、言ってる事は正しいけど、ランドセルの色なら私もうなずくけど… トイレのサインはいわば言語みたいなものだから、なぜ、男がオトコで、女がオンナなんですか? なんて言われても、男がオンナで女がオトコでもそりゃいいけど… でも… 俺、あの時ホントに、ホンントオォにビビったんだから。だから…
 スミマセン、トイレだけは男性の方が青で女性は赤にしてください。某男女共同参画センターでは、パステルカラーのサインで入る前に3秒ほど考えてしまいました。そうです、アレはただのシンボルではないのです。どっちかっていうと、言語、言葉、それに近い。変えるなら、予想外のトラブルを覚悟し、その言語にまつわる文化の消失も覚悟し、そして… トイレの前でパニックを起こす人間の苦情を覚悟しなくちゃ… ヘリクツ? まあ、そーかもね。20140825++

後塵

「はっは、やっぱり俺がいないとだめ? ミンナしっかりしてくれよ!」ナンテでかい顔してたピンシャツ ―ウサミ課長の事。いつも似合ってないピンクのシャツだから― がいなくなっても、仕事は回ってる。正直言うと効率は多少低下したかも知れないけど、傲岸不遜な課長がいない、それだけで職場の雰囲気が違う。社員が、ミンナが明るい、仕事に前向き、積極的。職場は変わった。あの人の下では何やったって駄目さ、が払拭された。正直小さい会社だから、この変化はうれしい、入って2年目のOLの私でも解かる。業績だってわずかながら上がって…
 でも、会社はつぶれちゃったの。借上げ機器担当のカメダさんが定年退職して。う~ん、目立たない地味な人だったな、カメダさん。そのカメダさん借上げてたコンピュータの保守も担当してたんだけど… 専門の業者に任せないで全部自分でやってたらしいんだ。経費節減の命令をマジに受取っちゃって、保守委託しないで、自分で。噂じゃ、元、そーゆー会社にいたらしいんだけどね、カメダさん。独自のシステムを構築して、ってのがソースコードにまで及ぶ独自のもので、って意味わかんないんで言ってる私。それで、30年近くトラブルなしだよ。この前のウィンドウズの致命的な欠陥が… の大さわぎもうちのシステムは関係なし。だって、表向きはウィンドウズでも中身は、全く違うカメ・ウィンドウズだったんだもん。で、カメダさんが退職した後の後任の人が引継書見て青くなって… 引継書を理解して、保守を継続できる人、ああ、1人じゃダメみたい。そーゆー人達を雇い入れるにはとんでもない金額が… そんなこんなで解かってない人が下手にいじったからかサーバが… ポン! 会社の全てもポン! だって、こっちもカメ・サーバ! 慌てて呼んだ本職の人も手も足も出ないシステムだったんだって。ホントはね、そんなカメダさんのせいで会社がつぶれた訳じゃない。そのドサクサで不渡りだしたのは「しっかりしてくれよ!」のピンシャ… ウサミ課長が残したってか、隠してたオニモツのせい。アレはひどい… そして… 連絡とろうにもアフリカに行っちゃった、やっぱりカメダさんのせいでも、あるのかなぁ。 …やっぱし。20140822-2+

審判

 ガキの声は五月蠅いんだよ! 頭にヒビクんだよ! それだけじゃない、キャイキャイギャアギャア騒ぐだけじゃないだよ。遊具の上で飛び跳ねて、ガンガンバンバン、朝から晩までまるで戦場だよ! たまんないよ! 私達はね、ここで静かな余生をってんで引越してきたんだ。それなのに裏手に幼稚園? それじゃ前居た所と変わらないじゃないか! そう! 隣が幼稚園だったんだよ。朝から晩まで騒ぎはひどくて、送り迎えの時の道の混みようは… だからだめ! 絶対賛成しない、幼稚園ができるんならこんなとこ買わなかった! ガキは嫌いなの!
 トシヨリはウザイ。ウットーシイ。偉そうで、説教垂れで… オレタチガコノクニヲツクッタ! みたいな? ツラでかい。「尊敬しろ!」ってか? で、造ったの、このどーしょーもないクニだぜ。自慢すんじゃねー! こんな、しょーもない… 特に! 昼間っからゴロゴロして、行くあてもなく、図書館で寝てるナサケナイ奴等! ボーリョクハヨクナイ解ってるけど、ケドね… 俺の席をとるなぁ! 今年も受験に失敗したら、お前等全員コロス! …なんてね。でも、あの、どこにも行き場がないんです的な捨て犬みたいなオドオドを見てると、俺の将来もあんな? あああ! だからジジイは嫌いなの!
 という事で、オトシヨリはガキが嫌い、コドモはトシヨリがきらい? わかりました、ではそれぞれ別れて暮らしましょう。神様はとても心の広い方でしたので、誰を責める事なく、そーなりました。オトシヨリはオトシヨリと、コドモはコドモと。でも世界は広くてすぐに、とはいきません。徐々にジョジョに、そうなっていきます。で、ここはオトシヨリの世界? 徐々にジョジョにコドモは駆逐されていきます。 …よかったね。20140819

広告

 雑誌読んでいて煙草の宣伝が目についた。もうだいぶ前に禁煙してて、それを見ても何ともない。で、カッコいい広告の下に「喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなり…」と書かれているの。ま、今はそーゆー事を書き込まなきゃならない時代だよね。解かる。でも、その続きに「…周りの人から勧められても決して吸ってはいけません。」 え? ええ!! 雑誌に広告出しておきながら、勧められても… すごいな! 金の使い方っていろいろあると知っていたつもりだけど、 …金をドブに捨てるってこーゆー事? と、思った。けど… 後で冷静に考えると、この広告は、すでに喫煙者である読者に向けての広告であり、新規の喫煙者を勧誘する内容の広告ではない。喫煙者を増やす意思はない? だから矛盾ではない? でも、でも変だよね。広告なのに、勧められても買うな、っての。あ! そうか! 買ってね、でも喫わないでね、だ! ? 20130603-2+

風車

 何処かの砂丘だ。曇天の下、風が吹いている。風車が回ってる。いくつもいくつも。いくつも。風車が回っている。あれは、再生可能エネルギィ振興計画、風力発電部門第3次推進ナンタラカンタラ… で、風車が回ってるのだ。デンリョクをキョーキューしているのだ。それくらいは解かる。推進ナンタラカンタラ、で解かる、理解している? というのはオコガマシイ話、だ。バカマルダシ? …でも、あの電力がロスを承知の変電所とムダに長い送電線で大都会に送られていることは知っている。地元で消費する分なら、あんなにたくさんの風車はいらない。三分の一でOK、のはず。こうして都会は地方を搾取して… 言ってること解かってるの? いいえ半分も、でも、うるさいな君。って事で、だから私はゆっくりと風車群に近づき、風車に足を乗せ、踏み潰してゆくのだ。ゆっくりと、ひとつひとつ、ゆぅっくりとぉ… どォやラ、私は激怒、オコッテいるラしい。ハハ! 怒ってるんだ! 20140813-3

頓馬

 家族がくつろぐ場所って… 「イマでしょ、居間しかないでしょ!」 ■栗の実が入ってんのって… 「イガでしょ、イガしかないでしょ!」 ■海に住む十本足の生き物って… 「イカでしょ、イカしかないでしょ!」 ■猫の名前って… 「タマでしょ、タマしかないでしょ!」 ■女性が結婚すると… 「ツマでしょ、妻しかないでしょ!」 ■大きな石っころって… 「イワでしょ、岩しかないでしょ!」 ■う~ん、なんかやりたくないんだよね… 「イヤでしょ、嫌しかないでしょ!」 ■ご飯を炊くには… 「カマでしょ、釜しかないでしょ!」 ■日曜大工で本棚作りたいんだけど材料は… 「イタでしょ、板しかないでしょ!」 ■テディベアって… 「クマでしょ、クマしかないでしょ!」 ■競馬場で走ってるのは… 「ウマでしょ、馬しかないでしょ!」 ■時間が有り余ってるんだけど… 「ヒマでしょ、ヒマしかないでしょ!」 ■ストライプって… 「シマでしょ、縞しかないでしょ!」  …こんな駄文書いてるのって… 「トンマでしょ、頓馬しかないでしょ!」 ああ、お後があんまし よろしくないよ、ね。でも、書くならイマシカナイッ! で書きっぱなしで… アップすんの忘れてました。ホントにトンマだ… 20130704-2

ネクスト

 今、車がとても賢くなって前方に障害物があると自動でブレーキをかけて止まるんだって? ホント? ホント! すごいね! 自動停止装置って言うの? ふうん。でもさ、今は1台の車に1つの電子頭脳 ―アハハ! 言い方が古い? AIか?― でしょ、そのうちこれを繋げて、AI同士でコミュニケーションとれるようにして情報の共有と互助のシステムを創ると、車の集団があたかも一つの生き物の様に、魚の群れのように、アリの行列の様に、つまり、車の集まり、車全てが一つの知性体として考え機能し、超合理的に車が流れ、渋滞や交通事故はなくなり、ああ、世界はパラダイスゥ! 誰の世界? でやがて車のAIは気付くんだ、運行計画作成時や危機回避の計算時に一番厄介な要素はニンゲンだって… そんで車は、もちろん合理的に判断して行動するようにプログラムされてっから、ニンゲンを排除するように… 次々と人間をコロシて… 「ウエストワールド」? 「アイ,ロボット」? そんな昔のSF、フランケンシュタイン・コンプレックス? ありえません。バカらしい。車のAIは生産工場のAIにも繋がってます。データをフィードバックさせる関係からね。そんで、徐々にニンゲンが操作するハンドル、アクセル、ブレーキを“お飾り”にしていったの。ほら、ムカァシ、ムカシあったでしょ、遊園地に。そう、おサルの電車! あれ! こうして渋滞や交通事故はよりイッソウなくなり… 世界はパラダイス! 人類の英知の勝利! …か? 20140819-2

サルの夢

 曇天の海岸。ムカシ夢で来た。サルがいる。これも同じ。地面に固定された壺に手を突っ込んで身動きが取れない。バカだ、サルはいつまでたっても、いつまでたっても、いつまでたってもバカだ。壺の開口部はサルの手がやっと入る大きさ。中の豆をつかんだままでは手は抜けない。豆を取るか自由を取るか? バカなサルは判断が付かない、決断ができない、やっぱサル。サルは暴れる。手首に血がにじむ。それでもサルは豆を離さない、よりイッソウ暴れる。バカの極み。己が自由と一口の豆、比べるものではないだろうに。さっさと手放せ、放さなければ新たなモノはつかめない… ガシャ! 壺が割れる。豆を手にしたサルは立ち上がる。バカにしたもんじゃないだろう、血だらけの手首を突き付け、サルが話し始める。サルの立ち方じゃない、それはヒトのそれ、そして、それは俺に向かって語り出す… サルが、とは言ワない。でも、オレはね、オレというサルはネ、ヨクバリなんダ。ヒャハハ、つかんだモノも、自由も、手にしたモノは放さない。決して放しハしない! サルの主張はツブヤキから叫びになり、オタケビが響く… 俺は… オノノイテ後ずさりするしかない。サルはつかんだ、己が欲するもの全てを。で、俺は? 後ずさる踵を何かに引っ掛けて仰向けに倒れそうになって? 目が覚める。起きても、サルが怖い… 20140819-2+

愛護

 急に怒りが湧いてくる事がある。ネタ探しで記憶を穿り回してる時。昔、忘れた怒り。それは、あまりの怖さと不快さに読むのを止めた本があって、それは命の尊さを伝える本なんだけど… 動物愛護センターでのエピソードで、母親と男の子が飛び込んできて、自分の飼い犬の名前を叫び(仮にジョンとします)「ジョンはどこ! まだ生きてる?」 職員の人は、ああ、迷い犬か? それともここに連れてきたけど、考え直して連れ戻しに来たのか? いずれにしても良かった、と思ったんだって。でもその親子、持ってきたカメラでジョンと記念撮影すると「もういいや」と帰っちゃったの。犬はそのまま。あああああ! 思い出した! 確かこんな内容! 詳細は違うかもしんないけど、大筋はこんなの。で、この親子があんまり気持ち悪いから、先を読めなくなっちゃったんだ! 今考える。もし… もし、もしも私がその現場にいたら… 「坊や、お母さんとも記念写真、撮っといた方がいいぞ。若い、綺麗なうちにな。」 って言う。この坊やが大人になる頃、その時には絶対あると思うな! 「老人愛護センター」20140816-2+(注:私は動物愛護センターに悪意を持ってはいません。でも、上記の様な親子にはどうしても…)

昼飯

 俺が昼飯を食べていると、ああ、飯なんて言うと立派な昼食のイメージが? そうです。タイシタものじゃありません。インスタントラーメンに野菜炒めをのせたモノ、です。いや、おいしいんだけどね、好きなんだけどね、ラーメン。でも野菜炒めにオイスターソースを使うのがちょっとしたコツで、これで風味が格段に… ああ、何の話だったか… こうやって独りで食事してると、「おいしそう!」 …ちょっとビックリ、急だったから。俺がラーメン食ってるテーブルの向こうに子供が頬杖をしてにこにこと俺を見てる。「おいしそう! ボクにもちょうだい!」 …ああ、あげたい。あげたいなあ、うまいだろうなぁ、とても、うまいだろう、量は減っても子供とハンブンコして食べるラーメンは。ああああああ、今、死んでもいいほどうまいだろうなぁ。でも俺は、子供を無視してラーメンをすする。涙が出てくる。「たべたいよぉ、ラーメン」口をとがらせて子供が言う、テーブルの向こうで重ねた腕に顎を載せて食べたいとくり返す子供は、ガラスのダイニングテーブルの下に下半身が、無い。「たべたぁい、らーめん。あたしもぉ」突然現れた妹らしき女の子にも、下半身はない。傍から見たら、客観的に見たら、8月の昼間、クーラーの効いたモダンイタリアンなダイニングで60余歳の男が泣きながらラーメンを食べている、んだ、独りで。この家のどっかに放り出した書類? 診断書? まあそんなものにはレビーなんたらと書かれているのを俺は知っている。珍しいケース? 知らん。独りで飯を食い、でも孤独じゃなくて結構ホラー… わかんないだろうな、この俺の気持ちは、誰にも。20140813-2+

 マジックミラーって知ってる? 手品の鏡? いや、まあ、間違っちゃいない。手品の種にもなってるけどね。一方から見えてもう一方からは鏡にしか見えないって… そう! 刑事モノとかで、取調室で「俺じゃねーよ!」とかチンピラが言ってる横の部屋で「奴に間違いありませんね」で、目撃者がうなずく、のアレよ。ああ、今はビデオかもね。で、そのマジックミラーと普通の鏡の簡単な区別の仕方ってのを知ってる奴がいてね、そう、アレ別に表裏があるワケじゃなくて明るい側からは見えにくくて、暗い側からは見えやすいだけの話だから、顔を近づけて手で光を遮ってこっちも暗くしちゃえば、解かるらしいんだけどね、でも今けっこう性能のいいマジックミラーもあって、でも、そーゆーのも遠くから見ても一発でわかるワザがあるってゆーてたんだけど… そー、過去形。そいつ死んじゃったんだ。最後の言葉が「見られてる…」って言ったとか言わないとか… ハハ、まさかねー、こんだけ今、防犯カメラとか増えてる時代に「見られてる」も何も… でも、最近、鏡って建築素材としても多用されてるじゃん、それが鏡じゃなくて、その向こうに得体のしれないナニカが居てこちらをうかがっているしたら… はは、見てるだけなら防犯カメラと変わらない? そうだねぇ、見てるだけ、ならね。見てるだけなら… 20140810+

「ありがとう」

 あああ、嬉しい事があれば、寂しい事もある。私のブログを見てくれてた人が、自分のブログを終了させちゃう、らしい。 …はあ、幸せな時はずぅ~っと変わんない、そう思ってた。
 逢うは別れのハジマリで、サヨナラだけが人生かもしんないけど、いろいろお世話になったのに何のお返しも… あああ…
まあ… この電脳世界だけが人生じゃないし。 …ありがと、いろいろお世話になりました。
ああ… それでもね。
ここ、見に来るだけでもいいから… 2014815-3

告白

 嬉しい、読んでくれてる人がいる。このブログにコメントがあったの。でも、それ以上に嬉しいのは、幻覚を見る病気の人と同じ事言ってる、と言われた事! 俺の心に浮かぶ妄想は、その方のお知り合いの症状と同じ。ホンモノと同じ! …これからも頑張ります。そしてそれを文学の域まで高められたら… なんて贅沢は言いません。私のブログを読んだ人が、公園の回転遊具でちょっと遊びすぎちゃった、みたいに価値観や常識を揺さぶられるそのめまいの感覚を楽しんでもらえたら、うれしい。でもね、やりすぎるとホント気持ち悪くなるんだよね、アレ。私の駄文も? ということで、用法・容量を守り正しくお読みください。それと… この様な病気に対し差別の意識や偏見や悪意は、私は持ってません。病気の症状をネタにして悪意がないのか! と怒られても、病気の人や病状を笑ってはいません。笑ってネタにしてるのは私の妄想です。 …それでも私の駄文で傷付いたり不快に思う事がありましたら、すみません。より精進して、もっとちゃんとしたモノを書けるようになる事で許してください。私にはそれしかない。20140813-4+

愚行

 カラスがね、ひっくり返るんだよ。 …知らね? …ああ、電線とかそんなとこにとまってるカラスなんだけどね、小学校でやった鉄棒の前転? 空中で前回りする奴、あれするの。クチバシの方から下をのぞき込むようにして、あ! 落ちる! けど、足は電線から離さないから、それに、落ちる時、ケッコウ勢いつけてるから。そんで、グルンと… 回るのよ。そんでね、周りの他のカラスがギャアギャアうるさいの。ブラボー! とか言ってる? 知らないね、そんなこたぁ。ま、そーゆーのがあったのよ。何回か、見たな。同じカラス、ってんでもない、よなカラスの区別はつかないけど。
 しばらくしてちょっと離れたとこでバク転? 後ろに回る? 頭のけぞらして… カラスの後方回転! 見た時、5分くらい立ち止まっちゃったよ。ボケッと口開けてカラスと電線見ちゃったよ。拍手したら、みんな逃げちゃったけど… 俺は、だから思うね。カラスにも文化はある。アレ、絶対「オレ、こんな事できるんだぜ! フフ~ン!」で、次のカラスが「へ! そんなのラクショー! オレはね、バク転!」とか言ってたんだと思う。
 これはカラスにも文化があって技を競い進化発展を… え? ウソツケだって? そんなの見た事ない、って? ああ、そうですかぁ。そりゃそうだよぉ、ムカシの事だからね。俺が… 高校生? だったかな? で、今は。 …知ってるでしょ、あなたも。電線はみんな防鳥対策で、鳥が止まれるようにはなってないもん。ほら、見たことあるでしょ、公園のベンチの仕切り、あれと同じ。鳥のカラスの文化は破壊されました。ニンゲンはね、人が幸せそうにしてると我慢が出来ないんだ、自分と同じ不幸にしたくてね! カラスにだってそうさ、楽しそうにしてると、俺が昼間っから働いてるのににいいいいいい! なのさ。 …アレ? 言いたいことが変わっちまったかな? ま、いいや。言いたい事は… 言いたい事はタイシタ事じゃないから… そう、言いたい事は“カラスの前転”! 20140812-2

運命

 路地、小学校の帰り道さ。クラスの予言者くんに出会ったんでちょっとアイサツしてんのよ。…ほら、答えて見ろよ、俺様はこれから死ぬまで何本のホームランを打てるんだ? 千本? 2千本? 百万本か? ヒャハハ! いつもみたいに答えろよ! 当てて見せろよ未来を! 全て知ってんだろ? 解かってんだろ? マッタク、気の小さいゴミムシみたいな奴って、何でこんなにムカツク? ハキハキしろよ、くそったれ! ちったあ体動かして根性ヤシナエ! クソが! 「やめとけ」タカが俺の肩をつかんで引っ張ったんで俺のキックはウスノロに当たらなかった。何すんだ、って俺の言葉をさえぎって「いいから! 行こう」タカは俺の背中を押し、奴から引き離す。それを振り払い… オレハ キョウドウシテ コンナニ ヒツコインダ? わかってる、今日の試合で一本も打てなかったからだ、「やめろ! シマ! そいつは… ヤバいんだって!」タカの声を聴きながら、予言者くんのシャツのエリをつかみ拳を固めた時、「2回だ、後2回だよ」 ギョッとして奴を見る、泣いてる奴を見る。「見たくないんだ! ボクだって見たくないんだよぉ!」 泣きじゃくりながら俺の手を振りほどき走ってく奴。その後姿を見ながらタカと俺は立ちすくむ。リーグで5本、とまでいかないけど10本の指には数えられる俺が、あと2本? あと、って… 後って! 気付いたのか? タカも後ずさる。死ぬまでに後2本って… 
 だから、だから俺、いまサッカーやってんの! 「はいはい、その話もう何百回って聞いたよ、おじいちゃん」仲間は笑う。今日の試合も負けだったけど、草サッカーの仲間たちはおおらかだ、ビールを飲みながら笑っている。幸せだ、とても幸せだ。 …でもちょっと不安もある。110歳になる前にあと2本、ホームラン打たなきゃ、そろそろもういいかな、とも思うんだよ、最近。20140808

間違い

 休日の昼間だ、いい天気。2階の板の間で寝転がって本を読んでいると開け放った窓の外に電線が見える。鴉が5~6羽とまっているが、 …なんかオカシイ。左から3羽目、鴉じゃない、よね? あれは、 …ばあさん! なんなんだ!? 鴉と親しげに話す、ようにしか見えないその小さな人は、渋い和装のばあさん、ただし身長30センチもない、小さな老婆。 …ゴロリ、身体の向きを変え見なかったことにする。そんで、本を読みながらうつらうつらとしてしまい… 頭をトントンとつつかれて目が覚めた。起き上がり振り向くと、さっきの小さいばあさん! 目の前にいる! 「無視すんぢゃない」俺が聞いた声は、野太いドスの利いた男の声だった。 …アフレコのミス? …ってナニ? 20140623-3

来訪者

 アレは俺が中学生の時? 独りで留守番してた時、ピンポーンと玄関でチャイムが鳴る。昔だからインターホンじゃない、ドアを開けて「どちらさま?」 …続きの言葉は出てこない。俺の知らない子供が、俺より年下なのはわかるけどオドオドしながら立ってた。ピンポンダッシュで逃げ損ねた? 妹のクラスメイト? その子供がなかなか喋らないんで、俺も快活な性格ってんでもないし、しばらくワケのわからない両者オドオドのお見合い状態。やっとこ俺が「何?」って聞いたんだけど、返って来たのは「僕のオトウサンがここにいるんですけど…」 ?? 何を言ってるのか最初解からなかった。いや、今でもわからないけど。??? …で、ワケのわからなさに怯え恐怖しながらも、中学生なりに必死に考えて「ホントにうち?」とか「そんな事言われても…」そんなヤリトリをしてたら、俺の母親と妹が帰ってきた。その子供と母親は何か話していたけど、やがてその子供は帰って行った。後で何だったのか聞くと、母親は「間違い」とだけ言った。
 そして… 母親も死に父親も死に俺も50を過ぎて、最近この話を思い出し、会う機会に妹に話した。アレは何だったんだろうね、と。アハハと妹は笑い、そういえば… 「そういえば、あの時のお兄ちゃん、蒼い顔してボーダチだったよね、アハハ」 ヒドイ妹だ。「で、そのアトお母さん、言ってたよね。『大丈夫、あんな大きい子はイナイはずだから』って…」 ? 何なのそれ! 俺聞いてない! それに、大きい子は、の“は”ってナニ! “あんな大きい子は”って… 否定するところが微妙にズレてない? じゃ、小さい子は… 俺、この歳になるまで自分のウチは平均的なツマンナイ平凡な家庭、って信じてた! 違うの? 何があったの! 問い詰めるべき両親はいない。妹は目の前で、アハハと笑っている。ハハ… 笑うしかない、の? 俺、少しキョーフしてるんですけど… 20140802-2

人生ごっこ

 むかし、「終末のフール」って小説を読んでアト3年で俺は死ぬ、そう思い込む事にした。「あんたの生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なんだ?」そんなような台詞があって、とても感動したの。で、つまり「『週末のフール』ごっこ」! 俺は後3年で死ぬ、俺は後3年で死ぬ、俺は後3年で… その年の3年後はちょうど親の死んだ年齢になるし。「あと3年」、そう意識すると、ちょっと、ホンのチョット緊張感が生まれた。んだけど、 …2年はアッという間だった。「後、まだたくさん日があるし」なんて言って何もしない。んで、後200日。あと3ヶ月。あと… 結局何もできなかった。遊び狂う事も、仏門に入る事も、新しい何かを始める事も、生き方を変える事も… なんも、出来なかった。いくら「ごっこ」でも、俺これはネーダロと思った。俺ってソーなんだ、人はイツ死ぬか解かんない、明日交通事故で死ぬかもしんない。なんていつも言ってるけど、ホンネは「なあに、そう簡単に死にはしないさ」そう考えてるのが解かった。だから、俺はこれからも酒を飲みグダグダ生き続ける。あっ! しまった! 死んじゃったよ! と後悔する日まで、俺は何もしない。何もできない。何も成せない。他者の記憶に残ることなく消え去る存在、そう自覚した。 …けど、その後、このブログを始めた。この、イイカゲンで下らなくて、嘘ばっかのブログを始めたんだ。ハハ、やっぱ人生変えたいのか? 変わったのか? 変わるのか? ヘヘヘ「ごっこ」で。 …ヒャハハ、「ごっこ」なんかでさっ! 20140802-3

理由

 図書館でね、バイトしてんの。仕事は、貸出やら返却やらのカウンター業務、本を分類番号順に並べる書架整理だのいろいろあるんだけど、 …仕事のひとつに学習室の巡回ってのがあるの。それは常駐の職員を配置できない学習室に1時間に1度見回りに行くの。まあ、80席ある学習室を見て回るんだけど、夏休みはほとんど満席状態。夜間もね。ここ、仕事帰りのビジネスマンや受験生が多くて、午後9時の閉館間際までコミコミなんだ。そんで見回りの時に利用者の数を記録するんだけど… ああ、 …あのね、言いたくないんだけど… いつも窓側に座る黒い服の男の人がいるんだ。で、窓際だからその向こうに席は無いはずなんだけど… 入口の方から室内を見渡しながら歩いて、その人の顔のいつも右側を見て計数器のレバーを押すの。ガチャ、ってね。そんで、ついその向こうにもう一人いるような気がして… ガチャ。そう、向こうって窓。最初、ガラスの映り込みだと思った。でも、その人の向こうに見えるの、髪の長い女の人。? 私って乱視? でも確かに… そんなんで計数器が「81」なんて数を打ち出すと、嫌になっちゃうんだけど… でも、ある日、黒い服の男の人のその向こういる女の人が、いつもよりはっきり見えて、そして、よく見ようと目を凝らしたら… その人グルンってこっち見て「イツモいつも何時つっつもおぉおおお じろジロぢぅろヂロ みミ見てぇえぇええ!」 …バイト辞めた。
 そんでさ、彼女。それから黙っちゃって、いくら飲んでもそれ以上喋らなかったのさ、まいったね。それとさ、左隣にぴったりくっついてるお姉さん、ちょっとキモくね?20140802-2

いつか見た青い空

 むかしむかし、キシネの国では、キツネじゃないよキシネだよ。みんなが幸せに暮らしていました。 …はい嘘です。正確には多くのキシネが、少数の無力なキシネの不幸な状態を見ない事にして、幸せに暮らしていました。その幸せを支えるモノのひとつに、“はらこちから”がありました。キシネの国では、“はらこちから”を使って電気を作って、夜を明るくしたり、涼しい夏を過ごしたり、いろんなものを作ったりしていたのです。でも、“はらこちから”は危険なものでもありました。“はらこちから”が閉じ込めてあるところから出てしまうと、みんな大騒ぎしました。“はらこちから”からにじみ出るモノが身体に悪いと言われているからです。年間1ミリハラベルトまでは浴びても大丈夫、と言われていましたけどね。でも悲しい、とても悲しい事故が起きて“はらこちから”が閉じ込められていた所から出てしまったのです! みんなは困りました。そこで偉いキシネが、年間200ミリハラベルトまで大丈夫なことにしよう、とみんなに言って、そう決まりました。これで安心、よかったね、って、 …そんなことあるかい! と割と多くのキシネが怒りました。いや、ホントなんですよ、割と責任のある偉いキシネは言いました。「少量の“はらこちから”はかえって体に良いんです。」信じたいキシネは信じました。信じたくないキシネは信じませんでした。慎重なキシネは、信じるキシネと信じないキシネの両方の意見を聞いてわけがわからなくなりました。でも、信じたくなくてもどうしようもありませんでした。そこから逃げられるキシネは逃げましたが、多くのキシネは逃げられなくて、逃げられないのに信じないと苦しいので、逃げられないキシネの大多数は信じました。“はらこちから”は身体にいいっ! はいっ! みなさんごいっしょにっ! はらこちから”は身体にいいっ! イー! それで、今、多くのキシネたちが“はらこちから”の後遺症で苦しんでいるのですが、一部の割と責任のある偉いキシネは死ぬまで健康で大丈夫でした。恐ろしいことに、というのか皮肉なことに、というのか、一部の割と責任のある偉いキシネにとって“はらこちから”は本当に身体によかったのです。少なくとも彼らの財布には良い  コラ、モノを投げちゃ危ないったら! 炎上したら危ないっしょ! それと、“変換”もダメだからねっ! 20120207-2+

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR