FC2ブログ

憑依 あるいは -タマ、シイタケ欲しい-

 道路で車に撥ねられて死んだばかりの犬が恨めしそうに俺を見ながら言う「恨めしい…」あああ、気持ちは解る。でも、俺にどうしろって言うの? どうしようもないがね。「連れていってほしい…」 どこに? 無理だよ、あんた大型犬だよ、そのデカい身体を、「いやいやいや、身体はもういい、魂だけ…」セリフが終わると同時に、動かない身体から、すうっと、あのほら、マンガの? 幽霊みたいに、白い犬の形をしたモノが抜け出てきて、アハハ! ギャグみたいぃ! 下半身、ああ、犬だから後半身? ヒトダマのシッポみたいに先細りの、アレが、スルルルッと… ★☆★ あれ? 「ワオ! 世界は何て、…カラフル、って言うの? すご~い!」俺の頭の中で声がする。ああ! ひょっとしてこれが「憑依」? のりうつり? 「あっあ~ 鼻はバカになっちゃった? なんかヘン」おいおいおいっ! 勝手に入ってきて勝手な事言って…
「そうよっ! 静かになさいっ! ゆっくり昼寝も出来ないわっ!」 ? 誰かもうひとり? ああっ! そー言えば先週、猫が轢かれていたっけ、橋の上で。あの時も? 「あらあ… バレちゃった? でも私基本的に寝てますから、そこのデカい、いえ大きなレトリーバーほど迷惑はかけませんわ」「な、なんという… 今のは、まだこの身体になれなくて… 少しはしゃいでしまっただけ!」あああああ! うるさううるさうっ! いや、うるさいウルサイうるさいっ! 黙れ二匹とも、俺はどっちも許可した覚えは…
「ねえねえ、お母さん、あの標識のとこのピンクのオバサン、独りでオシャベリ」
「しっ! ヒロシちゃん、見ちゃダメ! アッチ行きましょう」
 ああ! 聞こえたぞ! オバサン? おば… ! あああ… そうだ! 俺も先月だ。信号無視の暴走車に撥ねられて、俺が死ぬ前に最後に自分の眼で見たのはピンクのオバサ… 20150406-3
スポンサーサイト



かたわら

 近所の公園で秋の気配を感じていると、正確には公園のベンチに座って、する事ないんでボケ~ッとしてると、子供がキャアキャアうるさい。視線をそちらに向けると、子供達をコーフンさせている存在がいる。古ぼけた黒いマントを着た男。 …男? 性別はわからない。 なぜか? そいつは子供達に「いない いない ばあ」をして回ってるんだけど、両手で覆った顔を「ばあ」で見せる時、みんな違うんだよ、顔が。ある時は老婆、次は青年、次は老人。「ばあ」を見せる子供によって顔が変わるんだ。 …あれ。人外、ニンゲンじゃないな。めんどくさいモノ見ちゃったな、そう思ってると、奴もこっちに気が付いて… 子供相手の遊びを止めて… うお! 俺の座ってるベンチに、こっちに来たよ! で、隣に座って、「コンニチワ」 しゃ、しゃべったよぉ! 
 んで、話を聞くとね。やっぱり“人外のモノ”だったんだ。そして、奴が「いない いない ばあ」で見せる顔は、メインで見せる人の死の間際に、一番近くにいる人の顔なんだって、話してくれた。つまり若い女の人の顔、だったら、「ばあ」をされた人が死ぬ時、一番近くにいる、看取ってくれる人はその若い女性、娘か、息子の嫁か、まあ、看護婦さん、って事なんだね。
 だからお願いした。俺にも「いない いない ばあ」してよ。俺、年寄りだけど、年寄りだから、死ぬ時誰がそばにいるのか知りたい。奴は少し困っていたが、「いない いない…」やってくれた。ああ、人外のモノもヤサシイねぇ…
 「ばあ」 俺が奴の顔として見たのは… 太い毛で覆われた牙を持つ顔… あれは、イノシシ… 「はあ…」 でも、そんなに驚かなかった。ヤッパシ… ね。ってとこ。
 俺、サイゴは富士山麓の樹海にでも入って… そんな事を考えていたから、実は。ああ、ヤッパし、俺行くのか、樹海に、行くんだ。 …しかし、イノシシかぁ… そいつは俺を食べ物、と見て近づくのかな? あああ、それはちょっと、ナンか、う~ん、ヤッパなんかイヤだ… ケド…
 でも、俺の死に際を看取るのがイノシシ… アハハ… ハア、秋の高い空を仰いで、今はまだ、少し笑ってしまった。20151023-4+

症状

 バスルームで、右手の人差し指の根元に出来た吹き出物をナイフで削ぎ取る。かなり大きくなってるんで、痛い、とても。削ぎ取ったモノの中でなにか小さな白いモノがうごめいてるけど、見ない様にしてティッシュで包んで洗面器に捨てる。ジッポライターのオイルを掛け火を点ける。大丈夫、洗面器は金属製だ。小さく小さく「ギョエ~」なんて断末魔の叫びが聞こえた気がするけどこれも気にしない。右手の傷口から出る血は少しムラサキ色だし、手の甲はムラサキと黄色のシマシマになり、指の関節は増えた? ってかウニョウニョと俺の意思に反してウゴメクのよ、油断していると。妻は生前、医者にいったらと言っていたけどね。でも… 俺は右手に少し苦労して手袋をハメながらその時の返事を繰り返す。「怖いじゃないか。癌なんて言われたら」 ああ、そうなのよ、俺左ききだから、大丈夫。日常にさして不便はないのよね。 …それに今、会社も、わが国も、世界もそれどころじゃないくらいタイヘンだし。それに、あ! 時間だ。遅刻しちゃう。それに今日日みんな手袋してるからね、みんな… 20150323-3

固定観念

 軽井沢に行ってきた、車で。時々、年に1回くらい行くんだ。で、高速で下仁田ってトコロを通る。その時なんだけど、「下仁田」って地名の名前が標識や看板で目に入るたびにっ! 「オゥウウ! スティーブ! そ、それは、オレのフランクフルトだぜぇえ!」 下品な声を発する男性のイメージが頭を流れる、いつもいつもいつもいつも! あああ、でも、そう。それはシモネタ… 自分の妄想力に疲れる時って、確かにある。
 あ! 会社の同僚が俺のギャグで寒がるのって… こ、これだったのかぁあああああああああ! …確かに寒い。20151019-3

混乱の塔の下で、あるいはスプーン一杯の不幸せ

 もう私達には無理なんじゃないかな? 時々そう考える。もう、大きなモノ、複雑なモノ、高度なモノを創って、使いこなす、維持管理していくって事が。それはそういった能力が衰えてきた、ってのとは少し違う。ミンナで頑張る、それが出来なくなってるんじゃないかな…
 …つまり、ある巨大プロジェクトが進行しています。そのメンバーの1人が契約社員だったら? 別に契約社員を“悪者”にするつもりはありませんけど、同じ仕事、いやそれ以上に重要な仕事をしていても給料は正社員の半分、「やってらんねぇや!」って気分にもなるでしょう。ってか、私ならなる。
 それとか、現代、日々オーダーは厳しく、コストは下げて、リスクは高く、ノルマは増えて、デッドラインはせまってくる。そしてそんなシワヨセは全て一番弱い立場のアナタにおっかぶされる。いつもいつもいつも、いっつも! イジメがあるのは学校だけじゃない。未来に希望も無く、将来は不安、ストレスはどんどんどんどんドン! と溜まり… そんな状態じゃ、正常な判断が出来なくなっても仕方ないっ! そう思わない? 私は、そう思う… 思ってしまう…
 こうして、ミンナして創ったプロジェクト。みんなで幸せになろうね、の大鍋いっぱいのスープに“ウンコ”が入ってしまうのだ。とても美味しい大鍋いっぱいのスープ、しかし、スプーン一杯の“ウンコ”でも入れば、たちまち、大鍋いっぱいの「ゴミ」だ。もう元には戻らない。
 私達が巨大プロジェクトを推進できない理由は、これだ。今の極限まで行ってしまったシステムは誰かの不幸を原動力としたモノ、もう上手く動かないんだ。効率は悪くとも、時間が掛っても誰も不幸にしない方法で世界を動かしていかないと… たぶん未来は無い、とおもうんだけどどうだろう? 20151020-2+

 3つの黒点があると顔に見える。人間の想像力というのか認識能力というのか、それとも視覚システムの問題なのか、不思議で楽しい。だって[∵]が顔だよ! アハハ、 …と思っていた、最近まで。具体的には3黒点だけじゃない、2つの窓と扉が組み合わさった家の正面、計器盤のスイッチやランプの配置、アース付きコンセント、そんなモノが、顔じゃないモノが顔に見える。それはちょっと前までは面白い事だった。イロイロなトコロに「顔」を見つけて「あ! 顔に見える!」って発見は…
 それが、何時の頃からか、3点だけじゃなくて[‥]も顔に見える。え? あなたも見える? 顔に。じゃ、[…]は? [∴]とか[::]とか[・∵・]とか… そう、いろいろなモノの配置が、顔とは考えられないパーツの組み合わせが、でも顔に認識されてしまう… 木工材を見ていて、木の節が顔に見える、ってこたぁ、眼が5つじゃん! クチ2つじゃん! こっちの顔に見える壁のシミは… ウアアアアアアアァァ! リアルモードに変換したくないっ! そんな症状がダンダン… 
 で、今。別に日常生活に不便はない。人の顔を見るのが怖い、なんて事も無い。対人恐怖も無い。ただ、イロイロな所に顔を探し求める癖が、趣味が、私の顔認識のストライクゾーンを広げてしまったらしい。これも顔、あれも顔、たぶん顔、きっと顔… しかし、私が何をもって「顔」と判断してるかがこれだけムチャクチャという事は… 顔に対する認識がこれほど普通じゃない私は… 私の顔は… ? 20151015-4

藪の中

 夕方、遅い時間の買い物から帰ると、玄関を開けるなり妻が出てきて怒鳴る。「どこに行ってたの! 心配するじゃない! もう11時過ぎて…」あとは泣き出して言葉もない… ああ、そうか、そうだった。私は時々記憶が飛んで、ま、あんまし認めたくないけど、あのホレ、なんだ、ボケ、ってか、認知症。 …それだったんだ、私。心配かけたんだ、ゴメンね、ゴメンね、ゴメンね… こんなんで。で、今何時? ああ、もう日付が変わるよね、こりゃひどい。あああああ…
 と、さんざ謝って、妻を落ち着かせて、寝かせて… 実際は夕食後、明日の朝食用にと近所のパン屋さんに買い物をしに外出しただけだったのに… もう、記憶の保持も、時計の見方も、ここまでひどくなるとは思っていなかったから、あれだけ念を押して出かけたのに… でも仕方ないよね、今度からは一緒にでかける様にすればいいだけの事、手間がかかって面倒になるけど、仕方ないよね。
 あああ、思わず怒鳴ってしまったけど、だって、だって、あの人が心配で、だってあの人は記憶が、私が認知症だと思い込んで… 自分が妻を介護してると思い込んで… 20150126-2++

児瞰

 なぜか車椅子に乗っている。仕事なのか遊びなのかわからないけど旅先で在来線から新幹線の駅までの通路をを進んでいる。辺りは横浜中華街風。でもすごく狭い。はい、そうです。夢です。道のりは遠くて間に合うかなあ、と漠然とした不安。その時声をかけられて、振り向くとすごく背が高い女性が、イメージ的には「デカい」 いや、「デカいっ!」女性なんだけど、なんだけど、同時にすらりとした感じなんだよね。変? まあ、夢だから… そんなステキな女性が押しましょう、そう言ってくれて車椅子を押してくれる。でも俺は「当然」みたいな感じで、感謝するでもアリガトウゴザイマスを言うでもなく、でも、彼女は俺にキガアルのかな? 好きなのかな? 的な妄想を膨らましている。夢の中でもバカだ、俺。でも、車椅子は押してもらってるからかドンドン走るように進んで、あ! でも階段が。
 俺は車椅子を降りて、内心「あれ? 俺、歩けるじゃん!」と思ってその女性と一緒に車椅子を持ち上げ、階段を昇り上の通路でまた車椅子に… 変だ。そーいや、車椅子に座っているとはいえ、前を歩く人がやけにデカく見える。あれ? 1人じゃない皆デカい。ミンナ腰のあたりまでしか見えなくて、そして地面はやけに近い。車椅子を押してくれている女性もやはりデカか… 周りがデカいんじゃない! 俺がガキ、幼児なんだ! 車椅子じゃないっ、これ、ベビーカー!
 で、目が覚めた。ハハ… なんじゃいな? …ああ、じゃ、ひょっとして車椅子のベビーカーを押してくれた女性は、…母親? すごくデカくて俺は腰までしか見えなかった、顔も見えなかったけど、ショートヘアだったのはわかっている。何なんだ? ホント何なんだ! …わかりません。でも… 日常の大人の高い視線に慣れていたからか、幼児の眼で見る世界はとても異様で… 怖かった、それだけは憶えている。20151013+++

犬の事

 ムカシ犬を飼っていて、予防注射か何かで医者に連れてかなくちゃならなくて、で高校生だったんで、自転車の荷台にダンボール箱くくり付けて、犬入れて、走り出した。夕闇せまる田んぼの中の一本道を走ってると急にポン! 両肩をたたかれた。走行中の自転車に乗ってる人間の肩をたたく… ニンゲンじゃねぇ! で、振り向くと、やっぱりニンゲンじゃありませんでした。箱のフタ開けて、犬が前足を俺の肩にかけて… ナゼカ犬って風を切るの好きだよね? 20151010+

争点、もしくはヒカぬ風

 何か変だと思ってたんだ、うすうす。でも、今、わかった。意見の食い違いは前提条件の違いだったんだ。つまり、オヤブンの国の人とそれを支持する人達にとって今現在は「戦時中」なのだ。戦いの最中に戦場に行かない、武器を手に取って戦わないってのは悪だ。戦ってる組織全体の士気に関わる。オクビョウモノの尻込みは、何でオマエだけ安全な所で… そりゃ、怒りを買うよね。でも、その他の人達、戦争反対を叫ぶ人達にとって今現在は「戦前」なのだ。なんとかして、どんな事をしてでも「戦争」を避けなければならない、回避するためにはどんな手を使っても… 
 で、もう、誰だってわかる様に、すでに「戦後」なんてアトカタもないのだ。どこにもカケラもないのだ! ボケッとしてる間に状況はここまで進んでしまったのだ! 大丈夫か? ダイジョウブって何が? チャンチャカスカラチャ、チャンチャン、パフ! 君が後生大事に大事に抱えているモノは何だ! それはすでに死 20151003-3

獣の抗い

 キシネの… キツネじゃないよ、キシネ。の国に会社があった。キシネ達も、基本的に間接民主制で資本主義を採用してるから会社があるのだ。で、その会社は… こっちの世界の会社と同様、行き詰っていました、トホホ。ハッキリ言うと、欠陥商品のリコール問題でウニャウニャ、なのであります。金がないのだ。予想外の支出により資金に余裕がないっ! 社会的信用が落ちた! あああ、どうしよう、ってんで、できる事はカタッパシからした…
 で、改革第1弾。私用車を業務で使うの禁止。出張旅費の計算や取り扱いが面倒だし、事故あった時、補償だの修理費だの出すのが… ウニャウニャウニャ、って事で必ず社用車を使用する事、とした。でも、そうなるといつも慣れた自分の車と違うのでクルマの取扱いが難しくて事故が増えてしまった。ウニャウニャ。
 そんで、改革第2弾! 事故を起こさない様に、自意識を高めてもらう為にも社用車の管理を徹底しようという事で、乗車前と後のボディの傷をチェックして記録するようにした。そんな面倒な事をするんで、テマヒマかかるは記録台帳は管理して報告するさせるのがウニャウニャウニャで… 残業が、時間外労働が、増えた。
 これは困った、残業代なんて出せないよ! だから改革第3弾! 無駄な残業をさせない様に、全社員に残業は何をしてどれだけ時間が係ったかを記録して報告させ… ウニャウニャウニャ、報告書作成のため、残業がもっと増えました…
 うんじゃあ! ってんでもうヤケッパチ改革第4弾! 増えた業務の中に無駄な仕事があるに違いないっ! 無駄な仕事を排除するために全職員に年間業務計画書の提出を義務付け… 
 もう止めてぇ! 経営者が合理的に判断して的確な対策を実施すればするほど業績は悪化して、社員はヤル気を失い、優良社員は見切りをつけて辞表を出し、無能社員は居座り続け、相対的に不良社員が増え、業績は悪化し、社員はヤル気を失い…
 で、今もキシネの会社ではスッタモンダの大騒ぎ。当事者達は地獄だけど、ハタで見ているとこれ程おかしい事はない。アッハッハァ! 愚かなケダモノが見当違いな対策を失敗させて… アッハッハッハ! 笑っちゃ…  ねえ君、ホントに笑える? 20151013+

安息地の減少

 この前の日曜日の午後、いつものように散歩に出かけた。今日みたいな、天気が良くて気持ち良い日って、案外少ないんだよなこの国は。貴重な午後、ってワケだ。で、住宅街をフラフラ、確かこっちの方向に本屋があったはず、なんて考えながら歩いていると、「踏むな!」 驚いて下を見ると舗装路いっぱいにチョークで何やら模様みたいなモノが辺り一面描かれている。声の主は5歳くらいの子供でチョークの模様の中心に立ってこちらを睨んでる。おやまあゴメンね、でもここは道路だよ。と穏やかに言ったのだが、その子は舌打ちして屈み込み、また模様を描き出した。そしてしばらくすると「よし!」と叫んで立ち上がり、何やらゴニュゴニョつぶやき出すと… 急に辺りが暗くなり、ナマグサイというか腐ったタマゴの様な臭いが風に乗って流れ、巨大な黒雲が頭上に現れ、その中から光る二つの… 光が弾け、次の瞬間! …さっきまでの気持ちの良い午後3時にもどった。子供は、さっきの可愛げのない文句言いのガキは、「あああ! 俺の五十余年の成果が…」 なんて訳の解からん事をほざいて頭を抱えているけど、オマエどう見ても5歳くらいだろ。俺は中身を道路に撒いて空になったペットボトルをボディバックに戻し、あのガキが気付く前に立ち去った。何が成されようとしてたのか、アイツが何者なのか、そんなこと知りたくもない。数秒でもあの召喚? の光景を見たら誰だって逃げ出すと思うね。オマケに水掛けて召喚魔方陣の回路を消したのが俺と知られたら… だから話はオシマイ、あの道は2度と通らない。 …でもなあ、少し心配なのは、イロイロあって、だんだん散歩できるコースが減ってるんだよなあ… 困った… 20151010++

告白

 まだ若かった時、自然に本当にアタリマエな感じで、本気でこう思っていた。口説きたい彼女に、何で彼女にキーボードが付いていないんだ? モチロン恋の駆け引きとかが得意じゃないから、自分の気持ちを正直に伝えられないから、ナンだけど、よりによって… しかも俺、システムエンジニアじゃないし。でもきっと、キーボードが付いてれば、彼女にキーボードが付いてさえいればテレパシーの様に俺の愛をダイレクトに伝えられると… そう思っていたんだな。はは、バッカ、だね。
 で、今、昔と同じだ、全然成長していない。キーボードさえあれば、あればこの俺の思いは伝えられると… 今、だからこうして… 20151009-2

朝から怪談

 そいつに初めて出会った時は… 正直、ションベンちびるかと思った。あのB級映画の定番? ゾンビそのままの人間が歩いてんだもん。映画のロケ? ゼンゼン思わなかった。ドッキリとかビックリとか、そんなイタズラ番組とも思わなかった。だって… そんな悪ふざけを仕掛けてくる様なトモダチっていないからね、俺。で、こちらも出勤時間を変えないから、変えられないから今でも午前7時15分、アパートを出て、駅に向かう近道の路地でそいつに会う。ビルの壁面から染み出す様に姿を現す土色の肌のサラリーマン。たぶん管理職、押し出しが良いから。でもゾンビ、明らかに。10メートルほど歩いて別のビルの壁面に消えていく。そーゆー意味じゃ、ゾンビじゃなくて、幽霊だね。いや、個人に憑いてるんじゃないみたいだし、場所に憑いてるから妖怪? まあ、そんなこたぁどーでもいい。ただ毎朝毎朝毎朝マイニチッ! 近道を変えるつもりのない俺も悪いんだけど、7時22分の怪異は続く。思わず言っちゃったよ「屍者の定刻」 なんちて。20151010

降下物の日

 だんだんだんだんだんだん… だんだん身体がヤワになってゆく。踏ん張りがきかない。仕事していても、まあタイガイは事務仕事みたいなもんなんだけど、胸が圧迫さててくるようなイヤな感じの時があって頻繁に深呼吸して、でもイヤな感じは拭えなくて、場合によっちゃあスンマセン午後帰らせてください、つて早退する。帰って横になるのだ、ソファに横になるだけですこし楽になる。自転車で通勤してるんで、当り前だけど帰りも自転車。いつもの広い道は今のフラフラ運転じゃ車が怖いんで住宅街を抜けて帰る。角をヨロヨロとウカツに飛び出なければ安全。安全バンザイ… で、秋晴れの平日の午後早く、住宅街を自転車で走る。ナサケネーナと落ち込みながら。歳かな? 考える、気分悪くてふらつきながら… で、いくつ目かの角を曲がった時に気が付いた。黄色いでっかいタンクがある、ところどころに。丸顔に頭上に丸3つを付けたニッコリ笑ったキャラクターの… 何なんだ? アレ… 広い道に出て信号待ちしてる時に通りかかったジイサンに訊いてみた、ヒマそうだったから、俺もそうだけど… で、「知らないのか! そんな事も…」的な目で見られ、でも説明してくれた。アレは放射性降下物の回収ポッドじゃないか… 今ゴミは分別して出さなきゃならないのは君も知ってるだろうけど、いちばん大事な放射性降下物の分別ポッドを知らないとは… ああ、地区によって回収方法が違うのかもね、君は最近この辺りに引越してきたんだろ、ここはああいうポッドに入れておくと回収されるのさ。ハアそうですか、なんか鼓動が早くなってボウッとしてきた、体調悪そうなのは説明してくれたジイサンにもそう見えたのか、ダイジョウブか君? 別れ際そう言われてしまった。いや、大丈夫、帰れます… そう言ってペダルを漕いだとこまでは、おぼぼえているる… 
 でも家で午前6時に目が覚めて、体調はそれなりにOKで… で、その日少し早めに家を出て、昨日通ったはずの道を自転車で走ったんだけど… あの黄色いポッドは無かった。回収日意外にはシマっておくタイプの大きさじゃなかったんだけどなぁ… 俺は何を見たんだろう? ああ、不思議だ…
 でもね。3ヶ月後? 帰宅してポストに投函されていた地区広報を見たら、ああ、あの黄色いポッドと丸顔のキャラクターがニッコリ笑って… ああ、じゃあアレ、ガイガーカウンターも防災服も、そのうち各戸配布されんのかなあ… 20151004+++

朝の楽しみ

 俺はいつも始業時間の50分前には事務所に言ってその日のダンドリと始業準備をしている。もう… 3年くらいはしてるかな? 別に自慢じゃないよ。ジジイになったんで朝早く起きるようになっただけ。でね、最近同じ部署の女の子が始業40分前に出勤してくるんだよ。おお! 早いね。なんて言っちゃって、時々世間話? 最近読んだ本とか見た映画の話を作業の合間にして、それがケッコウ楽しい。映画の話から俺の持ってるDVDを貸したり、その感想を聞くのもまた楽しいんだ、これが。 …はあ、不倫? ハハ、俺は結婚してるけど子供はいない。でもいるとしたらその娘ぐらいなんだぜ。冗談にもならん。まったく考えた事も無いっ! …って言ったらそりゃウソになるかもしれないけど、もしそれがワルイコトなら「ぶっ殺す!」と発言した、いや考えた人間はみんな殺人未遂で逮捕する? なんて言いたくなっちゃうんだ。…もちろんヘリクツ、これ。
 でも、先日、退社時にその娘が同僚に「チーちゃんて、朝ケッコウ早く来てるよね」って聞かれてた。で、彼女の答えが「うん。タチバナさんがいるから」 「へぇ~!」って反応に「ああ、違う! それは100パーないから!」と答えていたけど…
 俺は悔しい。2つの意味でとても悔しく、激しく自己嫌悪をしている。その①、なんでその時すぐ「ダメだよ… ヤマジさん(前記、チーちゃんの事)。僕には2人の妻と1人の子供がいる、スマナイが、君の期待には…」ってギャグをカウンターで出せなかったかって事。その②、その②は… ホント、チョコットだけど、マジで、 …ガックシきてる俺がいる、って事。男って… いや、俺ってヤッパシ、スケベなんだ。あああ、ソコが悔しいっ! ホント、オチコムなぁ… 20151007-2

2人いた

 残業して自転車で家に帰る。所要時間15分弱。昔のバイクで通勤片道30分と比べるとあああ、天国❤ 残業はダイッキライだけどね、今でも。で、いつもの道、某コンビニの裏の道を走る。大小2本の道に挟まれてあるコンビニなんで、両方の道に面してそれぞれ駐車場がある。裏手の駐車場は店内から漏れる灯り、が無いので屋外灯が照らしている。車が1台止まっていて、その向こうに人が2人いるのか? コンビニの壁に男女2人とおぼしき影が映っている。おお! チッスだ! ジジイはホントウにいやらしい、スケベェだ、エッチだ。 …推敲時にここを何とかもっとスマートな表現に出来ないかと考えたんだけど… ホントにコウ思ったんだから、仕方ない、と思う。見つめ合う様に見える2人のシルエット… けど、0.5秒後? 自転車で、駐車中の車のむこうが見える位置に来て、スケベなおじさん、は肩越しに2人の実物大のホンモノを見ようと… 誰もいない。車の陰、向こうには誰もいなかった。自転車を走らせ、家帰ってシャワー浴びて酒飲みながら飯食って… そしてこれ書いてる。影は見た。確かに。回り込んだ。誰もいない。これも確か。 …変と言えば、見つめ合う2人の影がヤケにハッキリくっきりとコンビニの壁に映っていた… それだけ。俺は何を見たのか?  …ああ! いい。別に教えてくれなくっても、いい! 知りたくない… 20151006-2

俺達はペ天使?

 昔、「♪運が悪けりゃ 死ぬだけさ 死ぬだぁあけぇさー」って歌(「男たちのメロディー」SHOGUN)が好きだった。ハードボイルド、って思ってた。人生、生きたいように生きて、そして最悪の状態になったとしたって、己が死ぬ、それ以上は無いだろ? おお! カッコイー! はぁどぼいるど! と思っていたのさ。ああ。 …でもね、今、現在、この時代。真実はそこに無い。今、俺はこー思う。「失敗しても、運が良ければ、死ぬだけさ」 そーなんだよぉ、運が悪けりゃ、死ねないんだよ! 何時までも生きるんだ! それも、何も出来ない状態で苦痛だけが続く状態で… あああ! これは? これはイッタイ誰が悪いの? 俺自身? 社会? いやいやいや、ひょっとして世界ってそーゆーモノなの? 救いは、 …無い? 今、この時代に救いは、無い… の? それともそれとも… 俺の生き方がヌルいから? ちゃんと生きてれば、ホントにハードボイルドしてれば、運が悪けりゃ死ぬだけ、になれるの? ああ、最近弱ってるな… 俺。20150929-2

The Sun Goes Down

 昔、「ジャパン・アズ・ナンバーワン」って本があった。その時代の我が国の高度経済成長を分析し、独自の経営システムを高く評価した内容だった、らしい。でも、スミマセン読んでません。で、この本が出版された時、一部の人は世界の中心が日本になるんじゃないかと、世界のリーダーの座がアメリカから日本に変わるんじゃないかと心配したらしい、特にアメリカ人が。でも、高学歴の人とか、それなりの社会的地位にいた人は「ハハ、大丈夫。日本はそのうち沈むから」って言ってたんだって。もちろん小松左京先生の「日本沈没」出版前。だから、私はアノ本が出た時、ああヤッパシ本当だったんだぁ! 日本は海の底… と思ってしまった。でも意味が違う、解かる人は日本の衰退を予測していた、って事なんだよね。ああ、つまり、ある人にはこの先の未来が解かってるんだ。予言とか神託じゃなくて、壁にぶつかったボールがどう撥ねるか、それと同じくらいよくわかる事、なのかもしれない。この国の将来、沈むんだ。没落するんだ。ダメになるんだ。あああ、栄光の時は過ぎ去り、破滅への…
「ちょっと、君!」 あ! ここは某市立図書館の勉強室、マズ! つい声を出しちゃってた? 最近思考がダダもれ、チョット、ってかマジにヤバいんだよね。俺、疲れてる?
「すみません、うるさかったですね」とりあえず、声をかけてきた定年退職後に郷土史研究を始めた風おっちゃんに頭を下げ、謝ったんだけど、顔の前で手を振ってる? 否定? 違う、って事? おっちゃん? おっちゃんは秘密を打ち明けるような感じで
「そうじゃないよ、君。もう今、この時点でダメなんだ。手遅れなんだ。もう後5年で…」 20150706-2+

愚者の更新

 外交問題を語る時、トモダチが殴られてる時に君は黙って見ているのか? ってのは小学生までの子供に言う言葉であって、中学生それ以上、ましてや国家の問題をガキのケンカと一緒にするのは子供に失礼、と思う、私は。それに、こんな言い方をしてる人間は必ず何かをごまかしている。騙されちゃダメだ。あ、それに、繁華街で見知らぬ男から殴られたら犯罪だけど、学校の中でクラスの奴等に殴られたらイジメって、何なんだ? ふざけてるよな。同時に国家間の問題を繁華街の暴力事件や、イジメと一緒に論じるのも変だと思う。何が言いたいのかって言うと、実は… ハッキリ言ってわかんないんだ。犯罪もイジメも国家間の問題も、よく。
 世間じゃ言う、反対だけするな、代案を出せ! って。私も時々そう思う時もある。けど、ホントにそれでいい? だって皆その事で飯食ってるプロでしょ、ドシロウトにいろいろわかった様な事言われるのってムカツクよね? 私は… 俺は嫌だね。でね、そのドシロウトの私はこう考えるんだ、ピントずれてるかもしんないけど。もう、モノを創って売って世界を回そうとするシステム自体に無理が来てんじゃない? 宗教的な問題もあるかもしんないけど、それ以上にこのワザワイは賞味期限の切れた武器在庫一掃セールが問題を引き起こしたんじゃないの? なんてんね、わかんないよ真実は。それにもう昔の事だ、問題はこれからの事だし… で、このママじゃダメだ。それはわかる。
 けど、俺達が闘ってんのにお前達だけが闘わないのは卑怯だ、って主張は、俺がウンコ踏んだんだからお前も踏め! ってガキの主張と同じだと、思わない? オマエラも人を殺さなければ仲間じゃねえ! なんて言う奴の仲間でいいのか? いや、わかんない。そうなっても、ウンコを踏んでも生き残らなくてはならないのかもしれない、現実は。でも、だったら、そんな事になったら、サイテイのドシロウトのお願いを聞いて… 国名を変えてほしいな、「エンガチョ」に。我々エンガチョ国民は、世界平和の為ぇ… そうすれば将来どんな事があっても、また国名を戻して「あんな愚行を犯したのは私達ではありません『エンガチョ国民』です!」って胸を張って言えるよね! 胸を張って! 20151002-3

 恋人が暴力を振るう。元カレに殺される。同棲相手が… もうイヤになる、恋愛? 情痴? まあそんなモノのの果てに起こる悲劇。テレビでも新聞でもネットでも、この手の事件が私の目を引く。最近多くないかい? こーゆー事件。統計的に発生件数が、ホントに増加してるかしてないかはわからないけど、目立つ、目立っていると私は思う。で、これって、ひょっとしたら、結婚に対するネガティブキャンペーンになってるんじゃない? ちょっと甘い顔するとアブナイアブナイ! 恋愛するとこんな悪い事がありますよ。あなたの恋する異性はひょっとして… 暴力を受けるかも、拉致られちゃうかも、そして、殺され… そんな不安を与えてない? だって「僕達ラブラブなんですぅ! ねぇヒロコちゃん❤」「もうメロメロ! ね、トモくぅん❤」なんて恋人たちは、存在したとしても世間に積極的にアピールすることは少ない。バカップルがいる? ああ、あれは違うと思う。観察者に起こる感情が「あーはなりたくないな」って方向で、それはネガキャンと同じだもん。唯一芸能人が真面目に「私達、結婚します」って発表してまともなモデルケースを提示する事はあっても、 …芸能人、すぐ離婚するからなあ。結婚生活を後押しする長期のモデルケース、シンボルにならないんだよなあ。で、どうなるのか? この国は? そりゃもちろん結婚が減って、子供が減って、人口が減って… 静かになるのさ。三千世界の鴉を殺し、独りで朝寝がしてみたい… って誰が詠むんだ? 20150930+

想定が異

 あの、電力を生み出す魔法の施設は、アブナイ燃料を使っているから、いろんな状況を想定して設計されている、よね。地震が来ても大丈夫。津波が来ても大丈夫。ゴヂラ―怪獣―が来ても… それは無い。怪獣は存在しない。ありもしない危機に対して備えるというのはバカのする事だ。あーゆーのを造る人はバカじゃないだろうから、大丈夫。怪獣になんか備えていない、と思う。 …でも、ミサイルや、ハイジャックされた航空機なんかが落っこちてくる、ってのは想定してるよね。なんか、そんな小説だか、映画だか、現実だ… ああそうだ、現実にだってあったもんね。現実にあったなら想定してるよね。きっとしてると思う、してるんじゃないかな、してるといいな。
 じゃあなぜこんなに不安なのかと言うと、想定はしてるけど、発生の確率とコスパの関係で… ウニャウニャウニャ… だからなんじゃなかろうか? 予想はしてても想定外。可能性は考えたけど想定外。こんな事もあるだろうと考えていたけど何の準備もしていなかった。ああ、あの有名な宇宙戦艦の某技術長の真逆の姿勢だなあ、と考える。
 昔、いしいひさいちさんの4コママンガにも「こんな事だろうと思ったけど何の準備もしてこなかった忍者」が裏切った主君に殺されそうになるってギャグがあった。ギャグだよ。で、俺達は誰に殺されるのだろう? 20150906-2

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR