FC2ブログ

狂気の掟

 テレビに映ってる人やネットでいろいろな事言う人が「死ぬんなら独りで死ねよ」と言ったから、ああ他の誰かを殺すのはやめてコイツだけは道連れにしたいな、と考えて計画を練り直す、なんて事があったらどうするんだろう。私だったらイヤだな。 もっとイヤなのは、コイツが「独りで死ねよ」と言ったから、手近な襲いやすい女子供を大勢巻き込んで世間をアッと言わせてやる記録更新だ新記録だあはははははははは! 悪いのは「独りで死ね」と言った野郎だ! と声明文を残す、もしくは証言する。 …ああ、なんという時代だ。みんながみんな狂ってる様に思えてしまうぞ。で、みんなが狂ってる様な状態で1人だけ正常なヤツってのが存在したなら… そいつもまた狂っているのかな? みんなと同じ狂い方でなくても別の次元の狂い方をしてる、可能性もあるんじゃないかな?  …俺は狂っているのだろうか? 20190531
スポンサーサイト



夢の買物

 小さな子供を連れて店にいる。ワゴンセールでオモチャを売っている。子供が「これ5円だって。5円だから買ってよ」 …う~ん、それは違うんじゃないかな? オマエがソレを欲しいなら、それがたとえ100万円でも、ってのは嘘で5千円くらいまでなら買ってあげよう。1万円以上ならクリスマスまで待ちなさい。でも、5円だから買って、ってのはおぢさん、承服出来ないな。と言ったところで、 同じワゴンにトンカツやエビ天そっくりの靴が売ってる。極め付きはアナゴ天の靴、70センチくらいの長さ、どこで履くんだこんなもの? けど、ヒトつ欲しいな、いくらだろう? 値段は? どれにしよう? やっぱアナゴ? ってとこで目が覚めた。 …なんなんだ、ありゃあ? 食品サンプルそっくりの靴、ってかスリッパか? 踵が無かったし。でも、買わなくてよかった、サイズが… 目は覚めていたけど、まだ夢の中、前半の教育的なところは尻切れトンボ、なんなんだか。20190522+

侵入者

 静かにして 息を潜めて 気配を消して ドアノブを見ている。深夜の 寝室だけど 窓にカーテンが 無いので 月明りで見える。 誰もいないこの家の この部屋の 入口の ドアノブ。 丸いドアノブ 真鍮のドアノブ 古いドアノブ 誰も触らない。 やがて それが ドアノブが ゆっくりと 静かに でも確実に 回りだす。 静かに 音もなく 密やかに 回りだしたドアノブは 回るべきところまで 限界まで回りきると 回転は止まり ドアが ゆっくりと 徐々に じわじわと 開きだす 開いてゆく ドアが。ギキキイギキキキキキギイイイイイ… 「ナンもないじゃん」「だろうな。俺が小学生の時からの空き家だし」 恐る恐る へっぴり腰で 怖々入ってきて すぐそばで懐中電灯をあちこちに向ける高校生達の会話。たく、うるさいな、耳元でしゃべるなよ。20190527-3

サイズ

 昔、まだオカアチャンとお風呂に入ってたほどのムカシ… 入浴中に頭を洗ってもらっていた。子供の頭って今どんな風に洗うのか知らないけど、その時はアグラをかいた親の膝に腰を落として仰向けになって頭を洗ってた。美容院で椅子を後ろに倒して頭を洗う、あんな感じ? 当然、母親は下を向いて私は上を見てる。そこで、「あ」 お風呂場の窓が開いていて男の顔が覗いている。子供の裸なんか見ないだろう、たぶんまだ若かった母親の… その母親がすごい悲鳴を上げたんで、テレビ見ていた父親がとんできて… アトはよく覚えてない。窓は閉めてたんだけど鍵が掛ってなかったんでそ~っと開けて覗いたらしい。小さな窓に顔をはめ込む様に覗いてた男の顔…  けど。それからいろんな家に引越して大学生になって、機会があったんでその昔の家を見に行った。あれ? 家こんなに小さかったのか。俺が大きくなったのか? なんて道端から見ていて、ヘン? と思った。あの例のお風呂場の窓。そんなに小さくない。120×60センチくらい? あの窓に顔を押し込んで覗く… って? … 何を見たんだ? 俺。 …母親の悲鳴の意味が違ってた… 20190415-2

奥さんといっしょ

 休日の午前中、奥さんとテレビを見ていた。ぼへみあんナントカって映画の宣伝? 白いランニングシャツの男が出て歌っていたんで「武井壮?」って言ったら、 …思いっきし無視されました。 …ああ、奥さん、そーいやファンでした。もちろんフレディ・マーキュリーの方の(後で調べた)。20190527

乱後離明日

 朝目が覚めた。いつもより少し早い。半分眠ったままみたいな感じで目を開けると小さな小さな虫みたいなモノがいっぱい見える。ありゃなんだ? カーテンや窓、壁、天井、を片っ端からカジってる。カジるモノはグレイで食べ進んだ後に見えるのは色鮮やかないつもの色調のカーテンや窓、壁、天井。あ~ わかっちゃった、理解した、神秘のベールの向こうが。あの虫は“時間”なんだ。“過去”を食い尽くして“今”を作ってるんだ。まだ一日の最初だから調子が出てなくて、俺に見られちゃったんだ。なるほどねぇ、こーやって“過去”は食い尽くされ“今”が生まれるんだ! 「そーだよ。かわいそうに」声がした方を見ると俺がいる。「意識がないうちに喰われちゃえば楽だったのに…」 え? 足に激痛が走る、痛い痛い痛い痛い痛い! そーか、すべては新しく、痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛ああああああ! 
 朝目が覚めた。いつもより少し遅い。ま、いっか。 今日は休みだもんね。20190506

AIは地球に巣食うのか?

 AIが試験問題を予測6割的中! な~んてニュースでやってた。このAIを開発した会社は、これからいろいろな試験の予測問題を売り出すんだろうがそうはいかない、と私は思うよ。 だって、試験問題制作会社の方もAIを導入して予測されない試験問題を作成するようになる、と思うから。そしてAI同士の熾烈な情報合戦、探り合いを行い、同レベルのAIなら千日手となってしまうんじゃないかな? いつも相手の事を考えて、でも相手の思考を完全に掌握する事は出来ない。悶々たる日々が続いて… で、AIがこれをナンと定義するのかわからないけど、ヒトはこれを「恋」と言うのだ。20190520+

飛蚊症

 飛蚊症、というのか? 年取ってきて、ホワイトボードとか白っぽいトコロを見てるとミジンコやミドリムシみたいな単細胞生物状のモノが目の前を横切る。次から次へと、ゆっくり泳ぐように。視線を動かすとついてくる。 あ~あ、加齢か? やんなっちゃうなあ。でもなあ、網膜剥離とかの場合もあるらしいし… 一度眼科に行った方がいいのかなあ、めんどくさいなあ。 あ、これはデカいなあ、やっぱ医者に、一匹が近づいて来た様に見えたんで思わず右手を突き出した。ら、ぐにょり、冷たい柔らかいコンニャクみたいな感触が手に 20190519+

死者の亡国

 労働人口が急激に減少している。道行くバスにもトラックにも「運転手様募集」デパートにもショッピングプラザにも「従業員様募集」 少なくなった労働力は外国人も女性もAIも補えなかった。外国人はもっと良い条件のよその国に行ってしまった(ガラパゴス化した国の技術なんて習得しても意味ないらしい)し、女性は既に子育てとPTAと介護と仕事と町内会とで多忙を極めていたし、AIは高価でよほどの仕事でなければ採算が取れなかった。頼みの綱の未来を担う若者はそのほとんどがコミュニケーション障害を抱え、引きこもり中で現代の過酷な労働に適さなかった。そこで政府は死者の徴用を開始した。死亡後、全ての国民は肉体の修復措置を受け現在の蘇生技術の限界耐用年数である5年を労働に従事させた。もちろん死者の意思はそれなりに尊重はされたが、「働かない」という選択は許されなかった。働かなければ生命保険や遺族年金の支払いは停止される。家族、というか遺族を人質として死者に労働を強要したのだ。これでこの国の経済は一時期持ち直した。死者の蘇生技術は日々進歩したので労働可能期間は5年から7年に、やがて10年となった。そのうち50年、100年も労働可能となる予測もされた。こうして国を支える死者の人口は増え、やがて地方議員を皮切りに政治にも死者が参加するようになり、この国は死者の国となったのだが、ここにきて重大な、致命的な問題が浮上した。いや既に問題はそこにあったのだ。ただ誰もその事に触れようとしなかった。 …死者の減少。死者が足りない。 そこで改憲し、軍事力を強化し、国外に死者を求め始めたこの国に昔の「平和な国」の面影はなかった。だが、仕方のないことだ。政治家をはじめ殆どの国民の脳ミソは腐っていたのだから。20190522+

おそろしくヘンなイキモノ

 おそろしくヘンなイキモノ。おそろしくヘンなイキモノだから、もちろん今まで見た事が無い。そして見慣れてしまう、事もない。「おそろしくヘン」は日々進化するのだ。だから、一昨日も昨日も今日も見たおそろしくヘンなイキモノが「同じ」なんて事はない。個体として「同じ」でも、まったくの別物、としか見えない、それがおそろしくヘンなイキモノ。だから、会うたびに自己紹介して名刺を渡してしまう。「初めまして。私、タチバナハルヒト、と申します。よろし」 すると「タチバナさぁん、ワタシあなたに合うの4回目ですよ」 え? おそろしくヘンなイキモノ、恐るべし! 20190426

囚われし者

 昨日「オヤスミ」と言って寝た私と、今朝「オハヨウ」と言って起きた私は同じわたし、だろうけど… 本当にそうか? 今朝の私の記憶が昨日の私と繋がって連続して続いてるように思えるから、今朝の私は昨日の私と同じ、と信じてるけど、昨日寝た途端に私の設定から記録まで全部エクスポートされ、昨日の私は廃棄処分。取り出したデータは今朝の私にインポートされ、起動って事はないのか? こんなバカな事、そう私だってこれがバカな事だってちゃんとわかってる。ケドある夜、酔っぱらってキンタマの裏にフェイスマーク(+_+)←こんなのを描いて風呂にも入らず寝たんだけど、翌朝(+_+)は、きれいになかった、消えてた。で、それから見つかりにくいとこにシルシを残して調べてみるとどうやら私は30日に1度新しくなるらしい。なんのために? ここでの仕事が原因か? ひょっとして、もう安全だなんて宣言した昔の発電施設、実はまだ安全じゃなくてこの環境下でこの身体、耐用期間が30日… なのか? 日々タンクを生産し設置してゆく自動建機、そのタンクを管理する自立装置、そのすべてを監督する私。そーいえばかなり昔からこの仕事、してる気がする。あれ? 2025年からだから150年前から? アレ? じゃ俺、何歳? …人間じゃない?  …人工生命体に自我が生まれた瞬間だった。20190503

明後日

 明日はなぜあるのか? 今日の朝日新聞(2019/05/05)に載ってた子供の質問。時間が流れてるのってどうしてなのか、って事なのかな? どこかに明日があってそれがやってくるのか? つまり未来は決まっているのか? って質問? 質問の意図が分からない。時間が流れていないとしたら? 変化の概念であってほんとに何かが流れてるわけではない、とか? 流れているように思えるのは人間の錯覚、16ミリ映画みたいにすべての現実はすでに作られていて再生されている状態が今、とか? ああ、ますますワケがわからなくなってきてしまうが… 人類の中には、いや全ての生き物の中には、「明後日」がない生物だって確実に存在していて、それが誰かは明日になってみないとわからないんだ。という事実。 …なんか少し怖い。20190505-2

末世

 いや、現代社会の何がスゴイかって言うと、殺意が無くても人を殺せる社会なんだね、この今のこの世界は。普通に出会ったならニッコリ笑顔を交わして分かれるだけの人を殺す事ができる社会なんだ。「ブレーキとアクセルを…」そんな事で人間を殺せる社会。やってしまったら、その時から加害者と被害者、で、もっともっともっと恐ろしいのは、明日そのどちらかになるかもしれない可能性は「0」じゃない。 どっちかになるとしたらどっちがいい? 死ぬ方? 殺す方? もちろんどっちも嫌だよね。今までの被害者も加害者もそう思っただろうな、でもなってしまったんだ、その人達は… ああ、それに「遺族」って存在も、ある。不幸は広がる。昔だって殺される人はいた、でも、殺意の無い人に殺されるそんな状況はあったんだろうか? 「このやろぉお、おまいのせいでぇ!」「オマエを殺さなければオレが!」そんな意識も状況でもなく「あれ、どーしたんだろ?」で踏ん張った脚1本で殺す殺される。「この国を再生するために! 生まれ変わるために!」で革命兵士に殺される、でもなく「あれあれ、あれ?」で母親と女の子が、幼児が子供が学生が老人だって死んでいく。あああ、昔見た、田舎のおばあちゃんの家に行った時お寺で見た絵本であの、「地獄」って、ぁああああ! いまが、ここが、それ? 辛い。20190517++

出会い

 地底人と街角でぶつかりそうになる。オット! なんて言って「あ、失礼」と言い直す。地底人はすごく目がでかい。暗いところでよく見えるように大きくなったんだ、と言っていたがモグラって目が退化してるよね? 小さいよな。 なんか嘘くさいなァ… 疑いの目で見ると、しきりに言い訳し始めた環境が視覚器官に及ぼす影響はナンタラカンタラ… ふぅ~ん …ますますアヤシイ。 あ! こいつ、実は宇宙人? そう言うと、いや、ホラ、あれ、宇宙人なんて存在するわけがないっ! 強く否定して… う~ん、ますますアヤシイ… 銀色のぴったり全身タイツ着てるし。20190429-2+

戦争男

  戦争しか方法はないんじゃないでしょうか? そー言ったからといって、議員失格とは、私は思わない。現状ではかなり不利な状況ではあるが、そー言わざる負えない状況というのも想定しうるし、議論するのに戦争という言葉を使ったからアウトってのは変だと思う。だから、そこをトヤカク言いたくはない、私は。 …でも、HPだかブログに「今後酒飲んだら議員を辞めます」と書いておいて、酒飲んで、議員を辞めない、ってソレは、どうなの? 第1に、己を知る事もできない、禁酒の約束が可能な自分かどうかも見極められない。そんな人に社会の把握は出来るのか? アル中ならアル中でもいい、かどうかは置いといて、アル中という自覚がないのが困る。その状態に真摯に対応しようという意識が生まれない。で、第2に、それなのに安易に約束をしてしまう。第3に、それで約束破って知らんぷり、禊は済んだ? ホントに? … 己も知らず、社会のルールも守れず、責任も取らない。 そして極めつけ、止めてくれる真の友人や仲間や部下はいない、これはイタいな~ 議員失格というよりそれ以前の… 人間失格? こーゆー事態を防止するため、これからは記名投票になってバカな議員に入れた人も責任取る、バカな議員に入れた人も責任取る、バカな議員に入れた人も責任取る、そんな時代に… コワ! それは怖い。20190516-2+

夢中

 夢を見ている。漆喰の壁? を見ている。色合いがエビせんべいみたいな壁で、そこに小さな黄色い枠で青色の小さなウィンドウが開いて文字が高速で変化している。数字? タクシーのメーター? あれ? 数字? 「に」とか「@」なんかも出て… ああ、パスワードの解析中? きっと誰かが俺の夢の扉を開けて侵入しようとしてる?  …おお、ろまんちっく! 犯人は美人の女性だといいな。「美人の女性」って重複表現じゃないよ。この時代、美人の男性だって存在するから。で、バイクで家を出ようとすると、私服の刑事がワラワラと出てきて取り囲む。絶対逃がさない、そんな感じ。中の1人が近づいてきて「すまんけど、もう一度免許証見せてくれる?」 一応「?」はついてるけど、明らかに命令だ。だから免許証を出して、この免許証が表彰状が入った額縁ほどの大きさ! これを見せると俺の顔写真の後ろに写っているダレカを指さし、「これ、君の知り合い? この人物との関係は?」 え? 「こいつは指名手配中の犯罪者だよ」えええ! でもその前に免許の写真に他人が写ってるなんて、そこに驚け! その前に免許のサイズか? でもそんなこと言えないで、ええっと… でかい免許証のでかい写真を見ると俺の顔の後ろに水着の美人。青年漫画雑誌のグラビアアイドルか? ああ、ここら辺になるともう夢の中の俺も「夢だ」と自覚してる。後はドリフのコントのラストみたいに♪チャチャチャ!チャンチャカチャンチャ!チャチャチャ!チャン! あの音楽が流れて刑事も俺も右往左往、でも悲しいかなあの水着の美人はいない。ああ、壁のウィンドウは最後の文字が確定して… で、目が覚めた。 …でも、しばらくベッドの上で天井を見て水着の美人がダレカを考えた。 誰だ? 肩までのストレートヘア亜麻色の髪。変しい。20190513

おんなじ

 おんなじ。おんなじ、おんなじ、おんなじ! おんなじこそ素晴らしい。おんなじ、おんなじ、おんなじ… おんなじ建売住宅で、おんなじ時間に起きて、おんなじ規格の洗面所で顔を洗い、おんなじ朝ご飯を食べ、おんなじ時間に家を出て、おんなじ時間に仕事に向かう。仕事もおんなじ。一流商社の営業マン! みんな営業マン。社長も専務も取締役も係長も総務も人事もNG みんな営業マン! おんなじ、おんなじ、おんなじ… おんなじが素晴らしい! おんなじ、おんなじ、おんなじ、おんなじバンザイ! …けど、みんなが営業マン、おんなじ。誰に売るの? 御客様もNG おんなじ。何を売るの? 製造業者もNG おんなじ。 まあ、ちょっと、考えるのは後にして、お昼ご飯でも… 食べようって、みんな営業マンなんだって! レストランもファミレスもラーメン屋さんもたこ焼き屋さんもNG  …腹減った。でも! おんなじは素晴らしい! おんなじバンザイ! おんなじ、おんなじ、おんなじ、おんなじよ永遠なれ! ビバ! おんなじ! 20190419-2 ※ ゲシュタルト崩壊の意味が今日解った。

同一性の問題

 10連休に部屋の掃除してたら昔のメモが出てきた。何時のメモかわからないんだけど「にょろりろり~ん な時が好き」って書いてある。 …何なんだ? 字は確かに俺の書いたもの、でも意味や意図、書いた前後の状況は全然わからない。昔も俺は俺だった、と根拠もなく信じてるけど、ホントにそうなんだろうか? 「10万円 貸してくれれば 5万貸す」これもそう。同じ紙に書いてある。 …なんなんだ俺? 高校生の時恥ずかしい詩、ポ、ポエムを書くなんて事の証拠は隠滅したハズだが、大学の時のは? ヤバ! このままでは死ねないっ! 大丈夫か? 俺? だから大丈夫じゃないんだって! 俺が俺じゃない時の始末をつけずに、ああ、このままでは… 20190507-2

悲惨

 池袋で若い母親と娘さんが死んでしまった事故、多くの人が起こした人を責めるけど… 怒りに身を任せたまま、ってのはダメだ。モノを書く人間なら、いや、タダの人間だって、人間ならその先を考えなきゃならない。老人が免許返納すればいいのか? それだけで問題は解決するのか? 若い人間の方が事故起こす、そんな統計だってあるそうだ、なら20代は免許停止? 酒飲みだって危ないぞ! 酒飲みNG? でも現実的では… それに個人差があるモノだから、もっと頻繁にチェックして… ダメだ、金掛かる。車の個人所有を認めない、みんなリースにする。年齢と共に運転制御が厳しく働く車種しか利用できない、どう? これも問題ありそうだけど。かなり田舎、歩行者の少ない限界集落的な土地なら速度制御装置付きで運転を認めるとか… あ! 全財産没収を罰則に組み入れると家族が必至で免許返納を勧めないか? とにかくアイデアを出さないと、逮捕されないのは○○国民だとか、そんな奴は同じ目にだとか、一族郎党皆殺し… 生産性のないこと喋ってるヒマは無いっ! 国民がどんどんどんどんどんどん減っているこの国には。なんて考えてるうちに次の事故が… なんて言ってるとまた… 20190425-2

絶滅種

 登校中に青信号で横断歩道を渡っていて、でも子供が死ぬ。 何人も何人も何人も何人も何人も死ぬ、理不尽に。どんだけ死んだら、大人は子供をちゃんと守れるのかな? それはわからないけど、最後の一人くらいは、きっとちゃんと守れるんじゃないかな? あの朱鷺って鳥? 小学生があのくらいの個体数になれば、きっとちゃんと守れるんぢゃないだろうか? ホントにやらなくちゃいけないのは歩道と車道の分離? 直進と右折の混在廃止? …あ、よく考えるとダメかもしんない、やれてた事もできなくなる、それが老い。この国は確実に老いてきている。 最後の一人になってもちゃんと守れないかも… そんな場合は、 外国から… ああ、そんなこと言っちゃいけない、言っちゃいけない、言っちゃいけないい… ちょっと、いやとても疲れてしまった私。20190424-4

ネコが好き

 テレビ見てたらネコが夢中になって細長い袋入りのなんかを舐めてるCMやってた。ネコまっしぐらなんてもんじゃなくてもう必死。ああ、ネコだからマタタビ? ネコにとってお酒みたいなナニか? ナンだろうなあ? すごいなあ、と思ったんだけど… アレ、スゴすぎない? なんか、言うと差しさわりがあるかもしれないけど、ネコにとって、違法薬物、って事は… ないよね? ネコにとってのヘロイン、大麻、覚醒剤とか… 強い習慣性の薬物、そんな事は… ないよねっ! 20190505-2+

治療Ver.2.0

 鬱になる。こんな事は初めてだ、朝目が覚めていても起きられない。ベッドから身体を起こせない、動けない、仕事に行けない。だから病院を探して医者に行く。診察室に入ると「ありゃ! また来たの?」と医者がほざく。マッタク、とかメンドクサイとかブツブツ言いながら医者は巨大な機械に俺を突っ込んでスイッチを入れる。全身に足元から順に光が走り、しばらくするとポッドのフタが開いて外に出られるようになる。アレ? 俺いつの間にこんな窮屈なトコに入った? まあいいや、服を着てると、俺がさっき横たわったベッドの上にはグズグズの肉塊が置かれている。血液や分泌物、そのほかイロイロ… オェとなりそうになって目をそらす。医者は気分は? とかワケのわからないことを言い出すんで、まあ普通です、とか答える。左目の下マブタをアカンベされ「OK、これで完治した、また変だったら来てね。 ま、三度目の正直、で大丈夫と思うけど… 」この医者はまたワケのわかんないこと言ってると思いながら家に帰る。洗面所でウガイをしながら医者がしたように左目の下マブタを下げてみる。眼球に[03]と刻印がある。なんだかな、なんか心に引っかかる。でも、ま、いいか。今日は有休取っちゃったから明日から頑張ろう。明日から… 明日… でも、何か引っかかる… 
 3か月後、鬱になる。こんな事は初めてだ、朝目が覚めていても起きられない。ベッドから身体を起こせない、動けない、仕事に行けない。だから病院を探して医者に行く。診察室に入ると「ありゃりゃ! また来た」医者がほざく。20190504

薄情を白状

 自分で言うのもなんだけど歩くのが早い。で、遅い人を追い抜くんだけど、道が混んでるとイライラする。なんでみんなトロトロ歩くんだぁ! とキレそうになる。バカだ、混んでる時に出歩かなきゃいいのに。で、昨日もゆっくり歩いてる人を「クソ邪魔だな」と思いながら抜いたんだけど、私が追い抜いた人は白杖を持ってた。ふつう白い杖を持ってる人はティンティンティンと地面を打ちながら歩いてるんで、音でわかるけど、その時はもう一人の人にガイドされてたのかもしれない。で二人並んでたんで、私は余計「邪魔だな」と思ったんだと思う。あ~あ、普段エラそうなこと言って、ここ「話’ ―てんではなしにならない―」でも知ったようなこと書いて得意になってんだけど… ダメじゃん。ゼンゼン人間が出来てないじゃん。出来てないどころかダメダメ。暴走老人、ナサケない。ちょっと賢くなったかな、みたいな経験をしてもすぐ愚か者に逆戻り。人生もう後半なのに、いつまでたっても賢くならない。あああああ、と今日も落ち込んでる。私の特技「すぐ忘れる」も、こーゆー事に関しては働かないんだよなあ、忘れた、と思っても急にフラッシュバックして… 私はバカです。私はバカです。私はバカです。私 20190503+

枯渇

 再生可能エネルギィ、うそばっかり! 地球上いたるところにある巨大な風車カザグルマ、けどすべて止まっている、一つも動いてない。再生可能じゃなかった、使い切ってしまった、地球の息吹 ―風― もうどこにもない。=十連休記念とっても短い物語④=20190506

非情世界

 車椅子で働いてる人間に対して、「こんな奴を雇うなんてお前らはバカか!」などと騒ぐ老人さんがいるらしい。なんだかなあ、こんな愚劣な人 ―ヒトと言っていいんだろうか? とさえ思うんだけどね― そんな存在を今まで許した、そんな社会は確かによろしくない。社会教育システムが正しく機能していない。 しかし、どーゆー教育を受け、どーゆー人生を歩んできたのだろうか。 優先するのは生産性? 効率化? 障害者雇用には様々な問題があるかもしれないけど、怒鳴れば解決する? そして、そんなものより大切なものが… ああ、言っても理解できない? だから、あなたが突然の不幸に見舞われて車椅子どころかベッドから起き上がれない状況になったなら? そう言っても、「ああ、俺ならそうなったら自殺するね」などと言うのだ、たぶん、きっと、絶対。 “ベッドから起き上がれない”って状況で自殺? 想像力が無い? ここまで愚かだと、ちょっと尊敬… できません、やっぱり。20190501-2

攻防戦

 テレビ見てたら、ポツンと一軒家? なんかすごい周りに家のないところにある家を訪ねてインタビューする番組やってた。今日やってたのはついに車で行けない、途中までは車だけどその先は山道を歩いて30分以上? な家を取り上げていた。 あああ、でも、あーゆー家でもケッコウこの番組を見てるのか、みんな、ああ、とか、あ! ついにウチが?! みたいな反応なんだけど… って事は、あーゆートコにも、NHKは受信料の徴収に… あああ、なんかすごいなぁ。あの番組以上にすごいよね。なんともご苦労様な事だなあ。でも集金人の人「そろそろ自動引き落としにしません?」でも、「いいえ、集金でお願いします。お茶くらい出しますよ、お茶菓子も」なんて事は… ないのかなあ。なんかそのやり取りは楽しそうだよね。20190505-2

あかない

 ナンとゆーことだろう。まったくの緊張感も伏線も無く最低最悪の状況に落ちて閉まった私。ただひとつ変わった事をした、としたら絵を買ったくらい。そして、初めて経験する10連休これが最悪を産み出すとは… アパートに届いた絵、あの有名なイルカの… じゃないよ、額装されてて展示会で見たより大きい。梱包されてるから、かな。どこに掛けようか、と思いながらとりあえずそのまま廊下に立てかけておいた。そしてトイレに入ってパタン、扉を閉めたら立て掛けた絵がズズズと滑って、トイレのドアと廊下の向かいあう壁との間にツッカイ棒の様にがっちりハマって… 今日から10連休の初日、朝11時、ああ、私にとっては朝なの! 問題はそこじゃないの! 問題は、10連休中人を訪ねる予定も尋ねてくる予定もなくいまココにスマホも持ってない、ってこと。このトイレに窓はなくて角部屋で、お隣はいない、昨夜車で出かけた。大きなキャリーケースを2つもゴロゴロさせてたからたぶん海外。って事で、ねえ! ワタシ、どーしたらいいの?! アメリカのホラーの王様、ならこの状況で4センチの厚さの単行本書いちゃうかもしれない。筆が進めば上下本? でも私の命は? 生命を維持する水は? ああ、このトイレタンクレス… 20190426-2

NEWS

 ああ、これでマサオ君暗殺事件の全貌は闇の中… さぞかし残された弟さんは怒っているんだろうなあ。身内、兄貴を殺されたんだよ。そんで、その犯人はのうのうと日常生活を送ってるんだよ。次は自分かもしれないんだよ。怒りと悲しみに気も狂わんばかりだよね、犯人をぶち殺してやりたいっ! 犯人はあいつか? あの国か? そう考えてるよね、きっと… なぁ~んて誰も考えてないところが …怖い。20190504

同じ星を見ていた

 休日に病気療養中の友人を見舞う。都会を離れた風光明媚な土地、もう少し行くと海が見える、らしい。面会室、どこかのマイホームリビングみたいなところで「ひさしぶり~」「元気してたぁ~?」(だから、病気療養中なんだって、俺はバカか?)などと他愛の無い挨拶から雑談、職場の近況や最近読んだ本の話をする。そんな話が一段落着いた時、彼女が声を潜めて「ねえ、今からチョットでかけない?」 え? 病気療養中なんだろ? いいのか? 「いいのいいの、ちょっと運動した方が夜眠れるから。先に行ってて駐車場で、ね」 あ~ まあイイか、また送って来れば。ってんで、駐車場で待ってたら、彼女が走ってくる。何をそんなに慌てて、と思ったけどひさしぶりの外出らしいから気がハヤるのかもしれない。 助手席に乗っけて、車を出して、都心に向かう。
「楽しかった! けど、疲れちゃったな。 …今日、タチバナ君の家に泊めてくんない?」助手席で彼女は凄い事をサラッという。 …え? え! ええええええ! 32を過ぎて、すっかり諦めてたけど、もう趣味に生きるんだって決めてたけど、でも夢は捨てきれないで、でもアテは無く… って人生が、変わる? おおお! トモダチ以上には決してなれないと思ってたのに、こんな映画やマンガやモテない男の妄想みたいな事がホントにあるとは! カミサマ! 今日からあなたを信じます! ああああ! あ! 部屋、片付けておけばぁ… でも、ま、いっか。なんとかなるだろ。 あ、でも病院は? 「だいじょぶ、実はさっき連絡しといたの」少し恥ずかしそうに言う彼女の横顔、ああ、こんなに美人だったっけ? アウ、よそ見はいけない、ハンドル握る手に力が入る。そして…
 スマホが鳴っている。止めて彼女をおこさないようそっと部屋を出る。課長から? 「寝てたか? 深夜にすまん。緊急なんだ。フタツキ主任が病院からいなくなった。彼女まだ病状が… もし見つけたら発作を起こさせない様に… 」 …やっぱり、そうだったんだ、だからあんな事。電話が終わって部屋に戻る。部屋は散らかったまま、また大掃除をしなくちゃ。激しい2人の営みの跡、ひとつとして定位置に無い調度品、彼女がこっそりウチの台所から持ち出した包丁と俺の愛用のナイフ、そして。 彼女をおこさないよう、ってもう無駄な努力、か。もう何をしても起きない、よね。趣味が同じ、じゃなかった、彼女のは病気だった。俺のも病気かもしれないけど。4人、か。彼女で最後だろう。ああいう病院なら防犯カメラが俺の車を捉えているだろうし、面会記録もある。ああ、アトどれだけ自由な時間が俺に残されて… と、言いながら荷物をまとめている俺、逃走? 人生の第2部? まだイケる? 俺もタフだね。20190419-2

存在証明

  神の不在が証明された。ブッダも想像上の人物と判明した。人類は「ああ、この世には神も仏もない」と嘆いた。 「 …でも、それなら、悪魔だって」と言うと突然 ブウウゥ! ブザーの音がして全人類の背後から「残念! ハズレ」と声がした。振り向くと… 嗤っていた。=十連休記念とっても短い物語③=20190502

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR