FC2ブログ

雷雨の夜は

 ウサギを食べるなんて僕にはできないよ、小さなオオカミが小さな声で宣言する。ウサギは僕のトモダチだ! ざわめきが群れに広がり、集団の意志が決定される。小さなオオカミは群れから追放、二度ともどる事は許されない。小さなオオカミは群れから離れ、そして、そしてトモダチのウサギのもとへ走ってゆく。僕はオオカミを捨てた、僕はボクだ、ボクというイキモノだ。ただそれだけ。ああ、ウサギ、キミもウサギを捨てて… 走り近づく小さなオオカミに気付いてウサギは、大きなウサギは「ああ、ボクの小さなオオカミ。 …タベチャイタイほどイトオシイ… 」つぶやく上下の唇からはみ出す牙。ああ、幸せはホンの一瞬… 20170305+
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR