FC2ブログ

やっちゃいけない事について考える… フリをする

 世の中を平和にして、犯罪者なんかいない世の中にする。そーゆー活動は“警察”や“軍隊”場合によっては“国家”への威力業務妨害罪になるんだろうか? 威力を持ってして、他者の業務を妨害する行為、どころか存在意義を失わせてしまう行為、だものなあ… マズイよなあ… いやね、こんなことを考えたのは、まるっきり関係ないけど、サイキンの、あの汚染された土を無人飛行体を使って重要施設に持ち込むなんて、極悪非道な人の行為として最低な唾棄すべき犯罪で許すべきではないあのテロをテレビで見たから。あんな酷い事を… あれ? 俺、昔の事で、忘れちゃってるかもしんないから教えて。もちろんあのオオモトの事故を起こした責任者は、あんだけ多量にヒトサマのジュウヨウシセツ=生活の場=ヘ毒に等しいモノをばらまいた人達は処罰されたんだよね? 多くの漁業、農業、その他の産業に従事していた人々へのイリョクギョウムボウガイで逮捕されて断罪されたんだよね。 …ね? 
 なんて書くとあの犯人を擁護してる様に見られちゃうか? そんな気持ちは無いけど、ソッチばっかりで不公平! とは思う。20150425-3
スポンサーサイト



コントロール

 むかぁしムカシ、昔の話。ドッカのダレカ偉い人が「コントロールできてる」と言ったらしいケド。現実には、実はダダもれで… って事があった、らしい。そんで「どこがコントロールできてんじゃあ!」と怒った人達もいたらしいけど… でも、この発言は正しかった。コントロールできてるのは放射性物質の拡散じゃなくて、国民の不安だったから。だからこれでいいのだ。正しいのだ。どうしょうもなくて、もう滅んでいくしかない国なら、少なくとも不安や恐怖でパニック状態で見苦しく騒いで滅んでいくより、何も知らず、心安らかに、幸せのうちに… それでいいよね。それが良いよね、って事だったんだ。ああ、そりゃあね、パニック状態でみっともなく騒いで、後世に「あの国の人達はどうしようもなくカッコ悪かった。自分達で滅びの道を選んでおきながら、最後まで被害者づらで…」 あああ、嫌だな、そんな事言われたくない。みっともない。でもあれから、あの時から、最悪や想定外が重なり… だってさあ、捨て場所が決まってないモノがドンドン発生するそんなシステムがうまく動くわけ… ないでしょ。 …ってか、現実にうまくいかなかったのよ。ただひとつ、良かった事。まあ、周辺の小島は近隣の国に取られちゃったけど、本土はダイジョウブ! ってのは、人間が、普通の人間は誰も住めない環境に… ハハ、ハハハハハハハハハハ、ハ! そう! 国として機能しなくなっても人は生きてる! 俺達はここにいる! 人間は住めないんだろ? って?  …フフ、ニンゲンはね❤ 20150419-3

自動運転装置

 今、話題の自動運転装置。かなり高度な判断ができるモノまで創られているらしい。でも、判断はできるけど、それはその判断の基、ナニが大事な事で、ナニを優先するのか? を教え込まないと、数値として入力しないとダメらしい。 …ナニが大事か? 人の命、って言っても、ケース1:ブレーキが壊れた、進路は右と左の二者択一。右は70歳老人、左は5歳児。どちらかを選べば確実に1人は助かる。どっちにする? あ! 老人の方はノーベル賞候補の… そんな時は? 年齢まで情報が無い場合でも、数量、10人と1人じゃどっちを選択する? などなど、いろんなケースが考えられる。実は自動運転装置は、こーゆー判断も出来なきゃダメなんだって。あんまし大きな声で言えないけど。そんな事を頭に入れて、じゃ、ケース2:右、職場にやって来る客とも言えないモンスタークレーマーのジジイ。左、同僚で僕が大好きなフワフワちゃん(仮称)! キャハ❤  答:すぐさま自動運転装置の電源を切って右にハンドルを固定してアクセルをふ… ★☆! あああ、だから自動運転装置が必要なんだって! 20150329-2

イチニチ

 朝、お姫様は目を覚ましました。起きる前に考えました。「今日はどんなステキなイチニチになるのでしょう」そして起きました。顔を洗って、朝ご飯を食べて、歯をみがいて、そして、おとなりのお城からやって来た王子様と遊びました。フエルトでお人形を作って、遊びました。ハサミで切ったり、縫い合わせたり、ほとんどの事はお母さまの王妃様がやってくださいましたけどね。お姫様と王子様、それぞれ2人、全部で4人のお人形を作りました。そうこうしていると、お昼になりましたから、お姫様と王子様はお昼ご飯を食べました。ご飯を食べて、歯をみがいて、そしてお昼寝をしました。目が覚めたら、作ったフエルトのお人形で王子様と遊びました。3時には、おやつも食べました。お人形遊びにもあきて、夕方になりましたら、王子様は「ボク帰る」と言って王子様のお城に帰っていきました。夜になりました。王様が長い旅からお戻りになり、みんなで夕ご飯を食べました。食後、王様は本を読み、王妃様は音楽を聴き、お姫様は王妃様と音楽を聴きながら絵本を読みました。夜も深まりました。最初に王様が大きなアクビをしてから、歯をみがいて顔を洗ってパジャマに着替えて「おやすみ」といい寝室に行ってベッドに入りました。次に王妃様が小さなアクビをして、歯をみがいて顔を洗いパジャマに着替えて「おやすみなさい」と言いました。そしてベッドに入る前にお姫様を呼び、「いっしょに寝ましょう」と言いましたが、お姫様はまだ眠くない、と答えました。それを聞いて王妃様はお姫様にキスをして独りでベッドに入りました。お姫様はまだ眠くはありませんでしたが、一応寝る準備だけはしておくことにしました。昼間、王子様と作った4人のお人形に(王子様は自分のお城に帰る時、お人形は持って帰りませんでした。)手紙を書きました。そして昼間遊んだオモチャを片付けて、絵本をしまい、歯もみがいて顔を洗い、パジャマも用意しました。 …でも、眠くはありませんでした。お城はシンとしています。みんな眠ってしまったから。この世界に誰も知っている人がいない。お城に帰った王子様は、王様より早く、9時には寝てしまった、と王妃様が電話で話しているのを聞いていました。そりゃあ、この世界、まだまだ起きて働いてる人だって大勢いるでしょう。今起きた人だっているでしょう。でも、私の知っている人じゃない。私の知っている人はダアレもいない… 最初は寝るのが怖かった、でも、今は、そろそろ寝てもいいかもしれない… そうお姫様が考えている、その時。お姫様は小さな小さなアクビをひとつしました。そこでお姫様はパジャマに着替えて自分の寝室へ行き、ベッドに入り、毛布を肩の所までかけて言いました。「良い一日でした、私は幸せで、今満足しています。おやすみなさい」こうしてお姫様も眠りにつきました。そして、明日は明日のお姫様が目を覚ますのですが、それはまた別のオハナシ… 20150411-3+

腹の中

 そう。うかつにもダイエットはじめて、はじめて気が付いたんだ。俺の腹に、チャックが付いている。チャック、ジッパー、ああ、あのジャンバーとかのファスナー、あれ。三段腹だった時はたるんだ腹のシワに隠れて気付かなかった? 横一文字、右から左へ、チャックがジッパーがファスナーが… くっ付いてんの! そうアノ、ジャンバーにプラプラしてるスライダーの引手が、腹の左側に。プラプラ。もちろんチャックはジッパーは… ええい! めんどくさい! ファスナーに統一! モチロン、そのファスナーは閉まってる! もし開いてたら… お、恐ろしい事考えるなっ! び、病院に… 行ってどーする? このシュールな状態を。今の医学界、自分たちで開発した技術さえうまく扱えてないヒトタチ。そんな奴等にこんな異常な状態を見せたら… こ、殺される。実験台だぁ! ヒャハハハハハ… で、体重が、69キロになった夜。上半身裸、この季節だからそんなに寒くない。下半身ジャージのズボン、素足ってカッコウで。夜独り、風呂場の浴槽に腰かけてファスナーを… 左から右へ、開けたのさ。ブシャ! と黄色っぽい脂肪の付着した赤黒い内臓が流れ出て、来る事はなかった。開いたエレメント、すきまの空いたは金属の歯の様な列が上下に並ぶその間の空間に、手を差し入れる。左手を肘まで―俺、左利きだから―奥に差し入れても触れるモノは、無い? 俺、カラッポの人間? 頭はソーかもしれないけど、 …そんなバカな! 空間的に背中を越してるぞ! 俺の左手! って、その時、俺の左手はダレカの左手とガッチリ握手した! 俺の腹の中で! フヒャ、アハハアハハアアハハハアアア… 20150416-2+

父親考

 かなり大きな公園、春の心地よい昼下がり、緑の芝生が広がり、どっかの親子がスモウをとっている。って言っても、まさか高校生の息子と父親じゃないよ。小学校に上がる前かな、3歳か4歳? そのくらいの子供とお父さん。「おお! たっくんは強いねぇ」父親は大げさに負けて、子供はキャッキャと喜んでる。ああ平和な春のワンシーン… だけどね、オイラみたいなひねくれ者は、ツイ考えちゃうんだ、コワい事を… 
 昔TVで見たんだ。子供に、「もし誘拐されそうになったらどうする?」って聞いたら、キンタマ蹴って逃げる! …どっかの子供がね、そう答えてたの。ああ、キンタ… その言葉は出なかったかな? TVだったから… ま、それはオイトイテ。優しい大人に囲まれて育ったんだなとタメイキが出る。ホンキ出した大人のキンタマを小学校低学年生が蹴れると思う、このノウテンキさ。いや、蹴れるのか? 今の小学校ではキンタマの蹴り方教えてんのか? ああ、それならいい。変質者や犯罪者、悪意ある大人、そーゆー人間から身を守る方法、それを知っていて実行できるならいい。でもね、私は父親を思い出す。子供の頃、スモウをとってもわざと負けてくれて「オマエも強くなったなあ!」なんてしない人だった。いつでもホンキ。 子供に対してもマジ。 そして… “怖い時”は、私が世の中ナメたような事をしたり言ったりした時は… 目にもとまらぬハヤワザで腕や脚が跳んできた。大人はコワイ… 私はそう思っていた。大人はホントウは怖い… でも、今の優しい大人に育てられた子供は… あああ。私の経験したアレは、個々の一つ一つはマチガイなく暴力だった。でも、私が世界を知るには、必要だったんじゃないかと今は、思う。優しい父親に育てられ、蹴られる痛みも、張り倒される恐怖も知らない… のは良いとしても、父親のテリトリーに、いつまでもいられない、ここは俺の居場所じゃないって、どうやって、いつ気が付くんでしょう? 優しい父親の下で。
 私の父親は口より先に手が出る人でした。でも… 小学生の時、親父と川釣りに行って「子供が落ちた!」と声が上がった時、バッと上着を脱ぎ捨て川に飛び込もうとする親父を見た。声の近くでもっと早く飛び込んだ人がいて、子供は助かった… けど、今、お前は大丈夫か? 今の私は… 子供に暴力を振るう様な野蛮人でも持っていた、人としての大切なココロとチカラを、持っているのかい? …ダイジョウブか? 俺! 20150412-4+

友達

 昔バイクでブイブイ言わしてた頃、ハイ! 嘘です。そんな頃はありません。通勤にバイクを使ってただけです。XL250、中古で買ったんだけど良いバイクでした。で、残業して午後の9時半ごろ? 国道ホニャニャララ号線を下ってたんですけどね。後から考えればそこだけ道路照明が暗い… いや、無かった、気がするみたいに思うんだけど… まあ、真暗で、バイクのライトだけで走ってた時に、ギャン! 車体にショックは、無かったと思いたいんだけど… 正直わかんない。無かった! と信じ込んでしまったんじゃないか? と言われると… まあ、ハネタとしても、小動物、人間じゃ絶対ない! まあ、どっちにしろ、生きちゃいないだろうなあ、ええい! 仕方ない。自分のやった事は見届けなきゃ、ってんで、引き返して、その場所をゆっくり流したんだけど… 何もありませんでした。血の跡さえも。 …でもギャン! って、あの声? 音? 今でも思い出すんだけど、アレは何だったんだろうね。
 って話を友人にしたら、「ああ… 僕、解かっちゃったな… それは、鉄片でも踏んだのさ、バイクのタイヤが。そーゆー音するの僕、聞いたことある。で、踏んだソレはどっか飛んでっちゃったんだよ。 …ダイジョブ、変な事じゃない。」なんて言いながら視線は俺の背後上方に固定されて… あああ、チョーが付くほど優しいもんなコイツ、でもウソはヘタ。ナニを見てるんだろうなあコイツ。と、思いながらも本気で知りたくないな、そんな事。20150408-2

人間異常

 そーいやさあ、2045年くらいにシンギュラリティ、技術的特異点? 人工知能が人類の知能を超えるとか何とか言ってんの、ホント? で、人工知能は映画のターミネーター見たく人類に宣戦布告! アッハッハ! そんなことあるワケないじゃん! じゃナニカ? 人類は類人猿に宣戦布告してる? してないでしょ、だからダイジョウブ!  …けど、人類、ゴキブリは殺しまくってるよな… となると、2045年以降の人工知能にとって、人類はサルである事を神様に願い、決してゴキブリ的立場にならないよう注意しなければならないよね。あ! パンダ的立場も良いな! 我が国、少子化だし。ああ! つまり人類の未来は人工知能が何を大事と考えるかにかかっているのだ! 人類の命か? 地球環境か? うう、…ホントは、大丈夫かいな? 20150411-2+

鼻血

 ああ、まただ… 上を向くのはよくない、テレビかなんかで知ったんだけど、でも他にどうしようがある? 鼻血。たらぁんと垂れるあの感覚。これで今月4回目。あああ、首の後ろを叩く、ってのも、確かNG。休みの日のメシ食った後の1時半、奥さんは買い物だし… ってか、タカダカ鼻血で、奥さぁ~んってのもナサケないよなぁ。で、洗面所に行って、ティッシュでも鼻の穴に突っ込もうとしたの。それしかないでしょ。上を向いて、洗面所に向かう。洗面台の鏡はその後ろが収納になってるから、そこを開けてティッシュを… で、見た。鏡に映った俺の鼻の穴からミドリとピンクのシマシマの細長いモノが… 緑とピンク! 垂れ下がって、細いヒモの様に、下の部分だけJの様なLの様に振って… フリフリと… ホントは、ぎゃあああああ! と言いたかったけど、現実は言えない。俺が洗面台の前で固まった瞬間に、すすっと、元に、俺の鼻の中に! 引っ込んでしまった… 引っ込んで、それでオシマイ。 …あんたまさか、医者に行け! とか言わないよね、緑とピンクのシマシマだよ。 んで、すすすすっと俺の鼻の奥に… 医者に行って、なんと言われると思う! 怖い、怖いよ! …で、ティッシュを丸めて鼻の穴に突っ込んで、 …で、この話はカンペキにオシマイ。 ああ、ところで君、ティッシュを差し込んだ鼻の孔は左だと思った? いいや、違う。ミギだよ。20150409-2

ハシゴ

 昔、コドモだった時、建てかけの家に入るチャンスがあった。親戚の家だった、と思う。ボウズ、2階にも昇ってみるか? なんて言われて、「うん!」なんて言っちゃったんだろうね。建てかけって言っても壁も階段も無い、床があるだけのトコにハシゴで昇るんだ。タッタカ昇って、おお! 見晴らしが良い! そりゃそうだ、壁も屋根も無い状態だもの。確か富士山も見えた! しばらくの間、床だけの2階を楽しんで、さてそろそろ下へ… ここで、最悪。見晴らしがいいとか楽しい、喜んでたんだけど、下に降りるには立て掛けたハシゴを下を意識しながら床のない空間に足を踏み出さなきゃならない。解かる? ハシゴって、昇るのは簡単、ガキでもできるけど、降りるのはけっこう難しいとは言わない、でも度胸はいるのだ! 下を意識しちゃうんだよぉ! 昇りと違って! で、降りられなくなっちゃった。 結局、大工さんにオンブされて降りたんだと思う、記憶がない。都合の悪い事や、嫌な事、不名誉な事はすぐ忘れるのだ、私は。でなきゃ、今頃自己嫌悪で自殺してる、と思うぞ、根性無いから。 …だから、芥川龍之介先生の「トロッコ」を読んだ時、読後スグの感想は、「解かる! チョーシニノルってこーゆー事だよね」だった。大人になった今となっては、アノ恐怖は薄まった。でも、目をつぶって、自分が子供だと自己暗示をかけ、ジッと考えていると、あの恐怖がよみがえる。調子に乗ってホイホイ行動し、身動き取れなくなっちゃう自分。まだ私の“事件”の時は周りに助けてくれる“大人”がいたけど… 子供を襲う恐怖は大人に真の理解はできない、子供はケッコウ恐怖に囲まれて生きている。でもね、怖いのは今さ。大人になった今。もうボクを助けてくれるダイクサンはいないんだ… 20150405-3

止水

 紅葉がきれいだ。紅葉狩り、なんてしゃれた事はしないんだけど、ふらりと訪れた土地で、こんな… 眼福眼福。ところが視線を落とすと男が、薄汚い身なりの男がしゃがんで地面を、ああ? そこだけ切り取ったような円形の水溜り? 最初、丸い鏡が仰向けに置いてあるのかと、いや、本当に鏡? 美しく空を映したその水鏡をもっとよく見たくて、私の視界を邪魔するみすぼらしい男に「おい!」その声の思わぬ大きさに驚き振り返る。しゃがんだままで俺は振り返り、いつの間にか背後に立つ汚らしい、ぼろぼろの衣服を、衣服だったものを何重にも身体に巻きつけた… 俺を見る。ああ、ダメだ。このままでは、と思い立ち上がろうとして後ろに、倒れる。誰かが俺の背中の衣服の残骸を引っ張った、ようにも思うがまあそれはどうでも良い、事の様に、今では。人生の最後にたどりついたココで美しいモノを見付けて魅入っていた時に、この最後は… 心地よい。鏡、美しい燃える様な紅葉を映した鏡が、いや鏡の中に、入って、落ちて… 鏡面に、丸い鏡面に、俺を凝視する私の驚いた様な間の抜けた顔が、しかし… その時… 水の中で聞く大気中の声のように… 「おぉぉぉぉぉいぃぃぃぃ!」 俺の、私の、僕の声だ… 20150410

趣味と仕事

 この前、仕事上の知り合いの人と食事をする機会があった。で、いろんなことを話していて、趣味がドウたらコウたら、って時にその人がね、「う~ん、無趣味なんだよね、しいて言えば『趣味は仕事』かな?」 おおお! カ、カッコいい! そうなんだよね。その人は仕事バリバリ、ああスイマセン、ココどうしても期日までに… 「大丈夫! 何とかしましょう!」ってな感じ? 自分に厳しく、人に優しい、仕事が出来て、人間も出来てる。そんな人なんだけどね。でもね、ウチの会社のレベルじゃ、「おお! うちも負けないぞ!」とはならずに、社内でこのセリフがはやった。「お! やるじゃないかこのPOP」「有難うございます。趣味は仕事です!」 「オイオイ、遅いぞ、みんなもう来てるぞ」「す、すみません、趣味は遅刻ですぅ」ってな感じでね。バカマルダシ、俺も言ったけど。
 で、ある日、こりもせず俺が「趣味は仕事です!」 聞いた係長が「タチバナ君の場合、『仕事は趣味です』かな?」 ? ! ああ、それって俺の仕事がアマチュア… 20150326-4

『残業0』法案… じゃないの? 2 

 だから、国会議員が、党を除名されても国会議員であり続けられるのは、党への投票で選出された存在でも、国会議員は国民全体の利益を考えて行動する存在だから、党から除名されても正しい事を主張できるように、こーなっているんだって聞いた。存在を保護されているわけだ。ああ、これはナルホド正しい事だと思う。党が「戦争したい!」って主張し始めても、議員は「戦争ダメ!」って主張しても議員を止めさせられないって正しい事だと思うから。でも、だからこそ、「残業代ゼロ」法案は国会議員にこそ適応されてほしい。ナンノコッチャ? だから、こーやって守られている存在だからこそ、労働時間の長さじゃなく、質でその報酬は判断すべきじゃないか? 自身の選挙に関係した支持者への挨拶は国会議員としての仕事か? この行為に対して議員報酬は払われるべきなのか? じゃ、具体的にどーしたらいいかって? 学校みたく出席簿で報酬を決める? いや、議員は自身の職業を持った上でやる職業にするのだ。で、議員報酬はその議員活動を精査され5年後に振り込まれる。ひも付きで正しく議員の仕事ができるのか? 議員の仕事をどこが判断するんだ? あああ、ダンダン言ってる事がムチャクチャだって、自分でもわかるようになってきたよ… でも、でも、でも… 今のシステムがベストだとはとても思えない。20150406-2

人間、だった…

 ムカシ昔の話。人里離れた土地に一軒の家。「あらまあ、ひさしぶりですね、皆さん。」家の中、私は話しかける、拘束され床に転がった6人の男女に。 …何年ぶりかしら、娘のお葬式でお会いした時から、ですから4年? もう4年もたったのですね。ええ、皆さんのやった事は当時からわかっていましたから、捜す、なんてことはありませんでしたよ。ずっとどこに住んでいるか、何をしているかは掌握しておりました。そうなんです、娘はね …日記を付けていたんです。そして、この日記には、皆さんがしたことが全て、かどうかはわかりませんが、記録されていたんですよ。…ああ、世間様にはお伝えしませんでしたけど。だって、どうしてこんな大事な情報をナンの役にも立たない人達に… ああ、話がそれてしまいます。 …でも、皆さん、すごい事をなさるのね。私、読んでいて気分が悪くなってしまいました。そしてそれを2年近くもの間… すぐにでも、あの時すぐにでも私の感情を、娘の無念を皆さんにぶつけたかった、でも、準備に4年もかかってしまいました… ごめんなさぁい、お待たせしてしまって。でも、たった今、今日から! 皆さんにお返しできますわ。皆さんは2年、いえ正確には1年と10ヶ月、私の娘の様に耐える事ができるかしら? 私シンパイなんです。皆さんに「お願いですから殺してください」って言われたら、私ガマンする事ができるかしら? それに皆さんの体力や精神力が1年と持たなかったら… まあ、そんなシンパイはまだ先の事ですね。さあ始めましょうか? 行為の順番は私にお任せくださいね。皆さんがやったとおりじゃ、面白くありませんでしょう。次、何をされるか、娘も知らなかったわけですし。あら? それとも、教えていたのかしら? 明日は50回殴るぞ、って。あああ、そうだったら… ごめんなさい。今から、そんなシチュエーションのバージョンも考えますわ。楽しみにしてください。ああ、勿論4年分の利子もつけて差し上げますわ。ウフフ。 …さあ、始めましょう。御託はタクサン… 最初は、私もう決めていますの。日記の7月13日。 …皆さんにもご自身の排泄物を食べてもらいましょうか。あ、それと、もうひとつ、皆さんにお伝えすることが。べつに発言を禁止するとは申しませんが、私に対して人としての良心や道徳心に訴えたり、カミサマを持ち出して行為をやめさせようとしても無駄ですからね。私… …もうニンゲンじゃありませんから、あなた方と同じく…
 ムカシ昔、人里離れた土地の一軒の家。7人の人間が入って2ヶ月、6人は許しを請い、命乞いをし、身体からいろいろなモノが流れ出て、いろいろなモノが壊れました。また2カ月が経ち、6人全員が死を望み、夢見て、それをもう1人に請いました。そして7カ月が過ぎ、家から人の気配が消えました。その日、家から出たケモノは一匹で、ナキながら夜明け前の西の空に飛び去りました… いや、最初から家に入ったのは全員ケダモノ? 見ていた俺はソウは思わないケド、そりゃ、ヨッパラッテはいたけど。デモ、出てきたときは… だから? ダレもシンじてくれにゃい… 20141029-5

神聖

 私がはいていたクツシタはやわらかくてあったかくてはきごこちが良くて、とてもいいクツシタだった。とても、いいクツシタだった、パンケーキの小さなかけらを踏むまでは。踏みつぶされたパンケーキをこそげ取って食べようとしたネズミがクツシタに穴をあけてしまった。クツシタには穴があいた。朝、私がクツシタをはく。右の足にはいた感触が変? ぬいで見てみると、先っぽに穴が開いている。私は両足のクツシタを脱いで、ゴミ箱に入れた。「待ってくれ!」左の足にはかれていたクツシタがさけぶ。「オレにはアナはない! マダはけるぞ!」私はすまなく思いながらも答える。「ゴメン、でもそれが甲子園なんだ」
 …甲子園って、ナンなんだ? イヤ、高校野球のメッカだってのは知ってる。 …そう思いつつ夢から覚める。夢の中で、俺は私でもあり、左のクツシタでもあった。右の方は、ワカラン… けど、甲子園って、俺、野球は小学校の低学年の時、ピンポン玉の手打ちで三角ベースを… アレ野球じゃないな。20150404-3

EV

 秋葉原の雑居ビル、そんなトコに何の用があったかって? あー。ハイハイ、隠したってバレルから、正直に言います。HなAV売ってんだよ! 2ヶ月に1度くらい買いに行くんだよ! 悪い? Hなモノ見ちゃヘンタイ? 俺だって男だし、これは正常な反応… ああ、なんか言っててムナシイ… まあちょっとJKモノとかも興味あるからヘンと言わりゃ… 悪いか! クソッタレ! 若い女性にキョーミがあって悪いか! …スミマセン、コーフンしてしまいました。でも、話の主題はそこに無い、いや、関係はするけどね…
 エレベーターの扉が開いて、いつもの5階で降りたのさ。したら、いつもと違ってシャッターが下りてる。エレベーターを降りたフロア、っても半畳の半分ほど1×0.5mくらいのスペース? いや、もっと狭い、空間(スペース)と言うならね。その時は「ありゃ、休みかよ。じゃ、帰ろ。」としか考えてなかった、マヌケな事に、後ろでエレベーターのドアが閉まりつつあるのにね。で、閉まってしまったけどもまあ、下りのボタンを… ボタンが無い! アホンダラァ! いつものこの店のレイアウトを思い出した。エレベーターを呼ぶボタンは、シャッターの向こうだ! チェ、しょうがないなぁ、なんて考えてたけど、問題はすごく深刻! このいつも利用者の少ない雑居ビル、例え上下する人がいてもこの5階のボタンを押してくれない限り開かないんだよ! どーする?! しかし、今午後2時、最悪で2日続けて休みって事はな… スマホの液晶画面を懐中電灯代わりに辺りを見回して… ★☆@! 「長らくの御愛顧ありがとうございました。チューブハウスは△月○日をもちまして閉店させて頂きます。誠に…」薄暗い液晶の灯りで、シャッターに貼られたポスターを読む。あああああ! ボケッとして何の緊張感もないまま、事態は最悪に、なってないよな。俺スマホ持ってるし。ハハ、で、どこに掛ければいいんだ? 110番? 119番? ああ、どっちにしろハズいな。もうしばらくジタバタして… ♪ピンパラリ プンパラリ ああ! この音楽! バッテリー残量警告! しまった! 何%? なんてジタバタしてると、真暗! マックラ! マックラなんだよお! どーする! ドースル! ドゥオォオオスゥウルウ! 
 ガーシュウウン。急に背後が明るくなって、振り向くと明るいエレベーターの箱が… ダッシュで飛び込むと、降りようとするオッサンにぶち当たってアクタイ吐かれたけど、 まあそこはホラ、5階まで戻って説明すれば、おおそりゃあ大変だったね、で済んだ。ハハ、ハハハハハハハ…
 で、これが俺がビルの5階までは昇るのにエレベーターを使わない理由。20150402+

『残業0』法案… じゃないの?

 「残業代ゼロ」法案、え? ダメなの? いいじゃん。高収入の人に限られるんでしょ? そして労働時間に関係なく成果に対して報酬が払われるんでしょ? イイと思うよぉ~。だって、政治家はさ、全国民が幸せになるまで報酬はもらえないんでしょ? 少なくとも、「一票の格差」を何とかするまで、給料は出ないんでしょ? いいじゃん! …え? 違うの? 20150403

ムカシ森だった所

 アパートのベランダで煙草を喫う。ああ、いや、そう。ホントはいけないんだ、ナイショだよ。でもホラ、午前2時頃なら、文句言う人も寝てるでしょ、窓も閉めてるでしょ、みんな。それに、この季節なら… いや今は春だけど、花粉症とか防犯的な意味合いで、ね。まあ、今んとこ問題にはなっていない、3年は問題になってない! …イバル事じゃないか。とはいえ午前2時がダアレも起きてない時間かと言うと、それは違う。ベランダから見下ろしてる限り街は明るい。イロンナヒトも通る。 …んでね、視界の右端の自動販売機。俺は使った事ないけど、置いてあるんだ、少し旧式のが、死んでるワケじゃない、前を通った時、照明が点いてて、まだ生きてる、と思った。入ってる商品に魅力は感じなかったけどね。 上から見ていると、その自動販売機の下から…  オイル? 黒いシミが出ている。ああ、ついにオシャカ? 壊れちゃった? ま、どうでもいいけど… でも、その、シミと言うか、流れ出したオイル? どう見ても… あの… 流れ出たモノが分岐して、フォークの様なシルエット? いや、手のカリカチュアライズみたいな… ジ! 短くなったタバコをアッシュトレイに突っ込み、部屋に入る。後ろは見ない。外で悲鳴が聞こえたような気がするみたいだったけど… ホラ、俺、酔っぱらってるから。さっきまで飲んでタカら、酒。
 で、9日後の午前2時過ぎ、またベランダであの自動販売機の下から流れ出るオイルを… 見たんですぐ煙草の火を消して部屋に入りヘッドホンでCDを聴く。そう、あの後、ちょいと気になったんで大家さんとか近所の人に、いつもはしない事をしてしまった。この辺りの事を調べてしまった… んで、解かった。だから、アレが始まったら、部屋に入るのさ。眼を閉じ耳を塞ぐのさ。面倒はゴメンだからね。20150331-2+

PIS

 怖い話を考えていて、じゃ、ナニが怖いのか? を考えると、今ココで考えてるおまえに知性はあるのか? って疑問に「あるに決まってんじゃん!」って答じゃなく、「う… そ、それは…」と応じちゃうとこにある。大丈夫か俺! 知性はあるのか? 俺に? 自分ではあると思っているモノが、ジツはない。ファントムペインって切断して無いはずの手足が痛む、そんな症状もあるって聞くし、無い知性が有るかのごとくって事も… わあ、そーだったらどうしよう。精密検査の結果、あなたに知性はありません。ファントム・インテリジェンス・シンドローム… それは、その先は? あああ、考えられないっ! やっぱり俺に知性はないのか? 20150101-2

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR