FC2ブログ

Newtype

 子供の頃から英語を聞いてると英語の微妙な発音の差異を判別できるように育つ。母国語というのはそういうモノなんだそうだ。そして、機械に、オートマタに育てられた子供はその様な言語の微妙なニュアンスを親から引き継げずにコミュニケーション不全となる可能性が高い、って言うんだけど… けど、FAXのピーガーという音だけで「あ! 浜松のおばあちゃんからお手紙だ!」 3歳の息子が言う。 …コレって、進化なの? 20171027+
スポンサーサイト



30年間バレなかった

 本当は不要な検査だった… なんて事はないのか? 30年間イイカゲンにしてきて、資格のない人間がハンコ押して、でも、そのセイで起きた事故も無く、ああ、無いかどうかは調査が必要かも知れないね。でも、これまでバレる様な事故がなかった、という事は… 自動車会社の無資格審査。その決まり自体が不正な取り決めで作られた… 実は不要な審査? 許認可関係の利権絡み… なんて事は? ふっふっふ、会社と国の関係機関の最終検査が必要だったりして。20171028-3

茶髪は違法

 某高校では、先生が生徒に、オマエの髪は茶色だから黒く染めろって指導する。 ? い、いつの時代の話? この高校に欧米の白人、ブロンドヘアの子が転校してきたら… え? 黒く染めさせる校則があるの! ホンキ? じゃ黒人の子が入ってきたら、身体を黄色く染めさせる(肌色、って言わない所がリアルだろ)し、ブサイクな顔も、整い過ぎた顔もみんなと同じじゃないからダメ? 義手や義足の子も普通の生徒とオンナジじゃないから、ちゃんと手足を生えさせてこなければダメ、なんだろうな。 …なんと、なんと素晴らしい教育だ! 平等の意味を真に理解している、と言っていい。もちろんだから制服着用は当たり前だし、下着の色や形だって同じモノじゃなければならないし、財布の中身だって一律1200円に決まりだし、規律正しい一糸乱れぬ学校生活を送ってほしい。そんで、まさかみんなで「世界で一つだけの花」歌ったり「個性を伸ばそう」なんて教育しないよね?  …ああ、この時代に、資源も国土も軍事力も人口も無いナイづくしのこの国で「教育」だけが未来を切り開くチカラなのに、あああ、その教育を担う者が「かみのけがちゃいろ」で大騒ぎ… なんでそんなのが教師ってイバってるんだ? なんか、スゴイ、タチの悪い、冗談かぁ? あ! この教師、金髪銀髪黒髪に茶髪、肌の色も白黒黄色に赤、いろんな人がいる人種のルツボな国の学校で再教育したら… う、心神耗弱で自殺しちゃうかもしんないよなあ、 …それは、それで可哀想。この国だから教師が出来るんだ、他の国じゃあ役に立たないなんて知ったら、プライドだけで支えられている精神の核が、魂が… 
 ああ、少し反省。「この高校の教師はアホだ」の一言で済む話をネチネチと、グダグダと… でも、こんなバカな決まりを作った高校があるという事は、賛同する教師がいて、支持する親がいて、追従する地域が、後押しする国が… ホントに怖い話だ。20171028-2+

サトリ

 山の中でちょいとシクジリをやらかしてしまって野宿する羽目になってしまった。まあ、スケジュール、行程計画はイイカゲンなモノだったから当然なんだけど、その分装備は十分なモノを持参してたんで、別に不安はなかったけどね。辺りが真暗になった時には、ちょうど良い場所も確保でき、小さいながら焚き火も作れて暖も取れた。この季節でもやっぱ夜は冷えるんだよね。スキットルから直接飲むウィスキーが身体の内側からも温めて… もう酔っ払ったのか? こんな山奥なのに、焚き火の向こうに小さな男が見える。「…小さな男が見える、と思っただろう」 なんだコイツ、俺の考えてる事がわかるのか? 「コイツ俺の考えてる事がわかるのか? と思っただろう」 聞いた事がある、これはサトリって人の心を読む妖怪だ。「そうだよ。俺がサトリだ」 うわぁ、まいったな、これって最後どうなるんだっけ? 「最後はどうなるんだっけ? と思っただろう」 ロクな事にならない予感が… 「ロクな事にならない、と思っただろう」 ああ、どうしようどうしようどうしよう、このまま心を読まれ続けて、あんな事やこんな事までダダ洩れになったら俺の心は壊れてしまう。「俺の心は壊れてしまう、と思っただろう。 …けど安心しな、俺はサトリじゃないよ。妖怪なんているものか。夜間登山の最中に焚き火を見付けたんでオジャマしたのさ。」 え? は? サトリじゃない? ならどうして俺の? 「あんた、単独行らしいが、下界でも独り暮らしが長くないか? 独り言がすごいぞ。気付いてないのか? サトリじゃなくってもあんたが何を考えてるのか、わかるよ。気を付けた方が良いかもね。 …じゃ!」 一方的に話を終えて小男は去って行った。俺が? 独り言? 考えてる事ダダ洩れ? あ! フラッシュバック! あの時、スーパーマーケットでの不審な目。通勤時のすれちがう人々の奇異の表情。あ、あああああああ! 俺は、ひょっとして、あの時もこの時も… ああああああああああああああああああああああうあ 20171028

レヴェルC

 申し訳ありません。御客様のカードではこの店でオカイモノは出来ません。 …はい、見るだけ、でも御遠慮いただいております。失礼ですが、他のお客様のショッピングの差し障りに… はい、店内への入場も… カードレヴェルによる規定がございまして。 …はあ、誠に申し訳ございませんが、お静かに願います。他の御客様の御迷惑になります。なんでしたら、専任の担当者をお呼びしますが… はい、カードレヴェルに合わせた専任のオキャクサマガカリ、がおりますから。はい、あちらで対応させていただきます。 …はい、録音録画を前提でお話しておりますので、裁判になった場合でも、お客様が望む結果になる事は… はいオキャクサマに“勝機”は無いかと。はい、失礼いたしました、どうぞ、カードレヴェルが上がりましたら、お越し下さい。お待ちもうしております、心から。 …帰った? あ、他のお客様に気付かれない様に消臭剤、いつもの、スプレーしといて。 …まったく臭いんだよビンボ おおっと、まだレコーダーは動いてる? よね。GBRM2367-9。60秒前から削除編集。OK? OK 20170918+

頑丈で安心

 三匹のコブタ、って話。知ってる? ワラの家と木の家を建てたコブタはオオカミに喰われ、レンガの家を建てたコブタはそのオオカミを喰っちまったんだから、結果レンガの家のコブタはオオカミとコブタ2匹を食べちゃった… まあ、それは置いといて、もしレンガの家のコブタが1匹だけだったら、オオカミは建築作業現場で捕食活動を完遂し、お話はバッドエンドだったろう。ワラの家のコブタと木の家のコブタはレンガの家のコブタの為の時間稼ぎをしてくれたんだ、ともいえる。さあ、だから家としては耐久性・安全性などなどの面でレンガの家が正解なんだけど、火急の場合、捨て石が必要という事だね。そーゆー意味で考えると、ワラの家のコブタと木の家のコブタがオオカミに喰われる事なくレンガの家まで逃げて3匹でオオカミをやっつけてハッピーエンドっていう現代版の「三匹のコブタ」は理想の災害対策、もしくはビジネスのハウツーを語ってるのかもしれない。 …なぜこんなバカな事を考え始めたのかというと、20年以上前に購入した200年はガタが来ないといわれるオランダ家具のテーブルを子供のいない私達夫婦が最近持て余してるから… いや、使い勝手が悪いわけじゃないし、気に入ってるんだけど… んだけど、頑丈で安心、だけが正解ではないのだ、人生は。20171025+

姑獲鳥の日

 最終に近い下りの急行電車。チラホラと座席に座る乗客は、私を含めてみんな疲れ切っている。ターミナル駅、始発の駅を出て… 何駅目を過ぎた時か? 長い、止まらぬ区間を走っていた。窓の外は闇。そんな時… ホホギャァ、ホギャァアァ、ホギャア… かすかだけど、赤ん坊の泣く声! 全員が、少なくともその車両の乗客は全員、顔を上げ辺りを見回した。どこに? 赤ん坊がいるのか! この車両に? 空耳、じゃない。全員が反応していた。でも… 泣き声の主は、どこにもいない。3両全ての車内を確認して報告する人もいた。 これは… けれども乗客の雰囲気が、少し変わった。隣に座った人と「久方ぶりに聞きました、10年ぶり、くらいかな?」「私も最後に聞いたのは…」などと話す人もいる。 そうだろうなあ、私も… 聞いたのは40年以上前の姪がうまれた時の… 誰も、あの赤ん坊の声が超常現象だとか、怪奇現象、幽霊・妖怪の仕業、などと言わない。もちろん何処かにいる猫の声だとも… この国の出生数が0になって5年。誰もその本当の原因や対策を探りはしない。これから先の事を、もう誰も考えたくないのだ。女性がここで、この国で子供を産みたくないと言っても、もう誰も意見できない。ここには不安、いや絶望しかないから。この国は老いた、いや、病んでいるのかもしれない。もう先が無いのかも… なんとかしなければならない、とは思う。けれど私を含めてみんな、 …老いて病んで疲れてしまったのだ。20171019-3

始まりも終わりもない

 夜、風呂に入ってる。ああああ、イチニチの疲れが身体から溶け出すぅ。 ? 湯船に浮かんでる髪の毛? すくい取ってみると… あきらかに髪の毛なんだけど、端が無い。直径3センチくらいの輪ゴムの様に輪っかになってる髪の毛… これ、何なんだ? 輪っかに編まれてるんじゃない。つなぎ目もない。まるい、始まりも終わりもない、でも髪の毛。俺の? 違うだろう、だって、どこに生えてたんだ、毛根もないのに。 ナニ? 何なんだ… 風呂に入っているのに、寒い。 …ふと天井を見あげると 20171019-2

創作

 仕事から帰ってきてモニタの前に座る。キーボードを打ってお話を創ろうとする。いつも持ち歩いているノートだの、適当な紙に書いたメモ、そんなものを見ながらいろいろいろいろ考える。これが楽しい時もあれば苦痛な時もある。もちろん文筆活動で生計を立てている訳ではないので、苦痛になったら寝てしまう。だからタイシタものが書けないのだ、とも思う。でもいいジャン、人に迷惑かけてる訳じゃなし、と酒を飲んで寝てしまう。趣味だから、プロじゃないから、と言い訳をしてPCの電源を切るんだけど、その時は自分が無能で中身カラッポの人間のクズにしか思えない。でも時々、この時間が苦痛じゃなくて、なんか上の方からゆっくりと降りてくるモノがあって、それが頭の中ですこしずつほぐれて映像か文字列に変換され始めると… ほらきた! と、それを文字にするのさ。ここは文句なく楽しい。けど、楽しいなんて一瞬。
 で、今日。読んだ本の主張が気になってる。「優れた表現者は『他者にとって面白いか』を追求すべきで、『自分にとって面白いか』では後世に残る作品は生まれない」っての、ホントか? だって、今まで、自分が面白い事しか考えてこなかった。ほかの人がどう思う? 何が面白い? そんなの微塵も考えてない。ああ、解からせる努力はした、と思う。理解させる努力。だから? だからね。最初の読者自分さえも面白がらせられないモノはクズだ、でいいんだと思う。他人なんか知った事か。あの漫画の神様が言った言葉(未確認)「読者は与えられたモノを享受すればいいのだ」が正しいかどうかはわかんないけど、でも! どこまで行っても自分優先! ここだけはね。どーせこの先俺は文学者としての栄華を享受できないんだと思ってるから、いや、思っていないけど、それでも! 他人なんか知った事か! 俺はここだけはホントに俺の好きなようにするのだ! ホントにホントにホントに好きなように… ように?  …ねえ、“様に”の方が良いかな? 20140526-5

敗戦

 選挙でさあ、「たたぁきつぶせ! ○○、○○」なんて昔のアニメの曲に合わせて歌ってる人がテレビに映ってた。チョット前、別の人も「こんな人達」とか言ってた。 …つまりは、相手は敵だ、って事だよね。それはどーゆー事かと言うと、あの人達の頭の中では選挙をしてるんじゃなくて戦争をしてるんだ。 で、議席の多数を自分達が得られれば、それは「勝った」って事なので、勝ったならば好き勝手にしていいんだ。負けた奴はトヤカク言う資格はないのだ、それが多数決、民主主義って事なんだから。 …はい、どこが間違ってると思う? 答えられなきゃ相手の言いなりさ。
 昔ホントの戦争が終わった後に丘の上から見たんだ。小学校の校庭を自転車に乗った男が走っていた。戦勝国の兵隊さんが呼び止めて自転車のハンドルをつかむ。男が自転車から降りると、兵隊さんは自転車に乗ろうとする。男が抵抗すると兵隊さんはホルスターから… パン! その音は丘の上でも聞こえた。男は校庭の真ん中で倒れて動かなかった。兵隊さんは自転車に乗って行ってしまった。それが戦争だ。正確には「戦争が終わってから」の事だけど、この状況を含めて戦争と言っていいと思う。
 …だから、だからさぁ、ホント、どうしたらいいと思う? 20171022

ちっちゃい

 深夜の住宅街、今日は遅くなってしまった、課長は本当に心配性でシツコイから… 「スゲノイデ、ボナ。スゲノイデ!」小さな、小さな声が聞こえる。立ち止まった道沿いにある住宅の塀、ナニかが動く気配でギョッとして振り向く。常夜灯のぼんやりとした光の中、ちょうど俺の目の高さの塀の上を猫が歩いて行く。なんだ猫か… 「スゲノイヨ、スゲノイデ」え? 猫がしゃべってる? 意味は不明だけどアレ、鳴き声じゃない、言葉だ。けど違った、振り返り、俺を見た猫の口に原始人のような服装の小さなオジサン。10センチにちょっと足りない小さなオジサン。小さな、小さな声で繰り返す。「スゲノイヨ、スゲノイデ…」パタパタと小さな野獣から逃れようとしているが… 猫は俺に獲物を盗られる、とでも思ったのか、すぐさま塀の向こうへ。「スゲノイヨ、スゲノイデ」 …声はもう聞こえない。20171007

最後の王様

 深夜、職場から帰る時、王様に出会った。夜の地方都市の旧宅街で… そう、アノ王様。童話に出てくる最高権力者、一番偉い人。王冠をかぶり、ハデな赤いマントを羽織り、ヨーロッパの童話の挿絵に出てくるソノマンマの王様。もちろんヒゲ付き。従者は8人と少なく、きっとお忍びなんだろう、と思った。ああ、珍しい、最近トントご無沙汰… この前見たのは2年前? あ! 土下座しなくちゃならないのは… ソレは殿様? 王様はいいのか? なんて考えていると、王様の行く手から走ってくる者がいる。「お、王様狩だあ! 王様! 御逃げ下さい!」 それが王様の忠実な斥候の最後だった。宙を切る小ぶりの戦斧が背中に刺さる。そして多くの人影が、武器を持つ群衆がワラワラと… ああ、まるでフランス革命のあの時の様に、 …って、その時生きてなかったけど、見てなかったけど、ただのイメージなんだけど。 そして、今現在もこの事を全てを見ていたわけじゃない、俺はサッサと逃げたから… で、次の日の朝、出勤前のコーヒーを飲みながら、新聞をめくる。もちろん王様の事は載ってない、テレビのニュースでだってやってない。ああ、それにしても… 王様か… 今、世界に何人いるんだろう? まさか昨夜の王様が最後の1人… う~ん、だとしたら、私にはナンの関係も無い事ではあるけど… 少し寂しい。…かな? でも仕方ないよね、王様の時代は終わったんだから… 20171014-2

アルハンブラ宮殿の思い出

 家に帰ってくる。独り住まいだから、自分で鍵を開けて。 でも「ただいまあ」と声を出して家に入る。 そう、長年の習慣はチョットやソットでは変えられないんだよね。ちょっと、…哀しい。スーパーのレジ袋を持ったままキッチンに向かい、冷蔵庫の扉を開くと… !
 あれ? あれアレあれ? なんだい? どうして? なんで? 冷蔵庫イッパイに、扉のポケットにも、バターが入ってる。アノ黄色い紙箱が満杯状態。雷印? 我が国北部の大きな島が描いてある箱。トーストの上でとろけてるバターの写真が使われてる箱。その他、「濃厚」とか「特選」とか書かれたモノや、とにかくイロイロ、でも全てバター。ぎっしりバター。うろたえて、ヨロヨロとあとずさりして、手からレジ袋が落ちる。袋からレシートと買って来たバターが10個ほど飛び出す。あれ? あれアレ… 
 ムカシ海岸の砂浜、まだホントに小さい子供だった時、波打ち際で寄せては返す波に足元の砂をすくい取られて… 意味も無く泣いた。 なぜか今、その時の事を思い出して…  泣いた。20171016+

とまと

 ウチはさ、ホント物が無いんだ。ダンシャリアンとか、そーゆーんじゃない。まあ、ヒトコトで、カンタンに言っちゃうと、 …貧乏。お金が無い独り暮らしだから物が変えない、ってだけ。でもまあ、仕事もしてるし、断捨離した、って事にしとけば「ああ、そうなんだ」で済んじゃうから対外的にラク、最近はね。
 でも、この前の金曜日、一泊の出張で高松から帰って来た時、夜の10時頃、だったかな? 帰って来たのよ。ウチは309で、いつも健康のため階段を使ってんだけど、さすが出張用のバッグをかついで3階はしんどいなあ、なんてぼやきながら。鍵開けて入って照明付けて… 狭い1DKで、物も無いんですぐわかった。玄関入ってすぐのダイニングキッチン、その奥のフローリングの居間。その真ん中に… トマトがひとつ。
 ハア? 何なんだ? 合鍵預けてる家族親戚はいない。大家さんのイタズラ? 考えられない。オレが置いて忘れてる? もっとありえない。俺、トマトはダイッキライ! 買うわけがない。 …だけど。でも、その時はカンチガイ、で済ましちゃったのさ。疲れてたしね。布団敷いて寝ちゃった。そう俺、ベッド嫌いで、クローゼットから布団出してきて寝るの。トマトは捨てた、気持ち悪いから。
 で、月曜日。仕事から帰って来て、鍵開けて入って照明付けて… フローリングの居間。その真ん中に… トマトがひとつ。 …またかよ。 って事が、仕事に行って帰ってくると、トマトがひとつ、ってのが続いた、2週間。俺が休みの日はトマトも休み、らしい。イチニチ部屋を空けててもトマトはない。だから、昨日の休日に家電量販店で自分で設置できる監視カメラを買って来て家の中に付けたのさ、マッタク、いちばん安いのにしたけどエライ散財だよ。 で映ってたのが… 別れた、離婚した奥さん! 玄関の方からやって来るけど、鍵を開けた? 居間の真ん中に持っていたトマトを置く、あああ! アイツがやりそうなイヤガラセ… う! カメラに気付いたのか手を振ってやがる! カメラにドンドン近づいて… 顔が、どアップ! 思わずのけぞる俺。そんなはずはない、そんなはずはないそんなハズは… 月曜日の深夜、明日の朝までには戻れるか? でも確かめずにはいられない。近郊の山稜地帯、あの場所。車の鍵と免許証を持って家を出る。シャベルは車に積んだままだし。さあ急いで、元妻が眠っているハズのあの… 20171017-2

欄間

 夏休み… じいちゃんとこに行った。田舎でする事が無い。いや、最初はその田舎が珍しくて田んぼに行ったり、畑に行ったり、田んぼに行ったり、畑に行ったり、田んぼに… ああ、一週間で飽きてしまいました。そんなある日、縁側で昼寝してた。良い天気で庭はオヒサマに照らされてまぶしい。あんましまぶしいんで、和室の方を向くと、ああ、じいちゃん家はデカい、昔話の庄屋さんみたいな? 大きなカヤブキの家だったんだ、ムカシだからね。で、縁側の次に和室があってその向こうにも和室があって、間には襖があって… 襖は左右に開かれていて… 鴨居の上は欄間なんだけど、自然木が横長にハマってる、そんな感じの欄間なんだけど… 真ん中の欄間のスキマから頭の薄いじいさんがこっちを覗いてる、んだ。ああ、家のじいちゃんじゃない、どっかのダレカが、向こうの部屋から… ! でも襖は開いてる、向こうの部屋には誰もいない、何もない。欄間のスキマから覗くじいさんの、見知らぬじいさんの顔、だけが。ああ、だから田舎はイヤなんだ… 小学3年生の夏。20171013

失うモノの大きさを知る…

 オレオレ詐欺、今は何て名称なのか知らない。特殊詐欺? 振り込め詐欺? まあどうでもいいや、あの高齢者の所に電話かけてきて家族に成りすまして現金やカードを奪取するあの詐欺。決定的な防止方法を考えた。コレなら完全! 絶対安全! 高齢者は電話に出てはダメ! 電話に出ない、これで確実。え? 電話って出るために設置してるんでしょ? って、違います。ソコが間違いの元。電話はイザという時かけるためにあるのです。かかって来たからって出る義理は無い。私は学生の時テレビ見てて電話に出なかったんで親にスゴク怒られたけど、もう時代が違う、立場が違う、社会が違う。出なくても誰もあなたを責めません、って。それに必要があるなら何度でもかけて来るって、相手は。出なくていいんだよ、電話なんて。 …あう、家が蕎麦屋とかピザ屋だったらそうもいかないだろうけどね。でも高齢者は出なくていいんだよ、電話。そんで、アナタが独り暮らしなら、なおさらかけてくる人はイナイでしょ? かけてくる様なヒトがいれば登録して「あ! コンドーちゃんだ!」ってわかる様にしとけばよろし。で、もし、万が一、最悪、間違って、知らない未登録の人からの電話で受話器を取ってしまったら… こう言うんだ「あぁあ、あぅああぁあ… こ、ここは、寒い。さ寒いよおぉおお、な、ナニも見えなあぁあいいぃい、く、く、く暗あぃ… クライよほぉほほほほ… う! ああう、すまなんだぁ、すまなんだああ、すぅまなんんだぁあああ… も、もぉしない、しないからぁあ… ゆ、ゆぅるぅしてぇえええぇ…」情感込めてユックリとでも一気にしゃべったら相手の話なんか聞かないですぐ受話器を置くのさ、フックの上にね。20171012-2

ラーメン大好き =けどみんなが好きとは限らない=

 青いパジャマを新調したんだが、胸の所にポケットが付いてるのさ。アハハ! 寝る時に何持ってベッドに入るのかなぁ? …あ! ひょっとして避妊具ぅ~! なんて独りではしゃいでふざけてたんだけど… あれさあ、 …パジャマって健康で自宅で寝る時に使うダケとは限らないんだよね。入院してて、チョット売店に雑誌でも買いに、小銭入れを持って、って時にポケットは役に立つ。そーゆー風に着てる人だって絶対いる。 …自分が中心、自分の状態が大多数、自分だけが正しくて、他の状況の人の事なんか知らな~い、わかんなぁ~い、そーゆー事は専門の人にお任せして後でゆっくり慎重に然るべき対応を… なんて言う人はいかに小さな人か、責任者として向かない人か。他者の痛みを知る、それがどれだけ大切な事か… だから俺は管理職にはなれなかったんだけど、 …ああ、別にコイケさん、あなたの事をとやかく言うつもりは… ああ、ダイイチ昔の話です。20170903-3

蜘蛛男

 今も昔も繁華街のビルは狭いトコにギュウギュウ詰めで建っている。そこは何と… 80センチくらいしかなかった、ビルとビルの間が。で、ガキだったオレがなんでそんな事したのか、未だにわからないんだけど、両手両足を突っ張って登り始めちゃったのさ! 昼下がりの某地方都市の繁華街。 ホラ、テレビとかで体育会系番組? ニュースポーツ? スパイダーウォークとかいって、壁の間を登る、あの要領で。 ホイサカサッサ、ホイサカサッサ…  家の廊下でした事はあった。天井につかえてオシマイ、だったんだけど、この時はどこまでもどこまでもドコマデモ… ランナーズハイ、じゃないけど、ナニが楽しかった、とかの記憶は無いけど。 で、「ふ~、くたびれちゃった、ちょっとヒトヤスミ」と、下を見たら、パパパパぱパニック! ビルの3階くらいの高さまで登ってきちゃって、登ってはこれたけど、下り方は… そんで固まってたのを通りがかりのおっさんが見つけてくれて。後ろからヒョイッと抱きかかえてくれて下ろしてくれた。 ?だよね。 子供の感覚だったけど確かにビルの3階くらいの… だって窓の数が… でもおっさんは「あ~あ。マッタク…」とかブツブツ言いながらヒョイッと… オレがガキで、高さを見誤った? 実際は2メートルくらいの高さだった? おっさんもスパイダーウォークで登って来てくれた?  …わからない。でも、俺のイメージでは手足が異様に長い、2メートルくらいの長さの手足のおっさんが… おっさんが後ろからオレの脇の下に両手を差し込んで、抱きかかえて… そのイメージだけが今も鮮明に残っているんだけど… はは、ありえない、 …よね? …だよね~ 20171011++

王様とあたし

 王様は死にたくなかった。死ぬのが怖かった。そこでお抱えの魔法使いに相談した。魔法使いは答えた。不老不死、ってのは無理です。いつか死にます。でも、クローン・コピーなら今現在の魔法技術で理論上永遠に存在できます。「じゃそれやってくれ!」「はい。アブラ過多ブラ、できあがりぃ~!」王様の目の前に王様がいた。魔法使いが言った。「これが新しい王様です。記憶も性格も全く一緒、同じ。でも、マッサラサラの新品! この王様がくたびれてきたら、またクローン・コピーで新しい王様を作ります。こうして王様はいつもいつも新品で元気で若々しい! バンザイ王様!」最後の「バンザイ!」は新しい王様も声をそろえた。 …けれど、王様オリジナルは釈然としない。「で、私は? 私はどうなるの?」 魔法使いは驚いた「え? 王様を永遠不滅にしろって事ですよね? だから、ホラ、王様は永遠不滅」新しい王様を指し示す。 王様オリジナルも驚いた。「その王様はいいけど… 私は? このボンジョール3世のわ・た・し・は?」 魔法使いはこまった。こっちの王様もそのボンジョール3世なんだけど… そうか、クローン・コピーの呪文に、コピー作成と同時にオリジナルの消去をプログラムしなくちゃならないのか… でもそうすると、マンガイチにコピーに失敗したら元データが無くなっちゃう。pauseかまして第5空間に格納する? いやいやいや… そうすると…  「おい! 私はどうなるのだ!」 王様オリジナルが怒りだす。王様セカンドはこの状況をなんとかすべく、自身にかけられたクローン・コピーの呪文をコピーし走らせて… 「は~い! 王様誕生! バンザイ!」 王様サードが誕生し、さらに状況はややこしくなったので、王様セカンドと、王様サードは、自身にかけられているクローン・コピーの呪文をコピー… こうして、王様による王様のための王様による政治が… 問題の本質は何も解決されないまま物語は終わる。 おお! 現実的? 現実と同じ! か? …そんなこたぁないだろう。20171011+

品格の問題

 ウンコってオシリから …ゴメン、今回のお話は少し… 受け取る人によってはとても下品な内容です。あらかじめお断りしておきます。こんなブログを書く私はその品格を疑われても仕方ない、と皆さんはお思いでしょうか? まあ、上品な人間と思ってはいません。けど、下品だとも思ってなくて、ただただ物事を考えるのが好きなんで、不意に「排便時の姿勢って無防備だよね、理想的な形態は…」と思い付くともう止まらない、思考が暴走して妄想が… あああ、ハナシが始まらないっ!
 で、ウンコってオシリから出るけど、これが指先から、例えば人差し指から出るのだとしたら… あ! ちょっと眉をしかめた人もいるかもしれませんが、緊急時、ってか場合によっては便利、だよね。パンツ下ろさなくても排便が可能。ああ、マナーの問題はあるけれども、イイコトだってありそう、だよね。 …でも、ボケッ~としてハナクソほじってたらオナラが出て「クゥサァ!」なんて事もあって、だってダイレクト、直結、人生油断できないな、なんて… ああ、全て仮定のお話、はアタリマエ… なんですけど。そう、ホント当たり前ですけど… あう~ やっぱ下品? 20170929-2

ドンブリと山猫

 電車やバスの優先席に座って、で優先すべき人が来ても譲らない人がいる、ってんだけどさあ、優先席の表示の下にこんな風に書いたらどうでしょう?  「この席は優先席です。高齢者、障害者、傷病者、妊婦、乳幼児連れの方、その他この席を必要とされる方にお譲りください。ただし、誠に残念ながらこの席に座っている健常者でも、いちばんバカで、メチャクチャで、まるでなっていないような人には、譲っていただかなくても結構です。」 …きみ、イーハトーブのドングリかぁ? いや、これでも譲らない、ドングリ以下の人間が、たぶん、存在するんだろうなあ、と思う。 …哀しい。 あ、心が不自由な方、なのか? 20171004-2

【追記】もちろん若い健常者でも体調が悪い、って人はいるでしょうけど、その人は表示の”傷病者”に該当します。もちろん、当たり前の話ですが。

忘却の荒野

 新しい物忘れ防止薬。「ああ、人の名前や単語が出てこないっ!」 そんな症状に、おススメです! 記憶機能を活性化、するわけじゃありません。“人の名前や単語”が出てこない事を完全に忘れさせてくれる薬です。忘却の苦痛や不安からあなたを救います。って薬はどうかしら。CMのBGMは、♪逢う時には いっつでも 他人の二人「他人の関係」 …なんちて。20170922+

支社の帝国

 ボランティアって… すごいよね。良いよね。 …正しい、よね。 ウチの市さ、市長がボランティアになったんだ。ああ、市長がボランティアをしてるんじゃないよ、ボランティアが市長をやるんだ。立候補した時に、いっさい御給料は頂きません、って公約を掲げて当選したんだ。だから当然、市制大改革! 置換できる業務は全てボランティアに置き換えられた。窓口業務や公民館・児童センター・図書館の職員とか。経費で一番掛かるのは人件費だからどんどんクビにして… ってのは、公務員だから出来ない。けど定年退職した人員を補充しない、それで十分人員削減になる。時間はかかるけど、職員数はどんどん減り、今や正規職員数は以前の3分の1、やったね! 行革は大成功! かと思ったんだけど、ボランティアの人達って高齢者が多かったんだよね。年金もらって経済的に余裕のある人達が、ま、言っちゃ悪いが遊び半分で楽しくお仕事して遣り甲斐・生き甲斐・暇つぶし出来れば、って感じだったんだ。だけど、そーゆー人達が少なくなって来て… 病気や怪我で働けなくなってきたり、お亡くなりになったり… そんで、トツゼン市制が成り立たなくなっちゃったんだ。職員が13人になっちゃうんだ。後3年で。だから今度、市の全ての仕事が某業者に丸投げされる事になったんだ。たださあ、ちょっと気分悪いのはそこの丸投げ先の社長がウチの市長だったんだ。 …おれたちバカ? ハメられた? 20171003-2

コネクト ―ガ○ダムと仏像の相関性に関する考察―

 昔、某湾岸地に某アニメに登場する巨大ロボットの実物大 ―設定通りの大きさ― が作られた。私もそのアニメ好きだったんで見に行った。けっこうな人出で、ああ、皆フアンなのかな? なんて思いながら写真撮ったりしてたんだけど… そんな人達の中に1人“おばあちゃん”って感じの女性がいた。見物人の内訳は子連れの家族、若い人、ムカシの若い人、って感じで、いかにも“おばあちゃん” しかも和服、の人は珍しいというか、違和感、場違い感マックスだった。いや、見に来ちゃいけない、なんて言うつもりはない。ただその“おばあちゃん”がロボットを見上げたあと両手を合わせて拝んだ! あああ! その時わかったんだ。コレ、世にある大仏像とか巨大仏、巨大人型建造物とオンナジなんだ。フアンと信者もオンナジなんだ。仏像の光背とか、空也上人立像の口から出てる仏様とかも、今のフィギュアのエフェクトと同じ! ああ、全てはつながっているんだぁ… だから何なの? と言われると次の言葉は無いんだけどね。それだけ。20171007

策士の錯視

 男はバカだって証拠。
 先日某コーヒーチェーン店のカフェテラスで聞いた。聞くとはなしに聞こえてしまった… 高校生? くらいのカップル。「 …だから、オレ、美人を前にするとナニモ言えなくなっちゃうんだ…」聞いてる彼女の様子は、複雑な表情… 多分『そんなにスラスラ話せるって… 私は美人じゃない、って事? ああ、そう!』って感じ。
 でも話してる男の子は『 …だからホントはもっともっとスラスラと、カッコヨク話せるんだけれど、こんな程度なんだ、オレ、ホントはもっと!』って感じを出したい、らしい、のがわかる。でも、彼女の表情を見てない、自分の戦略に必死で…
 だ・か・ら… 世の女性達、女の子、オネガイだから、もう一度、冷静に、再度確認して。『コイツ、私をどう思ってんの? 女性として見てない? それとも…』 男はバカ、策士策に溺れるバカなんだから、もう一度。もう一度だけ… チャンスを… 20171005-2+

もしもあなたが…

 たとえば、「愚かな旧人類なんか、根絶やしにすべきだ! ぐわはははは!」と主張していた男が両親から「お前はその旧人類だよ。 だからほら私達の心が読めないだろ? テレパシー能力ないから。私達、新人類だけど子供が出来なかったから、ナグサミモノにするため、旧人類の町から誘拐してきたんだよ、オマエを」と告白されたらどうするんだろ? 「ああ、オモシロかった。オマエ自意識過剰! アハハ! でも、もういいよ、飽きちゃったから、出てってこの家から」なんて言われたら… またいつもの妄想? でも、ありそうだぞ、と考えちゃうのは… 「障害者は皆死ねばいい!」って主張する人が実は障害者だった… 感情移入能力障害とか共感能力障害とか、そんないろいろな意味でね。と、そんな事がもし明らかになったら、公的機関から認定されちゃったら、その障害者は死ねばいいと主張した障害者 ―になった、なってしまった― 人は… どうするんだろう? 自身の主張に沿って自殺しちゃうのかな? 考えを改めるのかな? で、その信念を変える時、心が傷付くのかな?  …まあ、自殺しないで、もうチョットじっくり考えられるのなら考えてみるべきだよね。アナタの望む世界に、あなたは生存できるのか? 出来るとしても、アナタはそれを望むのか? 他のアナタと同じ主張の人はそれを許すと思うのか? アナタ本当はナニが言いたかったのか? そう、ソレがホントのトコ、聞きたい事、アンタは本当のところ、ナニが言いたかったの? 20170920-3

朝の挨拶

「おはようございます」 え? は、ああ、おはようございます、と会釈する、知らない人に。朝、家を出て駅に向かう途中の事。10年近くこの道を通って出勤してるけど、朝の挨拶なんてした事なかったよなあ、すれちがう人と。「おはようございます」 あ、おはようございます、とそのまんま返す、登校する中学生に。 …この町内では“朝の挨拶運動週間”とかナンカなのか? 市の広報になんか載ってるか?  …ググって見ても何もでない。それから駅に着くまでの13分間であと6人と挨拶を交わした。 「おはようございます」 7人。
 翌朝「おはようごぜいます」 あ、おはようございます、と自宅前 ―だと思うんだけど― 路上を清掃するおじいさんに挨拶を返したら「おはようご[]います!」と再度返されてしまった… はぁ、おはようごぜいます… じいさんニッコリ。 ? それから駅に着くまでの9人全員が「おはようごぜいます」 なんなんだ? 昔あった“ドッキリ”か? いやいやいや、古い。
 で、次の朝は「おひようございます」 その次は「おはゆうございます」 そして「おらよふございます」 そして…
 ってのが始まったのが1年前、メンドクサイから家を出る時間を30分繰り上げた。駅までの道で出会う人は減ったがそれでも2~3人は、いる。今朝も小型愛玩犬を連れたおばあさんが「おげびぢゆとうさぶ」 おげびぢゆとうさぶ、挨拶? を返し、しっかり覚えて、すれちがった後メモして小声で繰り返す。おげびぢゆとうさぶ、おげびぢゆとうさぶ、おげびぢゆとうさぶ。前から走って来る全身ピンクのおばさんジョガーも「おげびぢゆとうさぶ」 笑顔で返す、おげびぢゆとうさぶ。 ああ、いつまで続くんだ? オチは無いのか? おげびぢゆとうさぶ。20170927+

自動水栓

 最近は小汚い駅のトイレでも手洗いは自動水栓になっている。あの、ほら、手をさし出すと自動的に水が出るアレ、だよ。あははあ、世の中は便利になったなあ、なんて思ってると家の、トイレの手洗いで蛇口を閉め忘れたりして、水がいつまでもドバドバ出てて、なんじゃこりゃあ! なんて事も、あったんだけど、まあ便利になるのはいいことだ、と思ってたんだよ、しばらく前までは。 …でもね、某ホテルのヒトケの無い地下のトイレで割と大きな蛇口の下に手をさし出した時、 …ベロンとピンク色の舌が出て指先をナメられたのさ。以外に熱い感触の、蛇口から出た、ピンクの舌! あああ! あれから、自動水栓の洗面所で少し、 …いやとても緊張する。20170928-2

ヌルメイス

 見た。 “黒いエビフライ” 尻尾の足でチョコチョコ歩くの。あ、つまりエビフライだとするとエビのシッポが下で足になってて… お願い! 理解して! 身長は1メートル… 20くらい。残業終わって帰る時、いつも近道する神社の境内で… オレを見ると ―眼がどこにあるのか、そもそも眼があるのかは不明― 今夜は、スキップ? して雑木林の中に消えてった。アレは、ナニ? 生き物? 妖怪? う、宇宙人? 遭遇はこれで3度目。なんなんだ、地球に何が起きているのだ! もちろん! ググってみても、新聞テレビ週刊誌にもナニモ出てこない、アレ…
 で、今日、日曜日。洗濯を終えたので、昼飯前にアノ神社に行ってみる。昼間だからアレはいないだろうけど、なんかその正体のテガカリでも、と思って。 …だれもいない。近所のジイサンが日向ぼっことか、子供が遊んでるとか思ったんだけど… 誰もいない、不自然に。 ガサリ、と音がして振り向くと雑木林からアレが… ひひひ、昼間から!? 直立する“黒いエビフライ” の後ろから2本目の“黒いエビフライ”! こちらは身長1メートル50、くらい? 『おとうちゃん!』頭に[台詞?]が置かれる? 『あなた、捜したのよ! 無事でよかった』 ??? 『ああ、カムフラージュが外れないのね。大丈夫、[ヌルメイス]に帰れば治るから』 カムフ…? ぬる? 帰る? ナンなんだこの言葉? うう、オマケに、さっきから逃げようとしているんだけど、動けない。2本の“黒エビフライ”が近寄ってくる。ああ、怖い怖い怖いっ! だが、アイツ等が言ってる事… オレも“エビフライ”なのか、だとしたら、だとしたらこの恐怖を感じて逃げようとするオレは何なんだ! 7年前都内の3流大学を卒業しヤットコサットコ3流企業に就職したオレはナンなんだァァ! …2本の“エビフライ”に挟まれたオレの視界が狭くなる。これ、ブラックアウト? 失神ってヤツなのか? あああ、オレどうなる! どおなる! どうなる? お? う? …どっちだったっけ? あああああ! ドッチだっていい! …さっさと意識を失いたいっ! 最後はそう思っ 20171002+

コワノミナ

 昔、心霊スポットだとか騒がれてた山の上の建築物。確かに撮影機材に不調が続出してモニタ画面に映された画像が流れ出すような異常がホントに起きて、あああ! これはホントの怪奇現象! …ジャナカッタのよ。北方の某国で被爆した建築資材を輸入して使ったらしくて、つまりは高レベル放射性物質が大量に付着… とか廃棄物そのモノ… とかウニャウニャで、 …んで、それからテレビの怖い話ではこの建築物の事、扱わなくなったんだけど… コレって、怖い話、だよね? ホントの。でもTV番組では使われなくなった… コレも、コワい話、だよね、俺はそう思う。ああ、 …ホントにコワいモノって、ホントに存在するんだね。20170929-2+

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR