FC2ブログ

リプレイ

 体調が悪かったんで有休を使い仕事を休み病院へ行った。診察後に院内薬局で名前を呼ばれ薬を渡される。薬の説明がグダグダダラダラ続くんだけどハッキリ言って病気でしんどい頭フラフラなのに聞いて理解などできるもんか、ハイハイ適当に答えて薬を受け取りロビーを突っ切り玄関から出ようとする時、アレ? また俺の名前、呼ばれた?
 でも、余裕のない時、俺はタイガイの事を無視してるからそのまま帰宅したのさ。で、薬袋に書かれた指示通り、夕食後、ってインスタントの袋麺だけどね、キャベツのざく切りはいれたけど、薬を出して… オイ、これが現代の薬か? と思うほどデカい。デカくて黒い。足の親指の先、爪のあたりを丸薬にした? そんな大きさ。ヒトクチサイズのアーモンドチョコってとこ? それを苦労して飲んだところが… 急に気持ち悪くなってきて… で、ああ、明日も休むかな? とりあえず今日は寝ちまおう、と思ってベッドへ行ったところで、ピンポ~ォン チャイムが鳴り終わらないうちにドアが開く。アレ? 施錠した、よね。ドアノブがゆっくり? と回り、ドアが開き、来客が、望まぬ客がドォカドォカ入って来た。オイオイ靴ぬげよ! え! 拳銃? を出して俺に向けて撃つ。けど動きはスローモー、解かるアノ薬のせいで体内情報伝達能力は通常の12倍、放たれた弾丸さえ避けられる。んで、読心術? そんなのまでもが身について俺がヤバいというのはまるわかり… 逃げなきゃ組織に殺される、そこまで理解して、ああでも俺は死ぬ。能力に、薬で得た能力に心臓がついてイケないんだ… マラソンでも日課にしといたらもう少しは… あ、心臓破裂。 ってとこで意識が戻る。時間が遡った? 飲んだ薬のせいで未来を見た? それとも生存してる過去へ飛んだ? ヤバ! って事は、ピンポ~ォン チャイムが鳴る。20160321-2
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR