FC2ブログ

WD ―ウェットディスク―

 カリカリカリカリカリカリ、 …カリ。書斎に不吉な音が響く。Wordを起動しようとして「起動中」が終わらない。午前1時、やっと仕事する気分になって来たというのに。何なんだ、チ! 舌打ちして起動をキャンセルしてドライブを確認する。データのほとんどは外付けのHDDに保存している。 …アクセスできない? ふと見れば、通常緑色ダイオードが点灯してるケースの表示が、ゲゲ! 赤! 両方のドライブ? ミラーリングで安全確保してたつもりが、ダメダメじゃん! カリカリカリカリカリカリ! 異音が心なしか大きくなってくる。ジントニックのグラスを置いてHDDの電源を切ろうとスイッチを捜す、確かケースの後に… 
 モニタが真暗になる。おお懐かしいDOS画面? なんて場合じゃないでしょ! でも、画面を見てしまう、そこに白い文字が…
 Ku??? Kokokoha. Kukukurai\:[p0
 Ko ココハ… クライ… サムムイイイ… ココハ…
 ココハ、ドコ? クライ、ナニモミエナイ、ナニモキコエナイ、ココハ… ド.y-5b;y
 ドl,r0;[\ oreha オレハ、ダレ…
 ケースの背後のUSBケーブルと電源コードをブッチギリ、ケースを、生暖かいケースを部屋の隅に叩き付けた、何でそうしたか… いまでは解らない。 …本当に、解らない。ああ、購入したのは1年以内、確か保証書が… 探しても無い、マア何時もの事だ。説明書だって読みゃあしない、チラと見た時「×体部品使用」なんて書いてあった。×のとこは読めなかった… どこで買ったのか、も思い出せない。どこで買った? 確か秋葉原で酔っ払って… カーキ色の半円形のヘルメットみたいな形の外付けHDD。その形が面白くて、おまけに安かったから… 叩き付けた時どこか破損したのか鉄錆のニオイがする赤い液体がドロリと流れ出た。 …保証書はまだ見つからない。20151126-2
スポンサーサイト



恥話

 恥ずかしい話をする。とても恥ずかしい… 昔、エッチなCD-ROMを買った。独身だし、独り暮らしだったし… いいじゃん! でも、データ容量が多いのか、私の愛機の性能が低いのか… なかなかサクサク進まない、砂時計がすぐ出てくる… 物語仕立てで女性のアラレモナイ姿が鑑賞できるソフトだったんだけど… まあそれでもストーリーは進んで、いよいよいよいよ! クライマックスっ! ナイスバディが、シアワセがすぐそこに❤ モニタに顔を近づけ、期待に胸を膨らませて… 鼻の穴も膨らませ… で、暗転。信号の来なくなったモニタは真黒、画面は、鼻の下を伸ばした俺の顔を映して… 
 これはナニカの冗談か? 正直そう思った。そーゆージョーク・ソフト? う、ううううううう。もっと昔、「これさえあればなんでも出来ますよ!」と言われて購入した我が愛機は、今、「そのスペックじゃ何にもできませんね」なガラクタになってました。アレが限界だったんだね… んで、3ヶ月後、PCを買い替えたんだけど、あのCD-ROMも捨てた、古い愛機と一緒に。二度と見る気がしないどころか、朝に髭剃りで鏡を見る事さえ… あああ、実は今でもPCの電源を落とす時、モニタから顔をそむけてしまう。恥ずかしい話をしてしまった… 20151125-2

人間已上

 HDが壊れちゃったから考えた、って訳ではないけど… いやそれで、だな、ホントは考えた。いまを生きる現代人って個人ていうか1人じゃ無力だ。トコトン無力だ。例えば、江戸時代に時間漂流、タイムスリップして流れ着いたとする。「オレは未来の人間だ! これを見ろ!」で、スマホを見せる。通信は無理でも、カメラやアプリを動かして「おお! 細かい絵が動いておるぞ!」なんて驚かせる事は出来る。でも、「よろしい、ではこの『すまほ』とやらを作ってみせい!」なんて言われたらアウト! たとえ時の権力者の後ろ盾があって、鉱物の採掘や精錬なんて事が可能だとしても「液晶モニタ」「LSI」とかどーやって作るの? たとえ趣味の電子工作やってたって、NTTの社員だって、ノーベル賞取った人だって、1人で「すまほ」を作ることも、指示して作らせるのも無理だと思う。現代、この時代で自作PCを組み立てる人だって、ゼロから… は無理でしょう。ああ、だから現代人は1人じゃ現代人じゃないんだ! 何万人何億人と集まってそんで社会活動を通して現代人たるのだ。個々は構成要素、細胞に過ぎないのかもしれない。アレ? …それって、ある意味ホモ・ゲシュタルト、「集合人」じゃないの? ああ、シオドアさん、そうなの? そーゆー意味なの? 20151124-2+

壊れちまった哀しみに…

 はーどでぃすくがこわれてしまいました。でんきやさんにもっていったら、みらーりんぐしていたかたほうのでぃすくがぶじなので、りかばりーできるということでした。よかった、よかった、とおもったら、はい、さんまんろくせんえんかかります、36000? 36,000円? 三万六千円! しょええぇぇぇぇえぇぇ! 
 でも復旧を依頼して、一週間かかります、言われて、いいです、データが助かるんなら… お願いします。あああ、そりゃ大事なデータだけど、駄文のストックがいくつかあって、2016年の年賀状のデータも入ってるけど… 何で壊れるかなあHD、しくしくしくしく… ああ、スイマセン、私ウレシイ時には小躍りしますけど、ホントに。けど、悲しい時はメイッパイ落ち込みますぅ。今回オチもどんでん返しもありません… めそめそめそめそ… めそめそ… 20151126+

ぱにっく

 あはははは、外付けのHDDがブッ飛びました。さっきから赤いランプが点きっぱなしです。駄文のストックも、仕事の資料もアクセスできません… か、悲しい。なんて言ってる場合かぁ!
 あ、あした、でんきやさんにいつて、ふくげんが かのうか きいてこようと おもいます。 …ああ、ボクも このショックから ふくげんかのうかな?  …ダメかもしんない。20151123+

出産を減らせ!

 妊娠初期にもっとわかるようにできないのか、というアノ意見。ああ、そうだよね、みんな同じ意見だよ、ほとんどの人が、同じ考えだと思うよ。ああ、ちょっと対象? 意味が違うけど。そんな事言う人達の任命前にもっと(失言の、知性の、想像力の、人間性の有無が)わかるようにできないのか、って思う。そしたらそんな人、委員や知事には任命しないもん。おまいらの社会的生命なんてそんなもんなんだよ! などと今日は少々過激。私ゼンゼン人間が出来てませんし、今日職場ですこし嫌な事があったから。 …ああ、ダメダメじゃん。
 そんでね、任命前、としたけど、本当は「妊娠初期」をそのまま使いたかった。その方がギャグのキレもいいし、留飲も下がる。そんな酷い事言う奴、自分が酷い事言ってるって解かんない奴なんて生まれてこなくてもいいっ! と言いたい、実は。 …でも、それじゃあ、同じになってしまう、金が掛かるからアンタラいなくなってよ、な人達と同じ。それは嫌だなあ。ああ、でも、ちょっと待った。障害児の出産を減らせ、って考え方も、母体内での治療なんて事が可能になって、減らせイコール殺せじゃ無くなれば、それが一番いいの? でもそれだって… 今生きている一部の人達を否定することになるのかもしれない。それに、産まれてきた身体、その中で育った心が自分なんだ、だから、それもやはり障害者の存在否定になるのかもしれない。三重苦じゃないヘレン・ケラーは存在することが出来るのか? 出来たとしてもそれはもう別人だよね。だとすると… あああ、なんかすごく哲学的。20151121-3

窓の外

 視界、見ているこの世界ギリのトコロに時々、そう時々だけどドキドキするモノが見える、事がある。この前は職場の応接室の半開きのドアの奥の暗がりからイヌ? 残業中の職場で? テルテル坊主の様な頭、ああ? イヤ、頭は無い。両前足を支える肩の間に首は無くツルンと丸い。そこに半月状に笑う大きな口があるだけ、歯は不揃いでだけど鋭くとても犬のモノとは思えな… なのにドアの奥からよろけて出てきたソレを何故か犬と思ってそちらを向くと… 開きっぱなしのドアがあるだけ、誰だよ閉めない奴は? 
 けど、目の錯覚、で済ますにはあまりにもリアルな、そのイヌ… の様なモノ。この、私達の住む世界のすぐ横に、もしくは隣に、少しズレた世界に、いるのかもしれない。ピンクの肌、まるで毛皮を剥がしたようなきれいなピンク色をした、あのイヌが生きている、俺を憎悪して… 20151119-2

吸殻の風景’

「久しぶり、ね」
 真直ぐ私に近づいて来た彼女からは7年の月日が感じられた。でも判ったよ。彼女だ、私の愛した女だ。ここは静かに雨が降る、灰色の都市を見下ろす小さな公園、山並みを縫うように走るバイパス沿いにある。雨に濡れて街を見ていた俺は、ゆっくりと振り向き彼女を見つめ返したんだ。
「あなたは… 変わらないのね。私は… 」
 老けたでしょうと寂しそうに彼女は言う。そして私の口元を見て笑う。
「あなたはまだ喫っていたのね。私は、 …止めたの」
 そうなんだ、君は煙草を止めたのか。私は紫煙を吐き出し、少し哀しい。彼女から取り残された、置いて行かれた、そんな気がして。でも、昔の様な、あの感情は涌いてこない。あの激しい感情は… 私は… 
「許して…」
 許して、許してちょうだい。そのあと続けた彼女の言葉の意味は、私には理解できなかった。ただ、思い出したのは、あの日彼女と約束し、ここに来て、それから… 解らない、私に何が起こったのか。 …思い出したのは、彼女が“見える”体質だという事… よくその事でケンカした、時に殴った… あの頃俺はもっと今より熱く頑なで臆病だった、だから… あの時、若く狂った無知な俺は… 今となっては懐かしい昔話。私は7年前と同じ場所に立つ。ずっと立っていたんでいろいろなモノが抜けた、熱く頑なで臆病な心も、若く狂った無知さも何もかも、抜けていった… でも、私の背中の果物ナイフのようなものはそのままだけどね。 …そして、今の彼女には手錠と腰縄? あれ? そういえばサッキから横に女が、ああ? 婦警! 相手が無視していたからかな? 俺も気が付かなかった… 少し… 変だな… その時
「出ました。白骨化した、 …男性です。」下から駆けあがって来た警官が… 偉そうに立つ男に報告… ああ? 警官が? 刑事に? あああ、こんなに… いたのか警官が、警察が、気が付かなかった… で、何が出たって? って、ああ、そうか、咥えていた煙草が落ちた。7年ぶりに空を見上げる。雨はまだ降っている、 …俺が見つかったんだ、唐突に全てを理解する。20150606-3+

ラッパは鳴った?

 もう一度考える。13日のパリ。「13日の金曜日で大安」なんて… フザケテル場合じゃありませんでした。ちょっとイヤな気分… 人が人を殺す事は、ある。憎しみで殺す、よくある、あって欲しくない事だけど。でも、自爆… 成功しても失敗しても自分は死んじゃう。自分が死んじゃう行為に、それでも駆り立てるのは何なんだろう? 人を追い詰めて洗脳して狂わせて他者を殺させる事は出来るかもしれないけど、己の命を差し出せるまでに人の心を調整する、作戦行動をとらせるんだから薬物でラリらせるのはNG。あくまで正常な精神状態で多くの人を殺し自分の命をも投げ出す… でも、それを正常な精神状態と言っていいのだろうか? 実行者の心理状態はどんなんだろう? そんな状態に人がなる… 恐ろしい。
 私達の国で昔あった「特攻」。あれはテロじゃない、けど。そして2つを比べる事だって遺族の方には侮辱と取られるかもしれないけど。でも、ひょっとしたら今回の犯人も「俺には死んでも守りたいものがあるのだ」と考えていたとしたら… いや、ひょっとして、「空爆で親も妻も子供も死んだ。もう俺には守りたいものなんて何も無い。あるのは死ぬまでに一人でも多く“奴等”を殺したいという憎しみだけだ」なんて過去を持つ人々だったら… それに賛同する者達だったら…
 ひょっとしたら… これは前代未聞の対“物語”戦争かもしれない。どちらの陣営の“物語”がより多くの人を動かすのか? どちらの陣営の“物語”を世界の人々は支持するのか? ああ… 「いつでもどこでもだれとでもの戦争」なんてのは過去のモノ。今繰り広げられているのは、ものがた… 神をめぐるどちらの物語が生き延びるのか… あ、神話! 黙示録? ってことは世界最終… なの、これ? 20151116-3

迷宮

 ぎ★▲@! 地元じゃ有名な心霊スポットの廃病院の中で悲鳴にならない悲鳴をあげたのは、ハイ、俺です。カジの野郎が向けた強力懐中電灯、レプリカのマグライトの光の先に白いワンピースの女性の後ろ姿が病室の隅にうずくまっていて、急に立ち上がりそして振り返った女の顔面には両眼と口に当たる場所に大きな虚ろな穴が開いていて、ああ! あれ、まだ悲鳴が続いてる? ああ、よかったぁ、あの声はカジだ。キャハハハハ! 女みたいなヒメー出しやがってぇ! キャハハハハァ! 廃墟の障害物が多い廊下を走って逃げながら、オレは笑った。さっき昇ってきた階段を駆け下りる。ロビーってか待合室? に出たら右に曲がれば入ってきた正面玄関が… 外に出たら、カジのヴェルファイアに乗って… ない? 玄関がないっ! そこには階段があって、さらに下へと道は続いている。迷ってるヒマは無い、その階段を駆け下りて、右に左に曲がり、しかし時折ある窓から外を見ると、4階以上の高さだぜ、なんで? 確かに階段は1階分しか上がらなかった、んが、もう4階分は駆け下りた、なのにっ! 
「おい! ハルっ! とまれ、ウシロはダイジョブ、誰もいない」カジの声でその場にへたり込む、もう限界。もう一歩も走れん。誰だ、こんな所に来ような… あ、俺だ、黙ってよ。 「でも、変だぜ、ここ。階段が」俺が息も切れ切れに喋ると、「ああ、変だな。でも明るくなったら、窓から出る。縦樋、垂直な雨どいを、伝って下へ降りれば、大丈夫だろ」おお! カジ! 賢い! さすが建築業関係者!
 で、結局俺達の持ってる時計で6時間待っても夜は開けなかった。あれから、白いワンピース女に10回遭遇して、逃げ切って、17~8回目で数えるのを止めた。もっと変なモノも見た、超肥満体の巨大ニンゲン? が密集する部屋。毛髪、長い黒髪が生えている天井。頭全体に包帯を巻いた白衣の、医者? でもその頭がヘチマのように長いんだぁ。 …なんなんなななんだ! ここはぁ!
 こうして、何時間、いや何日。考えたくないけど何ヶ月が過ぎたかもう解らない、アレ?  …何年? 夜は明けなかったが雨どい脱出作戦は決行して失敗。いくら下がっても下に付かないんだ。んで、あれから俺達はナニカから逃げているか、ナニカから隠れているかのどちらか、餓死する事も睡魔に襲われることも無く。そしてこれは多分こうじゃないかな? 俺達のオチイッタ状況、閉じた世界は外から見ると… あの、地元じゃ有名な心霊スポット、廃病院。2階以上の階で、ナニカから逃げ回る様な走り回る音が、聞こえてくる、なんて。はは、あああ! ミイラ取りがミイラって、こゆこと?
 って書かれた、手書きの手帳を拾った。汚い字で、読むのに時間がかかったと言っても20分もかかんなかったけど。確かに閉鎖された廃病院の前で拾ったが、そこは池袋。しかも繁華街の中だ。ここに書かれた地方の病院… 地元? いやいやいや、これは誰か、“モノ書き”のアイデアノートがイタズラだな、絶対、ゼッタイそうだ、と思う。ああ、だから、拾った時、 …走る靴音、追いかけて来る足音なんざ聞こえなかった! ゼッタイ… 20151108-3+

憎悪の連鎖

 またテロだ。ほんんんとうにもう、今この時代はこの世界は「戦時中」なんだね。昔の、軍服着たプロの「兵隊さん」と「兵隊さん」が戦う、そんな戦争はもう無くて、いつでもどこでもだれとでも… 「戦争」が起こるんだ。
 そんで、この「戦争」の敵って、私が子供の頃テレビで見ていた子供向け番組の敵役、正義の味方と戦う「悪の組織」とそっくり。あの黒いマスクも。あの時、いい歳した大人の戦闘員が幼稚園バスを襲ったりの、意図不明のヘンな作戦を、私はバカにしてた。そして「子供番組だと思っていいかげんなお話創りやがって!」なんて、製作者に対する怒りと軽蔑で心の中はイッパイだったけど、幼稚園バスがサッカー場やレストランになっただけで、あの意図不明のヘンな作戦が、今こうして現実に…
 ごめんなさい。アレはこーゆー事だったんだね。あの作戦は物理的な被害が目的ではなく、精神的攻撃、心理的衝撃を個人や国に与える事が目的だったんだ。「テロに対して毅然とした…」と言っても、その対応自体が相手のテロの目的、社会不安をアオり、国民同士のつながりを断ち切り、分断する。支配しやすい国にしてゆく、だんだんだんだんだんだん… だったのではないか? だって今回も犯人側は「国内の仲間よ、共に戦おう」なんて声明を出して、その宗派の人にはゼッタイ迷惑がかかるぞ。
 そんな「憎しみの連鎖」って、私にとってはその昔見た子供番組、アニメや特撮によく出てきたチンプな言葉だったけど、こうして大人になって再会したら、すっかり大きく恐ろしく危険な、そしてマズイ事に現実的な言葉に変わっていた。本気で怖い… 20151115-2

MESSAGE IN A BOTTLE

 夜、独り酒を飲みながらキーボードを叩く。それは… きっと読んでくれる人がいるよ、「面白いね」って言ってくれる人がいるよ。と思って、信じて書いている、のか俺? そうだよ、そう思って書いている。 …でも。ひょっとして、「拍手」とか、システムのプログラムで、適当に、いや、それなりの計算で付加されている、のかもしれない。読んでる人は、1人としていない、のかもしれない。「訪問者」だって、システムが自動的に結びつけているのであって、本人が「ホントこのブログ面白いよな、時々クソみたいな意見、吐くけれど…」なんて思いながら選択して見てくれている、とは限らない、かもしれない? 解らない、電子の海のその向こうに自分と同じ人間が微笑んでいてくれているのか。冷たい機械が経済活動優先でスイッチングしてるだけなのか… 解りません。
 …ただ、ただ、その先に人がいると信じて、幼い頃にオロナミンCドリンクのビンに手紙を入れて海に放り投げたみたいに ―詩情は無いけど、当時、子供の手に入る封が出来るビンはソレでした。ああ! この行為も今じゃ不法投棄か?― 今、こうして書いてます、 …俺ってさ! 緑色のゲップ出来るんだぜ! あああ、こんな嘘ばっかりを、また垂れ流して… 20151014-2+

ターミナルメン

 戦場から帰ってきた人の心的外傷がすごくて、それなりの治療を施さないと、もう普通の生活が出来ない、って話をどっかで聞いた事がある。う~ん、そりゃそうだろうなあ。こっちの世界じゃ「やってはいけない事ナンバー1」な事をどんどんやれ、もしくは命令に従って効率的に実行せよ、だもんなあ。そして相手、敵対する側も同じ様な命令を受けているんだから、ヘタすると「やられたらイヤな事ナンバー1」をされてしまうんだ、この身体に。ストレス溜まるよなあ、変になるよなあ。
 そこで、私は考えた。その心の負荷を軽減するために特殊なスーツを作る。ああ、そう、パワードスーツ強化外骨格的な? そーゆー筋力倍加装置や防弾装置ではないの。まあブッチャケて簡単に言えば「テレビのモザイク」発生装置みたいなもの。このスーツのカメラでとらえた外界の映像がVRヘッドセットに投影されるんで。直接外界を見るワケじゃないんだけど、今の技術だとソレと何ら変わらない。裸眼と眼鏡使用者の違いより違和感は少ないんじゃないかな? そんでこの装置、戦闘時に心的外傷を起こしそうな外界の状況をコンピュータが感知するとモザイクをかける。ここら辺のソフトの能力の方向性が難しい。ただモザイクをかけるんじゃなくて戦場の状況は正しく伝えなくてはならない。ただ心に傷を残す様な画像は排除しなくてはならない。このアンビバレンスな課題をどう解決するか、そこが問題となるんだね。で、血しぶきがドバ! って時にはバラの花びらが踊る、人が死んだら、死体は消えて、白いスモックを着た状態になって頭上に丸型蛍光灯状のモノが浮かんで背中から小さな羽根が生えて… で、ゆっくり空に昇ってゆく、そんな映像が合成されるの透明度50%で。兵士個人の思想信条好みに合わせて、敵側を悪魔や侵略異星人にする事も出来て、そんな風に表現されているなら、まあ死んだ状態もそのままでいいかもしんない。つまりこの場合、生きてる状態の敵を凶悪に表現する事により殺傷した時の罪悪感を減少させるわけ。良心の呵責無く銃の引金が引けるんで生存確率も上がる? おお! 良い事ばっかり! こうしてPTSD、心的外傷後ストレス障害は減る。当たり前だ、私の思考は完璧だ、これが一番有効な手段なんだ! 
 でも、私の考える事は完璧だが、それを悪用する奴の事までは知らん。兵士のストレス軽減のために考えたシステムだが、これを戦意高揚、殺傷率、任務遂行能力の向上に生かそうとするバカが出て… そう殺傷の度に、任務遂行の度に、快楽中枢を刺激する様にプログラムし直したんだな。どうなるかって? 「電子頭脳人間」 知らない? マイケル・クライトンの「ターミナルマン」って小説が原作の映画なんだけど… 1974年のアメリカ映画… そうさ、みんな殺人が快楽となって… 歴史は繰り返すんだ。最初は作り事で、次は現実に… 20151109-2+

13日の金曜日で大安

 ああ、今日は13日の金曜日。でも、だが、しかしっ! 「大安」なんだって! 職場で聞いてビックリ! あなたはどちらを支持します? キリスト教(のジンクスなのかどーかは?)と六道。おお! 戦いの結末やいかに? ああ、宗教戦争! なんてね。
 私的には、昨日と同じ今日、“普通”な1日でした。残業は8時20分までで、昨日より長かったけどね。だから、私個人は“13金”のギリギリ判定勝ち? …ああ、あんまし面白くないね。残業の帰り道、交差点で信号待ちしていたら、見た! ホッケーマスクの男がチェンソーを… ってんなら一本! なんだけどね。それでもあんまし面白く、無いか… 20151113

死の考察

 死、を考える時、私には、2つの方向がある。「自分の死」と「他人の死」だ。んで、「自分の死」について考えてると、これまた2つの方向があって、「自分は死んだらどうなるんだろう?」ってのと「残された人はどうなるんだろう?」だ。
 そんで、「自分は死んだらどうなるんだろう?」については、私は死んでから考えればいいと思っている。宇宙を統合する意識に融合、するならするだろうし、天国に行けるなら行くだろうし、地獄に行くしかないのなら、ギャアギャア騒いで、弁護士を付けろ! 俺にだって権利が… なんてゴネまくるだろうし。そりゃあその時考える。イキアタリバッタリが私だ。しかし、魂は存在しなくて、脳が酸素供給を受けられなくなり思考が維持できなくなって「私」が無くなるなら、考えること自体が無理なんで、考えなくていいから、「オシマイ」だ。考える主体がいなくなるんだから「考えなくていい」って言うのか「考えられない」って言うのか、そこら辺はよくはわかんないけど、とにかく「オシマイ」だ。はい、オシマイ、御愁傷様…
 で、「残された人はどうなるんだろう」については、たぶん97%くらいの確率で3歳年下の奥さんが残される。私が先に死ぬ。子供はいないけど、近所に奥さんの親戚はいる。義理の姪も甥も良い人だから(良い人じゃなかったら… 良い人でも何か行き違いがあって関係が最悪に… って事も、その他の最悪の可能性も考えられない事じゃないけど、こーゆー事は考える事じゃなくて、現実に遭遇した時にひとつずつ解決するしかない。だから)私が死んでも大丈夫じゃないかな? あまりにもオプティミスト? 一応年金はソコソコもらえるだろうし、貯蓄もある、と思う。奥さんが私に内緒で株で大失敗、なんて事が無ければ、ダイジョウブ、なんじゃないかな? いやしかし、こうして考えてる事は「死」ではない気もする。これは「奥さんの将来の心配」だ。論点がずれた。これもオシマイ、だね。
 そんじゃ「他人の死」だ。これについては考える事はない。社会人として恥ずかしくない対応をする、事を心掛けるだけだ。悲しい、とかいろいろな感情は起きるだろうが、今ここで考えるべきことは、無い。
 ああ、ただ、奥さんが私より先に死んだら、 …ちょっと辛いな。私は生きている意味の約75%を失うだろうから、それから先のビジョンが… ああ、でもこれは「死」じゃなくて「生きる」事に関係してくる事だね、だからここで考える事じゃないね。だからオシマイ。こうして私は「死」について考える必要が無い事が証明され… ああああああっ!  …もしかして、ひょっとして、私のPCの検索記録なんて… だれも見ないよね? うぎゃ! 引き出しの奥に隠した、あの漫画…  あああああああああああああぎゃあああぁあ! ああ… 
 もっと「死」について真摯に謙虚に真面目に、そして具体的に考えなければならない… という事が解った。 …あうう、どうしよう? 20151110-2

繁栄の末

 お伽噺を書こうと思っていたのよ。時事問題に対して批判的な…
 昔あるところにキシネ達がいました。キツネじゃないよ、キシネ。いろいろ問題があるから。
 キシネ達はお腹がすいてきたので食事の用意を始めました。
 火をおこすキシネ、鍋を洗って用意するキシネ、肉… まあカモかウサギでも捕まえられれば良いんだけど、まあ、ネズミ… くらいは欲しいよねぇ… 肉を用意するキシネ。野菜を用意するキシネ、体力が落ちて狩りは無理でも知識はあるから、この草は美味しいんだ… そーゆーキシネ。みんなが協力して食事の支度を始めた。
 でも、一匹のキシネが鍋の中に一匙の「ウンコ」を入れた。キシネのみんなが協力して作った鍋イッパイの御馳走は、一匙の異物で御馳走からゴミに変わった…
 どうして?
 どうして、そのキシネは鍋に「ウンコ」を入れるの? わかんない! …作者だけど、わかんない。どうして、全てをオシャカにしてしまう行為を、皆の努力と利益を失わせてしまう行為が出来るのだ?
 皆の仕事を「オシャカ」にしてしまう行為を、なぜそのキシネはするのか? 想像する、想像するしかない。
 そのキシネは、その自分の役割、仕事に見合った報酬をもらえない、もらえていない、そう思ったんじゃないだろうか? 自分はこの世界にとって大切な存在として扱われていない、そう思ったんじゃないだろうか?
 お伽噺、は失敗。独りの悪意で皆の善意の全てが失われてしまう… そんな事は「悪」だよね! 在ってはいけない事だよね! と言いたかったけど、でも…
 「ミンナのシアワセ」の為に犠牲にされてきた個人、それは… どうなの? 親の介護のために退職した人、コスト削減のため派遣で働くしかない人、同じ労働をしても賃金格差が生じる現体制… 悪いのは、ホントに悪いのは誰?
 「ウンコ」を入れたキシネはその罪を裁かれる、裁かれなくてはいけない、でも! そのキシネにそうさせた存在は? どうなの? 良いのか? 罪は無いのか? 裁きは… 20151018

誤解

 昔、ムカシ。そうだね、この前の金曜日くらいだったかな(ホントは10年くらい前)? 奥さんとふたりで、都心に遊びに行って、あるビルに入った。ワインのセールをやってたんだ。ああ、フランス、イタリア、いろんな国のワインが並んで… 私達は酒飲みだけど、あんましラベルにこだわらない。けど、赤で、ヘビィなのがいいよね。なんて話してたんだ、ふたりで。どうする? まとめて買っちゃう? 郵送、してくれるよね? 12本くらい買えば? 「どこに置くの?」奥さんはあまり乗り気じゃないみたい。ああ、でも地下室に置けば… その時! 店員さんが動いた! 「御客様、こちらのセットでしたら送料は無料になります、6本以上でしたら…」 ? はぁ? ちょっと待って、じゃこっちの、コレとコレとコレの6本じゃ? 「解りました、送料無料でお届けいたします!」
 そんで、フランスワインを6本も買ってしまった。もちろん送料無料で。
 でね、ビルを出てから、奥さんと笑った! 「あの店員さん、ぜっっつたい、絶対、“地下室”に反応したよねっ!」 そう、ウチの、私の言う“地下室”は… 電子レンジを“チン”って言ったり、カーポートの伸縮門扉を“ガラガラ”って呼んだり… うちの“地下室”とは、床下収納庫の別名なのだ! ゴメンね、店員さん、ダマしたわけじゃあ… 無いんだけどね。ハッキリ言います、ウチは“オカネモチ”じゃあ~りません。で、ちょっと、ホンのチョット、ミエッパリなんです。 …ガッカリした? 20151106-2+

労働人口減少対策

 昔々の事だけど、私鉄やJRの前の国鉄とよばれた組織なんかがよくストをしていた。スト、ストライキの事。電車が止まるの。で、その時まだガキだった俺は「そんなの鉄道マニアに運転させればいいのに、アイツ等、金払ってだって運転したがるぜ」なんて考えてた。まだ、ボランティアなんて言葉も珍しい時代だったんだけどね。しかし、労働と遊興の違いも分からないガキだったんだから仕方ないじゃないか。こんなアホな事言っても。
 でもね、予備役軍人じゃないけど、有用なスキルを持ってんなら、マニアだろうがヲタクだろうが、再雇用だろうが、ボランティアだろうが、何でも使っちゃえ! って時代になってしまったのよ。
そう、少子化による人口減少。社会を維持する労働人口が減ったの。だから、今、自動車免許だって12歳から取れるんで、宅配のバイトはほとんどガキとジジイだ。車の運転ほとんど自動だし。だから電車も、大丈夫じゃない? てんで… ボランティアによる近郊路線の運行が、とりあえず試行が認められちゃったのだ! …で、割とうまくいってる。都心環状線の秒単位の運行、は無理だけどね。
そんで、そんで、味を占めての今回の試行なんだけど… 航空機は、まずいんじゃない? マニアに任せるの。アイツ等ゼッタイ、宙返りしたがるし、どっかの橋の下、くぐりたがるぜ! これは、これだけはやめた方が… 20151107+

災厄

 地球に、ウフ、巨大隕石が、ぶ、ぶつかるんだってぇ! アハハハハハハハ! は、冗談じゃなくて、後、3年と3ヶ月後? ドッ~カン! なんだって。 …どうしよ。
 ってんで、世界は大騒ぎ。誤報道? 報道テロ? って可能性も考慮されて、全世界の天文台で追調査がされて、まあ、ホントだったんだ。それによって、地球が壊れる、って事はないにしても、地球が生命のイナイ星、になる可能性は確か… 97%くらいじゃなかったかな? そう、結構高い。ってか、ほぼ確実! じゃないか? 
 火星に移住、地下シェルターへの退避、宇宙空間への一時的退避。いやいやいや、それより現実的なのは、隕石の迎撃。で、世界は大騒ぎ! もちろん、うちも大騒ぎ、特に両親。賃貸マンションのダイニング。家族団欒の時間? そんなのがあればね、いや、今は、あるんだ、これが。
「地価が下がる!」 あ、親父、眼がイッてる。「マンションじゃない、土地付き一戸建てが手に入る!」手に入れてどーすんの? ツッコミたいけど… そんな雰囲気じゃない。「ヨシコ、うまくすればオマエの夢だったルーフバルコニーだって❤」 「まあ!」かあさんまで… 狂ってる! それに一戸建てでルーフバルコニー? まあ、どーでもいいけど、親父が母さんの夢を知ってた、ってとこにチョット感動してしまった、チョビットだけどね。
「キミコはどんな部屋が良い? コウジは?」 あーはいはい、ドンなんでもいいよ、となげやりに答えようとした時、「私は部屋にブランコが欲しいな」 ! おいおいおい! 姉さんは中学生かっ! 就活直前の大学生だろがっ! けど、俺にウインクした姉さん、泣きそうだった。ああ… そーゆー事かい。「俺は、部屋よりガレージが欲しいな、バイクいじりたいから」俺も合わせた。
「そーか! ブランコにガレージかぁ! よし、とーさん頑張るからな! 絶対作ってやるからな、ブランコとガレージ!」 おお! 親父の瞳が燃えているぅ!
 こうして、我が家は一軒家購入大作戦を展開する事になるんだが、 …まあ、親父は正しかった、とだけは言っとこう。通常の災害なら、生き延びるための、生き残るための最大限の努力が絶対必要だよね、でも。文明が滅ぶ、そんな災厄に対するには? 今まで経験した事のないようなトラブルには、今までは思いもしなかった対処方法が必要なのかもしれない。で、俺達は…
 あれから、4年と2カ月後。俺達は生きている! まあ、俺たち以外の人類もガンバッタからね。けど、母さんは… 残念、なんて言えない。クソッタレな結果だ。けど俺達はあの大災厄を生き残り、ああ、まだ大最悪は続いてる、んだけどね。姉さんのブランコ、俺のガレージ、親父の、親父の夢の秘密基地、ププッ、秘密基地だぜ。そんで、それぞれの夢を、ああ、ルーフバルコニーは、今、家族みんなの夢だ! かなえるために、まだ、性懲りもなく、ひつこく、イジイジと! 頑張ってるんだ! 頑張ってんだ! オフクロ! 見てろよ! ルーフバルコニーだぜぃ! 
 20151103-2+

約束

 にならはし。休日に昼飯を買いにコンビニに行っての帰り。ああ、近くにスーパーもあるんだけどね、そっちの方がもちろん安いんだけどね、でも… 好きなの。コンビニの惣菜。美味しいんだよね、時々食べると。うん、美味しんだ。おびういんど。
 それで、そうなんだ。帰り道。5メートル幅の道路をふさぐ様に道の真ん中に仁王立ちの… ふぐむり、男… だと思うんだけど、性別までわかるもんか、仮面をかぶっているから。仮面をかぶっている? そ、そんな人間が、いるんだ。あきらかにマズイ、よね。この国この時代、仮面をかぶって許されるのは、アマメハギか、渋谷のハロウィンだけ。だから、関わり合いにならない方が得策、なのも解かり切っては、いるけれども… まきにし… 近づけば、明らかに質疑、ん。アニ
 ガ飲みたい? しばらだ、そいつがこっちを向いた、眼があった、グリン、右を向いていた胴体も正面を、こちらを、しばざき
 血被いて、近づいて、そばに。高い、身長2.5m? たかすぎ! 腕が! 
 で、起きた。部屋の中? 寝てた? 夢? そんな事はない。レジ袋がある。思い出した、くるむし。子供の頃、近所の雑木林で出会った、アイツ、変わってない、とってくうぞと言ってたけど、50年待てと答えた、逃げた、つもり、だった。「あぐい、にれ」 振り向く、アイツ、2.5m、腕が!
「おほきくなた、こんなにいうれしぃくことない、ほは」腕が伸びる、左腕を捉まれる。「にく」アイツが微笑む。20151104-2

暗殺の誤算

 いいなあ。「戦争反対!」みんなで一緒に集まって言えるの。いいなあ。ホントに危険な時って、それに気付いているのは、自分だけ。そうなんだよ。いつの間にか、ほかのミンナは「やれぇ! やっちまえ! ぶっ殺せ!」そう叫んでいるんだ。昨日まで「ケンカは良くないなあ」なんて言ってたその人達が、大人が。もう何も解らなくなっちゃってるんだ、病気でうなされる様に、お酒をたくさん飲んだ時の様に。家族だってそうさ、最初は弟が、次はおじいちゃんが、母親が、父親が、ミンナが! 家族全員が「ぶっ殺せ!」叫ぶんだ、ミンナ一緒に! 「ぶっ殺せ!」
 あああ、だから。だから僕は決心しなくてはならない。そして密かにやらなくてはならない。この異常な状況を、僕独りで、元に戻さなくてはならない。そう、僕独りで… もう、正規の手続きを踏んで、なんて不可能だから。超法規的手段で解決するしか、道は無い。そう… あったとしても子供の僕には、無理だ。 …だから、“あの人”を… 殺さなくてはならない。
 こうして、“あの人”がオープンカーに乗ってパレードの時、プログラムに無い行為。少年が駆け寄り花束を“あの人”に、そして、花束の中に隠されたナイフで“あの人”を… 
 でも、警備の人はそれを阻止する。まあ、当り前だ。彼らはその道のプロだ。立派な大人だ。異常を感知する“眼”を持っている。時代の異常を感知できる“眼”もしくは“感性”は持ち合わせていないけれど。でも自分の職業に忠実だ。誇りにさえ思ってる。だから… 少年は死んだ。少年にとって不幸な事に、その場で死んだわけではない。背後関係を調査するため3ヶ月は生きていた。いや、生かされていた。それは少年の心臓が脈動していた、という意味だけに過ぎないが。 …最後、少年は死にたいと思った。
 で、ここからが本題だ。“あの人”のトコロに「ヒトラー」って入れたら? 美談? 英雄譚? 悲劇? でも、これがそんな過去の話じゃなくて、今の、この時代の、この国の、いや他の国のでもいいけど“偉い人”の名前が入ったら? それでも評価は同じ? それとも、テロ? 犯罪? この物語の、お話の、価値は、意味は、評価は大きく変わってしまう? ナニが問題なのか? ナニが正しいのか? 私達はどう動くべきなのか? それをちゃんとちゃんとちゃんと解っているのか? 私達は? いや、この期に及んで誤魔化してもしょうがない。私は? 私個人は? 動けるのか? 正しく。そしてその覚悟は、持っているのか… 
 P.S. ああ、あの映画はまだ見ていません。ってか怖くて見れない。20151029-3++

飽食の末

 関税が掛かってない安い食べ物が輸入される。消費者の人は「生活、助かります」なんてTVのインタビューに答えている。でも、国は税金取れないから、収入が減るんだ、よね? 国内食料生産者はこれに対抗しないと、最悪の場合、廃業だよね。国だって国内生産者の保護はするよね? それにお金が必要だよね。
 どうなるんだろう。私… いや、俺が悪の大商人だったら、安い食料を多量に輸入させて食料自給力を低下させ、国内食料生産者に壊滅的な打撃を与えて駆逐し、それからオモムロに「キャベツ一玉? 1万円だな、それ以下じゃあ売らないよ」って事、考えるけどなぁ。世界の国々のホントの大商人は、そんな事考えないのかなあ? ミンナ平和が大好き❤ なんだろうか?
 自動車やカメラ、そーゆーモノって無くても何とかなったり、古いの修理して使ったりできるけど、食べ物って、常に一定の量が絶対必要だもんなぁ。どうなるんだろう。
 食料が入ってこなくなって国民が飢えた時、どこかの政治家が「ご飯がないなら“すあま”を食べればいいじゃない」とか失言してそれでこの国に革命が… なんてこたぁ、無いか? 無いだろうなぁ。無い… 20151010-2

半たちの沈黙

 昔ムカシ… ヒシジたちが高原でのんびり草を食んでいると、クロオホカミがやってきました。クロオホカミはヒシジたちを集めて言いました。「おい! お前達。のんびり草を食ってる場合じゃないぞ! グローバル化で世界は大変だ! だからオレをリーダーにしろ! お前らにもっとイイ草を食わしてやるぞ!」ヒシジのリーダーがオホカミなんて聞いた事がありません。下級生としか遊べない小学校の上級生みたいです。なんかウサンクサイです。ヒシジたちはお互い顔を見合わせました。え~ どーしよー。
 そこへ、シロオホカミがやって来ました。「おいおいおい! きみたち! クロオホカミなんかリーダーにしたら、みぃ~んな、太らされて奴の腹の中だぞ! リーダーにするなら、ワタシだ! このシロオホカミだ!」 いやぁ、アナタも十分アヤシインですけど… いやぁ、だから、ヒシジのリーダーは、ヒシジから、って事で… 「よし解かった! 選挙ってことだな! オレは頭の回転が速いんだ! よし選挙だ! オレと、シロオホカミと、そんで、ヒシジのリーダー、3匹で! …で、誰なんだ? ヒシジのリーダーは?」クロオホカミが牙をむき出しました。「ああ、ワタシも知りたいな。対立候補を」シロオホカミの爪が光りました。
 ああ! 素晴らしきかな議会制民主主義! 結局、クロオホカミとシロオホカミの一騎討ち、になるかと思われたのですが、アカオホカミも参戦し、さあ、選挙です。投票はヒシジの義務です。さあ、クロ、シロ、アカ、アナタは誰に投票しますか? あああ! 素晴らしきかな! タタエヨ! 議会制民主主義っ! 20151101

負け犬

 どっかの偉い人が「三本の矢」を放ったらしい、あら? 6本だっけ? まあいいや、で、俺も「三本のイ矢」を放ちますぅ~ 「勉強いや、労働いや、納税いやぁ!」 …どーせオイラはぁ、マケイヌさぁ~ ハハ… Yes! 酔っ払ってまぁ~す、カンパァ~イ!20151101

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR