FC2ブログ

存在証明

 トイレで個室に入っていると「コンコン」とノックの音が。ふざけて「どうぞ、誰もいませんよ」と言うと、ドアを開けて入る。あ~ ホントだ。誰もいないや。 …え? じゃ、誰が応えたの? 「誰もいませんよ」って。 顔を上げると開いたドアの外には誰もいない。あれ、じゃ、誰がドアをノックしたんだ? 「コンコン」って確かに… 個室の中にも外にも誰もいないで、どうしてこの話は起こり得るのだ? と、書いた人間が疑問を提示したとしても、誰も読まなければ、読んだ反応を知る由も無ければ、何処に誰がいるどころかこの駄文の存在さえもが… 本当に存在したのか? …作者だって。20180728+
スポンサーサイト



再生

 昔、確か小学校の3年生の頃。妹と留守番していた。父親は仕事で、専業主婦だった母親も何かの用事で朝早く家を出た。何の用事だったのか、今も知らない。2人だけの兄妹で留守番。学校から帰って来ると家の前に1年生の妹が待っていて、隠し場所から鍵を出して玄関を開けた。
 用意されていたおやつを食べて、最初はそれでも仲よく遊んでいたけど、そのうち何が原因だか忘れたけどケンカになって妹を突き飛ばした。ゴツ、鈍い音がして妹は柱に後頭部をぶつけてズルズルと腰を落とし、足を投げ出したまま柱に寄りかかった姿勢で首だけが左に傾いていた。フン! わざとらしい! 前々から妹はそーゆー演技をするのだ。そう思って家を飛び出し、外へ遊びに行ってしまった。
 帰って来たのは薄暗くなってからで、家には鍵が掛っていた。鍵はイツモの所にあって玄関を開けて入って、妹と遊んでた部屋を見ても妹はいなかった。オシッコの臭いがした。柱の前のタタミにシミが出来ていた。台所に行くとテーブルに菓子パンと牛乳が置いてあって手紙も、「おにいちゃんへ みんなおそくなります。これをたべて 9じになったら はをみがいて ねてください。 母」付いていた。母親の字だった。
 それから… 次の日の朝。目を覚ますと、両親は家にいた。妹は、1週間後、学校から帰ると家にいた。退院してきた、と母親が言った。 その時、「コイツは妹じゃない!」大騒ぎして暴れ出したのが… 記憶にない。でも事あるごとに言われ、からかわれた。「あの時、お兄ちゃんはタイヘンだった」 覚えてない。「あれから熱出して、でもお兄ちゃんは3日の入院で済んだのよね」 知らない。 ああ、あれから何十年も経ち、学生時代が終わり就職し母親が死に父親も看取り定年を迎え歳を取り、なぜ今頃こんな事を思い出したのかと言うと…
 病院のベッドの上に横たわり白い天井を見ている。腕には各種チューブとセンサーが取り付けられ酸素マスク、導尿バルンなどなどなど… すっかり歳を取った妹? の声が聞こえる。「大丈夫。怖くはないわ。 …私は知っている。 お兄ちゃんだって… 」20180716-2

むこう

…ぬとどうなるの? サイゴのときは? オワリのときはどうなるの? か。
…わかった、わかったよ。
ココロもカラダも、ほぐれていくよ。とけていくよ。まざっていくよ、このセカイと。
…そして、どうなるの?
あ、ああ。
みんな、みんな。
…うたうの、おどるの。みんないっしょ。
とけてほどけてまざってみんなとうたうのおどるのまわるの。
みんなとうたって、セカイとおどって、ウチュウとまわるの。
たのしい、たのしいの。
くるしかった、こわかった、さびしかった… 
けど、それはもう、サイゴ。オワリ。オシマイ。
みんな、ほぐれて、ほどけて、とけて、まざって、うたうの、おどるの、まわるの!
まわるの、まわるの、まわっているの!
たのしい… 20180728-3

横たわる女

 小学5年生の時、夢を見た。古い農家の納屋の様な所、雑多なワケのわからないモノが所狭しと置かれた狭い場所に女が寝ている、いや倒れている。背が高い、太い、太い、太い女。顔は見えない。自身の白いやはり太い腕で隠されている。服は… 着ていない。太い、太い、太い女。胸元の大きいホクロ。女だとわかるのはその身体の曲線から… なぜかその横たわる曲線から目が離せなくて… あぅ…  目が覚めた時、ああ、5年生にもなってネションベンしちゃったぁ、スゴク情ない気分で、パンツを換えて、濡れたパンツはこっそりと洗濯籠の奥に押し込んで… そして、ああ、アト2時間は寝られる… と、時計を見てまた布団にもぐり込んだ。後で考えればまだ半分寝ていた。そしてそれがネションベンじゃないと知ったのは、中学2年の夏だったんだから、オクテと言うよりバカだったんだと言われても仕方がない。親にはバレてたよな、絶対、いやホント。
 で… ああ、バカだったな、とホントに思う。今もバカだけど。 些細な口論から激高し殺してしまった女をこうして茫然とながめている。 ! あの時の夢が、1回しか見なかったが決して忘れた事のないあの夢、事あるごとに思い返し、アレは何だったんだと考え続けたあの… ビジョンが浮かぶ。納屋じゃなかった… ここゴミ屋敷寸前の小汚いこの俺の部屋、そしてあの時見えなかった顔、腕で隠して決して見えなかった顔、今も見えない顔、も今は解る、この、この顔、今横たわるコイツの、潰す前のこの女の顔、に違いない。だって、胸元の大きいホクロ。 …あの時から、決まっていた? 20180119-4

僥倖

 世界各地で巨大な木造船の残骸が発見される。その中からは様々な生物の遺骸が発見される。額に鋭い1本角のある馬、翼のある巨大な蜥蜴、人頭の牛、翼のはえた人間、口のあるキノコ… そのほか見た事もない様々な生物の遺骸。みんな、みんな今この世界にはいない生き物達。神様があの洪水で助けたかったのは… もっと多くの、色々な、様々な… 神様は… でも、多くの命は… ノアは、ノアだけがたまたま幸運にも… それが今の世界。神様も決して万能ではなかったのだ… ノイもノウもノエもノオも、その集めた動物達も助からなかったのだ。20180717-3+

バカの話

 生産性が無い、と言われたんで駄文を書き散らしてる俺の事かと思ったが、違った。政敵少数者を悪く言いたかったらしい。 …ふぅ~ん、で、その人の生産性は? その子供達の生産性は? その孫達の生産性は? これからだって決してそーゆー事はない、のね? そう言い放った政治家は? それに子供を産む生産性で行ったら男は誰一人産まないぞ、産ませる事が出来る? フフン、で何人産ませたの? それをまた自慢するのかいな? 尻馬に乗るってこういう事? ま、それは置いといて、 …ナント想像力の無い人なんだろう。将来「いやあ、おばあちゃんが、あの時あんな事言って… 私ショウジキ死のうと思ったの。 アハハ、死ななかったけどね」なんて事は無いっ! と思ってるんだろうか?
 自慢じゃないが、ホントに自慢じゃないが、俺の妹は、娘が「会ってほしい人がいるの」と言った時、この国の人か外国人かなんて聞かなかった。 「ふ~ん、で、相手は男? 女?」ま、そー聞く何かがあったんだろうね、母娘で。 俺は妹が結婚する時、ダンナになった人に「返品はNG」と言った。妹はかなり扱い辛い人間だと思ってたから私は。その人は笑ってた。返品は無かった。 今、いい夫婦になったなあ、と思う。生産性とは… こんな4人子供のいる妹の… と書こうとして、そーゆー話じゃないんだよな、妹の子供の数は問題じゃない、と思い直した。ああ、兄は何時まで経ってもバカのまま。 …あ、政敵少数者はワザトだからね。ソコまでバカじゃない。20180726+

並行世界

 時々俺はみんなと違う時空間を生きてる。そんな気がする。ムカシ子供の頃、「ウルトラマン」の「故郷は地球」(23話)を見ていて、おお、スゴイ、考えさせられて、ジャミラが可哀想で、感動して、特にラスト、イデ隊員の吐き捨てる様な、絞り出す様な「墓碑銘だけは、美しい」 と、言ってなかった? 俺確かにそう言ってた、と記憶してたんだけど… 今調べると「為政者はいつもこうだ。文句だけは美しいけれど」と言うのが記録されてる。DVDも見たらそー言ってた。「文句だけは…」と。 絶対ラストの台詞としては「墓碑銘…」の方がカッコイイと思うんだけど、ムカシテレビで見た時は確かにそう言って… 思い違い、記憶の錯誤? それとも… 俺は違う世界から… 20180716-2

あぬでとら東京

 店でオリンピック・パラリンピック関連のコーナーを作れって上からの命令、業務命令が出たのさ。で、あんなのこんなの考えて、新設コーナーのラフスケッチ出したら、五輪のマーク、あの5つのワッカが鎖の様になってるヤツはNG 権利関係で使っちゃダメ。じゃ、あの市松模様のエンブレムは? もちろんNG 知的財産権がウンタラカンタラ… 当然アニメのキャラみたいな2人のマスコットもダメ! ナニをどうせいっちゅーねん! 何も出来んやん! あ! ウチの会社の社章、丸っぽいから色変えて5つ並べて… これは総務の方からNG 社章の色は規定されてるから勝手に変更して使用することは禁じられています… マジ? でも業務命令だから当たり障りのない、法令順守のモノを作って、したら、地味だ目立たない、売り上げが芳しくない、ナントカしろ… 両腕縛っといて働け、か? 昔なら縛りがあるホド燃えたけど、今はもうそんな気分じゃない。この会社も終わりだな、と思ったりもしたけど、俺に他の食い扶持を捜す才覚も無し。だから毎日祈ってます。年金受給が始まるまでドウカ潰れないで… あ! 「おめでとう東京」もNG オリンピックをイメージさせるから、だって。 …なんだか。20180722+

ココじゃない

 京都伏見の稲荷大社? あの鳥居がいくつもいくつもいくつもいくつも繋がってトンネルの様になっている… アレ。あれだってそんなに大きな鳥居ではなかったけど、これはまたモット小さい。休日の午後、昼食を取った後、腹ごなしに散歩に出て家の近所をフラフラフラとしていたら… こんな所に? あるんだよ、鳥居のトンネル。 人1人がようやっと、向こうから人が来たら肩をずらせてすれ違い、江戸しぐさの肩引き? あれでないとすれ違えない、そんな稲荷神社? なぁ~んかアヤシゲ、とは思ったけど、先がクネッと右に曲がっていて見通しがきかない朱色のトンネルに、足を踏み入れてしまった。そしたら、行けども行けども行けども行けども行けども… 先が見えない。先がクネッと左に曲がっていて見通しがきかない朱色のトンネル。 でも、鳥居のスキマから、びっしりと並ぶ鳥居にも隙間があってその隙間から… え! 見える空は紫色で、鮮やかなムラサキイロでシルエットの黒い影、巨人の影がちらりと。これはヤバい、すぐそう直感して踵を返すが… 歩いても歩いても歩いても入口、入ったところには、走っても走っても走っても走っても… 出口が無いっ! 「 …空間が閉じた?」 昔読んだSFの台詞が甦る。けど、瞬間、ある鳥居の隙間から私の世界の空が見え、た気がして、それを信じ、鳥居と鳥居の間に強引に頭をねじ込み頭を肩を押し込み、そして。
「お帰りなさい。どこ行ってたの?」妻、だと思う者が声をかけてくる。向こうは私を夫だと正しく、正しく? 認識している、様なのが不思議。町や家はほぼ、ほぼ同じだったけど… 私のいた世界とほぼ同じ世界、でも、ナニかドコか、いやナニモカモが、違う。全体にドギツイ色が溢れる世界。あの日の空は私の世界と同じ、に見えたのに。錆色のオレンジ色の空… だから、今日もあの鳥居のトンネルを捜す。妻が、妻だと思う者が、笑顔、だと思う表情を、たぶんかなり無理をして作って「あ、行ってらっしゃい。 …気を付けて」  …帰りたい、元の世界。セピア色の落ち着いた世界。ドギツイ青色の空の下でホントの妻の声が、最後に聞いた声が心の中で繰り返す。「いいいってらぅぁああしゃあぁあい。 …きぃいぃいぉをつぅうけけぇてぇ」20180716-2

 雨がやまない。もう3日も。今までこんな事はなかった。雨は降らなくても困るが、振り過ぎるのも困る。「心配するな、止まない雨などない」親父が笑いながら言う。昼間っから酒を飲んでいる。良い身分だな、マッタク。ここしばらく仕事が順調だったから、な。仕方ないか。気晴らしも大切。 陶製のタンブラーから手を離さずに親父は続ける。「オイ、知ってるか? 隣村にデカい避難所が出来たの」何のハナシだ? 「大雨に供えた避難所なんだってよ。どっかのアホが私財を投じて作ったんだって、笑っちゃうよな。この辺りで、大雨」アハハと笑い酒をあおる。しかし、これだけ雨が続くなら… 不安は大きくなるが、親父の、止まない雨はない、という言葉も信じたい。 「そんで、ソイツ。作った避難所に入れてんのが… 」ガハハとまた大笑いし続ける。 「ソイツ、なんと言ったっけかな? 避難所を作ったアホ。 確か… ノア?」20180717-2

「なんちた?」

 ね チュウしょう? ねっ、チュウしょぉお❤ ねえぇええ… チュウしよぉおおお… ねええぇええっ、チュウウウウウウしよおおおうおおうょ❤ ねええっええチュウしょおおおおおおおおお❤ ねえぇえチュウゥしょおおおお、ってば。 ねぇっチュウしょおお、ったら。 ねぇっチュウしょおお。 ねぇっチュウしょう。 ねっちゅうしょう。 熱中症…   ほぁ  …だと思った。  …だと思っていた、よ。 最初からそうじゃないかと思っていました!  …チクショウ、脳が溶けてる。この暑さで… ああ、溶ぉけててええええいるウウウウ、溶けてる、ウキャキャ! ねっチュウしょう? うふゅふゅふゅ… ふ。20180718-2

伝説

 昔、大学生の時聞いた話。友達の先輩が自主製作の映画を撮っていて何のツテかコネかあの石坂浩二さんが出てくれたんだって。 で、どっか、酒場的な室内? で撮影してた時、まだカメラ(当時だから8ミリか16ミリ?)は回って無くて、でもカメラさんが自分にカメラを向けてファインダーを覗いてるのを見た石坂浩二さんが、人差し指で大きく四角を描いたんだって空中に。みんなそれ見て何してんだろう? と思ったんだけど、カメラさんだけは驚いた。石坂浩二さんの指先は正確にファインダーの枠をなぞってたんだとさ。後で、役者はどんな風に写ってるかチャント意識してないとね、と言ったとか言わなかったとか… う~ん、だけど… ズームとかは? 台本どころか絵コンテまで読み込んでいたのか? ホントか? なんて疑ってしまうけど、最終的になんか、あの石坂浩二さんなら… ありえる? どっちに転んでもすごい! と思ってしまいました、私は。20180719-2

愚かな神様

 そこは先住少数民族の恐れる不思議な場所。そこにモノを置いてきてはならない。忘れてきてはならない。捨ててきてもならない。そこに住む愚かな神様の貢ぎ物になってしまうから。愚かではあるが律儀なその神様は、モノを置いてきた人を真夜中に訪ねる。そして「おまエのみっつのネがいをかナエてやロう」と告げるのだ。今までいかに多くの人がこの神様に願いをかなえてもらったか、あまりに多過ぎて… 
 けど、今まで多くの願いを、様々な色々な多彩な願いをかなえた神様だったけど、最近少し不思議に思う事がある。 …なぜ? みんな、だれもが、それぞれ必死に考えたであろう違った願いをするのに、そしてそれを私はかなえてあげるのに、最後のラストの三つめは必ず… なぜ、オノレの「安らかな死」を願うのだろうか? 1人残らず。 どうして? 20180715-2

わたし

 私は小学生の3年の時もワタシだったけど、私は小学3年生の私と同じじゃない。でもまったく違う、とも言えない。私は私だけど変化した、ワケだ。私は変化する。じゃどこまでOK? 朝起きたら鬱病になってた私は、その時、ワタシ本来の私じゃないけど私だ。治療すれば本来のワタシにもどれる可能性があるから私はワタシ? え? 表記としてワタシは私? でも、治療の甲斐なく、どよ~んとした雰囲気のまま精神が安定してしまったらそれも私? それは変化として許容すべき私なのだろうか? あくまで認められない許されざる私、それでも、それは新たな認めるべき私なのだろうか? となると、昔の本来あるべき私は死んでしまった? でもワタシが認める事の出来無い私、も私なのか? まあ、法的には私はワタシ、だよね。しかし、どう考えたらいいんだろう? 
 もう1例。風邪をひいて「ううう。シンドい。何もする気にならない。気持ち悪い。ドヨ~ン、殺して…」なんて言う私はワタシなのか? そんで風邪が治って「さあ! 仕事するぞぉ!」って私になったなら「殺して」って私は死んだの? わかんない。わかるのは私は「これこれこーゆーモノ」と固定されてない、って事だ。私は「何だかわかんないけど、いろいろ変化する、でもワタシなモノ」なんじゃそりゃ? 草原を吹く風がワタシじゃない、風で動く草花もワタシじゃない。風に吹かれて動き方が変わる、動きは変わっても草花は草花。その動き、草花の動きがワタシ? 草花自体は私の肉体でしか、ない? けどそのワタシにしても、それを意識するワタシ(思考のループ?)、と見てる知覚してくれる他者がいなければ、ヒトたりえない? ? あうあ、わかんなくなってきちゃった… 20160620-7

捨離

 この国には姥捨ての話がある。年寄りは役に立たないから山に捨てろと、殿様が「お触れ」を出す。でも強大な隣国からの無理難題を解決したのは老人の知恵だった、んで殿様は「アッパレ! 老人の知恵は役に立つ! 老人は大切にすべきだ!」と「お触れ」は取り消し。メデタシメデタシ… なのか? 次にこの殿様が出した「お触れ」は、役に立たない子供を、遊んでばかりで無能な穀潰しの無駄飯食いを捨てろ。 …で、少子高齢化は進みこの国は滅ぶ。 …いちばん先に捨てなきゃならなかったのはこの殿様だったんだね。目先の利益や効果に惑わされてホントのマツリゴトが出来なかった殿様… でもこの国、殿様だけがバカだったわけじゃない。偉い人のゆー事を聞いてれば、従ってれば安心安全平穏平和と思ってた国民も同罪… う~ん、ナンカ昔話っぽくなぁ~い。ボツ! 20180514-4

老の先

 昔の職場で、清掃担当してるじいちゃんが、って言い方いいのか? 高齢者の作業員の方、なんて言った方が良いのでしょうか?  …まあいいや。ソノじいちゃんが「悪い、オレラの控室ちょおっとヘンなんだわ、見てくれない?」って言ったんで、控室の扉を開けると… 異常な熱気! 8月上旬、いくらクールビズとか言っててもクーラーがんがんに入れるこの季節にその控室は、暖房が入ってた! しかも高温。ハッキリ言ってサウナ状態。 「★! シノズカさん、冷房じゃなくて暖房が入ってる!」 あ! そうなの、な顔をしてシノズカさんは「あ~ なるほど… 」 なるほど、じゃねーよ! 死んじまうぞこんな中にいたら。どんだけ我慢強いんだ。変に感心して笑って、事は済んだんだけど…  けど… あれから、コッチも高齢者になって、身体の各種センサーや思考回路が鈍く、鈍感に、劣化して… 時々、いつ死んでも不思議じゃねーな、なんて思ってしまう事もあって。あの時のシノズカさんの不思議な落ち着きが、落ち着きの意味がわかった気がして… 怖い。20180708-2

獣のコンチェルト

 昔ばあちゃんの家で猫が子供を産んだというから見に行ってわあ可愛いね何匹いるのチョット触っていいなんて言ってたら廊下に置かれたダンボール箱の中の母猫がバクッと仔猫を次々にバクッと…   思い出す。       愛が殺意に変わる瞬間を私は見た知った、体験した。 …そしてそれを思い出すのは必ず彼女達、私が愛した女性達が別れてくださいと私に懇願する時… そんな彼女達が何人いたかなんて忘れてしまった。    その時は怒り哀しみ、そして憎悪も… でも、 …昔ムカシの話だから、もう昔の。ムカシ… 
 けれども… 不思議な事にって言うのかサア、残念な事にと言うのか今この世この世界この地球上にはヒトリもいないのよ 「サヨナラ」を言った彼女達。 …当たり前の事、だけど。 ヒ! ヒ、ひィヒヒヒイ! 20180705-2++

耳鳴りが止まない

 ウンコなんて誰も触りたくないよな! って言ってんのが、マンガや絵本によくあるトグロを巻いたウンコに顔があり手足が付いた擬人化したウンコ君だったら? アイロニーとは、こーゆー事なのだろうか? ふざけて考えていたら、少しマジになってしまい、ちょっと落ち込んだ。最近、精神状態が不安定、ってゆーより何か変。あ! 更年期障害? 昔の経験で人間に魂なんて無いって知ってるから、物質の繋がり方やバランスで思考や性格がドンドン変化するってわかってるから、だから気を付けて身体を制御しようとしてるけど… どうなるんだ? これから。レビー小体型認知症になるとスゲーリアルな幻覚を見るとか聞いた。怖くてトイレに行けない、なんて話も聞いた。なんかドキドキ、いやワクワクしてきた。 「罰当たり」って言葉が浮かんで消えた。もう狂ってるのかもしんない。いや、きっと… もう、少し、すでに… 急斜面を下ってる、と思い込んでいたけど、やっぱりこれは落ちてる、落下してるんだ。20180709-3

奴等

 児童虐待致死。食べ物を与えなかった。殴った。 …子供に対してソレをして殺意はなかった、と証明するのはかなり難しいと思うんだけど、どうか? 奥さんが料理を作らなくて旦那さんが餓死しても殺意は認められないと思う。でも乳幼児に十分な食事を与えないというのは殺意以外の何なのか? 子供をシツケの為に殴った? 「あしたのジョー」か、おまえは。拳で語る事しかできないのか? 街で肩で風切ってるガタイの良い御兄さん達に同じ事が同じ方法で会話が出来るのか? …哀しい。 けど、多分、そーゆー事した奴等に同じ様なヒドイ目に遭わせて… いや、ホントはもっともっともっともっと… ヒドイ目に合わせてやればいいんだ、なんて私は考えてるけど、それは… もう、同じ。私の中にもサディスティックな邪悪なヨコシマで黒い感情があるのがわかる。奴等と同じ… ニンゲンはみんな同じ、なんてゴマカシはしない、けど、私には同じ感情がある。私は同じなんだ、子供殺しの鬼畜と、オンナジ。 …それが本当に同じかどうか? 死ぬまでわからないと、判明しないといいな。 昔、もう少しで… 20180629-2+

先の先

 この国の、教育を受けると「問題には正解がある」と思い込む。優秀な生徒ほど。でも、学校を出ると、出される問題に正解がない。次善の策、どころか6番目? くらいのレベルの解答しかない場合もある。 間違った答しかなくて、その中から最も被害や損害の少ないモノを選ぶ、そんな事案さえ… それに、子育て ―私は自分の子を育てた事ないけど― 子育ての問題には正解がないそうだ。それどころか、「全ての子育ては失敗である」と言い切った人もいる、らしい。ナニやってもダメ! なのだ。 これじゃあ、この国の教育を受けた人は子育てでノイローゼになるよなぁ。育てたくないよなぁ。産みたく…  あ! 結婚だって正解を求めて、でもそんなものあるワケなくて… 何でもかんでも教育が悪い、って言い方はイヤだけど、もうちょっとナンカ現実に使える考え方を教える… でも、そーゆー事って教えられるのか? 今までの枠組みを超える考え方、まったく新しいシステム、今までの常識が無価値になる革新的な方法、そんな大仰な特別なナニカを創り出すことを教えるワケじゃない。答を探すんじゃなくて創り出す、答えのない時間を耐えられる図太さ… そんな教育を… 無理か? 20180705-3+

口にしたくない…

 学生の頃、学内の和式のトイレで、その、まあ、大きい方をしてたんだ、トイレットペーパーで拭いて、拭くべきトコロを拭いて、指を、フト見ると… ああああああああ! 付いてる! ペーパーでカバーしきれなかった人差し指に、チョッピリと、でも茶色くこんもりと。 あわてて腕を振って付いたアレを振り落とそうとして、便器の前に付いてる水洗のレバーに思いっきり指をぶつけて… ★!
 で… さ、指とかさ、切ったりケガした時って反射的に… 唾液には殺菌効果があるからこの行為は間違いじゃないとは思うんだけど… 思わず反射的に、考えも無く… 思考停止の状態で… ハァ… で、アレは苦い。 20180704-2+

知らない怪談

 私の死んだ親父は怪談話をひとつ語れたらしい。死んでから知った。聞いときゃよかった、ネタになったのに。でも、それがマタ長くて、全て語るのに3日ぐらいかかる? んだって。何なんだ? そーゆー怪談なんて聞いた事ない。3日も怪談話を聴けるかっ! 語るのに3日かかる怪談って何なんだよ。 …でも、時代劇? 昔の話で、男が逃げて、沢山ある巨大な提灯の中に隠れるんだけど、灯が燈ると提灯に影が映り隠れているのがバレてしまって… なんて話らしいんだけど… 誰か知ってる?
 語り手は死んだ、もうそれがどんな話で、出典はナニ? なんて全てわからない、誰も… 誰も? これ妹から聞いたんだ、妹は聞いたのだろうか? 親父から大長編怪談話を。3日かけて? どうなんだ? 妹は今アメリカ、ちょっと電話して聞くって訳にはいかないトコにいる。話も話だし。 …ああ、“嘘吐き”としてはとても残念。 そして溜息を付く。親父という男が1人死んで、イッタイ幾つの話が消えたんだ? 俺は、俺が死んでも俺の話は残したい、誰かに読んで欲しい、知ってほしい、出来ればわかって欲しい… 「話’ ―てんではなしにならない―」はそんなブログ。 ああ、ちょっとハズい。 20180702-3+

疑問

 駅前の結構大きな書店で雑誌のコーナーを見ていると、「失礼、アナタ図書館で働いていませんでしたか?」見知らぬ中年男性から声をかけられる。ボサボサの白髪交じりの頭髪、黒のセル眼鏡。薄いブルーの綿シャツとベージュのチノパン、と言うとそれなりのカッコの様だけど、どちらかと言うとちょっとくたびれてて残念なイメージの服装。テレビに出て来る、地方の郷土史や文化財研究家、のくたびれた奴みたい、と言えばわかる? 「え~ぇっと… 今でも働いてますけど?」答えると、「失礼、人違いでした。」と言って文芸書コーナーへ歩み去った。それとなく見ていると別の人に「失礼、あなた○○電気(有名な家電量販店)で働いていませんでしたか?」 聞かれた人がなんと答えたかは聞き取れなかった。でも、めいっぱい不審そうな表情をしていた。他にも「○○高校の卒業生ではありませんか?」とか「岐阜県高山の生まれではありませんか?」などと聞いて、店員さんが近づいて来るのを知ったら、店から出て行った。 …アレはいったい何なんだろう。思わず隣で立ち読みしているおばさんに「失礼、アナタあの今出て行った質問攻めの男の人知ってます?」20180705+

俺等はみんな生きている

 駅のホームで立って電車を待っている。どこそこでトラブル発生の為、運転再開のめどは立っておりませんとかナントカ場内放送が入る。まあもう出先から帰るだけだし、そんなにひどくはかからないだろう、と思って、迂回路は検討せずに、駅のホームで立って電車を待っている。あれ? まだそんなには混んできてないホームの向かい側のホーム、そっちも運行規制が始まっているらしいんだけど、学生時代の知人がいる。人の名前や顔を覚えられない俺だけど、アイツは知ってる、忘れられない。高校時代には剣道やってたらしく、ガタイがいい。確か中学の教師になったハズ、少し、ってかまた太ったか? 大学でもデカかったけど、アレから十何年? さらにデカいぞ、何食ってんだ?  …けど、アイツ、死んだって聞いたぞ? 葬式は行ってないけど、確か…
 駅のホームで立って電車を待っている。どこそこでトラブル発生の為、運転再開のめどは立っておりませんとかナントカ場内放送が入る。今日は珍しく定時で、となったらこれか。でもまあ、そんなにひどくはかからないだろう、と思って、回り道はせずに、駅のホームで立って電車を待っている。あれ? まだそんなには混んできてないホームの向かい側のホーム、そっちも運行規制が始まっているらしいが、学生時代のシリアイがいる。友人知人は多くない俺だけど、アイツは知ってる、忘れられない。ヒョロッとした変人、高校時代にはSFにハマって、理屈っぽくて、本ばかり読んでたガリガリの細身。確か市立図書館の司書になったハズ、少し、ってかまた細ったか? 大学でも細かったけど、アレから十何年? さらに細いぞ、ちゃんと食ってんのか?  …けど、アイツ、死んだって聞かなかったか? 葬式は行ってないけど、確か…
 ほぼ同時に遅れた電車がホームに入って来て、アイツは視界から消えた。死んだはずのアイツ、幽霊には見えなかった。誰かのタチの悪い冗談だったのか? 死んだなんて。俺が生きてる様にアイツも生きてた、よな… 俺が生きている様に… 20180705+

創造神に

 怖い話、で思い出すのは、永井豪先生の「ススムちゃん大ショック」 これは子供の頃読んでトラウマになった、なんて人もいるらしい有名な怖い漫画なんだけど、だけど、でも、私にはもうひとつある、怖い漫画。あああ、楳図かずお先生の漫画はパス。アレはもう問題外、ヘタレでヨワミソの私には怖すぎて読む事が出来ません。アレは無し。 …で、そのもうひとつは、あ、ネタバレに… なるな、これ。以下ラストに付いて書いてしまいます。出来れば本作品を読んでから、の方がおススメですが、私ごときの駄文に書かれてもビクともしない内容ですけど。それは、ちばてつや先生の「あるあしかの話」、これも怖い。人の善意が命を奪うのだ。野生を忘れないハズだった主人公も簡単に己を自分の一番大切なモノを失くし死ぬのだ。何もかもがズレて繋がらなくてむなしく終わる。イヤミス、じゃないけど、かなり後味が悪いというか、ショックだったと記憶している。ああ、あんな作品が書けたら… 魂なんかいらない、と書こうとしてソコまでの覚悟はないとビビる私。 …だめだ、こりゃ。20180625

制服欲

 性同一性障害の学生に配慮した制服を作る、ってとこまで時代は来てしまったのか。新聞の記事を読みながらいろいろ考える。身体が女性でも、ココロが男性ならスカートは責苦だよな。身体が男性で、ココロが女性ならズボンやネクタイは苦痛だねリボンやフリルが好き、かもしれない。 う~ん、どんな制服が考えられるだろうか?  …と考えたんだけど、ソコまで生徒の事を真剣に考えても、考えようとしていても、制服を無くそう、とは考えないんだね。大丈夫か? ここまで来たら制服の存在自体を再検討してもいいんじゃない? 他者との識別、が問題ならバッジでどう? 名札じゃなくて○○高校のバッジ… そんで、みんな好きな服を着ればいいと思う。 そんで制服が好きな人は好きな制服着ればいいのだ。詰襟だろうがセーラー服だろうが… それはもう制服ではないかもしれないけど。20180331-2+

家の話

「なぜ買わないんです? あなたは英語を上手く喋れるようになりたいと言った。そしてこの教材があなたのその願いをかなえるのに十分なモノであると納得した、なのに! なぜ! 価格も少々お高いが、ローンも組める、月々支払いは大学生のアナタでも決して無理なモノじゃない。なのになぜ!」
 喫茶店に呼び出され、2時間以上の販売トークを聞かされ、その全てに頷いたのに納得したのに購入しない何故なんだ! 販売員は憤りを隠せない、ここまでの努力を無駄にしたくない。絶対売り付ける! その強い意志を感じてこちらはタジタジなんだけど、なぜなんだ、と聞かれたから話し始めた。
 昔、父方の曾祖父が鹿児島で商売をしていた時、曾祖父の奥さんは裁ち鋏で己の舌を切り死んだんです。曾祖父はその後、何度か後妻さんをもらったんだけど、「ちょっと待ってください、何の話です?」 いや、だから、なんでこの英語教材を買わないかについての説明なんですが? 「はぁ~」これ見よがしな溜息を吐いた、これで決まった。いつもの無害な短縮版2時間半バージョンじゃなくて、きっちりみっちり霊招76%のディレクターズカット版6時間バージョンを語ってやる。これ、語り始めたら、40分でターゲットロックされるから… で、かなり手広く羽振りの良い商いをしていた曾祖父なんですが、まあ、商売で成功するにはそれなりの、妬みを恨みを嫉みを受ける様な事をしていたらしいんですが、最初の奥さんにはそれが耐えられない事として… 
 喫茶店は午後9時で閉店したんだけど、販売員とはその後24時間家族料理店に移動して完全版を語った。ロックされた販売員は私の話の最後を聞かずに、その後の人生を送る事は不可能。 …最後の蔵から出火した時、4番目の奥さんは右眼を… 佳境に入ったのは午前1時頃、そして… だから、全てを二束三文で売り払い大阪に、それでも呪いは消える事なく… で、それからなんです。私の一族と、もし、悪しき思いで金銭のやり取りがある場合その取引先には必ず赤い旗が立ち、商いを進めたその人の右眼は… 
 話が終わったのは午前3時頃で、販売員は無言で去って行った。それぞれ飲んだコーヒーと紅茶の代金は自分で払った。商行為が生じると… それが商行為に当たるかどうかなんて考えなかった、当たったら… この呪いが発動したら… それを恐れた、私も。 霊招100%完全版? …それは親父が墓に持ってった、と聞いたが私の妹はどうやら… って、話は長くなるけど、聞きたい? 20180702-2

訪問者

 ビジネスホテルで寝ている。空気が乾燥しているからか、喉の渇きで目が覚める。時計を見る。2時40分… ドンドンドン! 突然ドアが連打される。ドンドンドン! ドアの外、通路側で声「御客様! お開け下さい! スグニ!」 な、なんですか? と訊こうとするが… 何か変だ? ドンドンドンドン!! 「おぎゃぐざば! 開けでぐださい! ズグニ!」 ドンドンドォンドン! ドアを叩く力が異常に強いんだ… スチールドアが軋む、衝撃で歪んで… ドォンドンドオンドン! 「ごぎゃぐざば! アゲェロ! ごごあげろおおお! ゴオォオォオ!」 火事か異常事態で動転したスタッフ? けど言葉と言葉の間に、クックッと小さな忍び嗤いが混じる。緊迫すべき状況なのにどこかタノシゲな感じが。歪むドアから離れ、サイドテーブルの受話器を   ピ、ピピピピピピピピピ… アラーム? え! 目が覚める。カーテンの向こうが明るい。 …アレ? 夢? ベッドから降り、ドアへ… ドアは、歪んだまま。こちらがわ、内側に脹らむ様に歪んでいる。 開くのか? U字ロックを外し、開錠しノブを回して… よかった、ドアが開く。 ? 通路の雰囲気が、何か違う。振り返る。先ほどまで明るかったはずのカーテンの向こうが、暗い? まだ? 今何時だ? 「アゲェダ」背後であの声が 20180317-2

永遠の地獄

 バカだった。危機管理、のつもりで設置したんだが… 何が危機管理か、全然わかっていなかったんだ。娘が殺された時、ベビーシッターとしてわが家に入り込んだ奴に殺された時、アイツはカメラの方を見て中指を立てた。そして娘の指を1本づつ… そして… 耳。その記録画像を全て見てしまった妻は… 心を閉じ込めてしまった。2度と開かない所に。そして、今はもういない、耐えられなかったのだ、この地獄に。 この殺人は、予想されなければならなかった。私がこれまでしてきた事を考えれば、当然考えて想定しておかなくてはならない事だった。でも、しかし、誰が3歳にもならぬ子供に… 油断があった。人間の善性に対する甘えがあった、ナメていた… もちろん国家権力、統治権に基づく実力組織に通報などしなかった。自前の組織で、自称復讐者は処分した。娘の何倍もの、何十倍、何百倍何万倍の苦痛を考えられる最高の責苦を用意した、つもりだ。3ヶ月は生きていた。最後もうヒトの形を許しはしなかった、それでも私には嗤っているように思えて… 自ら手を下した。私が昔奴の家族にした事、奴が私の娘と妻にした事、そして私が奴にした事。全てが終わったから… こうして、私は、独り週末にはわが家に返り、娘の部屋で、あの時のままの娘の部屋であの記録画像を見るのだ、アイツが中指を立てるシーンから。それが私が私の失態に課した罰 20180702+

幸せの臨界

 人間って簡単に死ぬ事があるらしい。 …ああ、いや突然の事故や殺人や、そーゆー運命的なのじゃなく、もちろん肉体的なもろさや弱さの話でもなく。なんか、プツッと命の糸が切れる様に、スイッチが切れる様に死ぬ事がある、んだって。 …そう本当に、あの学習塾のCM? 背中やお腹、後頭部に、照明器具の壁についてる様な埋込スイッチ、そんなのが、実は人間の命に付いてんだ。そして、その人が本当に心の底から「もういいや」と思ったり「ここまで」と考えると… スイッチは切れる。
 でもそれは苦痛の限界や苦悩のリミットを超えた時に時だけに切れるワケじゃない。いや、どっちかっていうとそれではなかなか切れない。「苦痛から逃れたい」もしくは「この不幸の原因に復讐せずに死ねない」となるから。 そう、割と簡単に命のスイッチが切れる時って、 …幸せの絶頂。 これ別の意味で「もういいや」なんだ… 
 昔の友人の知り合いに、新婚旅行の初日の翌日、目を覚まさなかった新郎がいたけど… どれだけ幸せだったんだ。 …だから、ねえ君。自分で切っちゃダメだ、スイッチ。切れるべき時に、スイッチは切れるから、そんで、どちらかというと幸せな時にこそ、もう一丁! の気合を入れよう、ね。スイッチが切れない様に。幸せに限界はない、ワタシはそう思いたい。20161003-3+

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR