FC2ブログ

生徒間犯罪対策法試案

 あんまりみんな言わないけど、ひょっとしていじめっ子だってこのユガンダ社会の被害者かもしれない? ならば、キッチリ治療してあげるべきと思う。この時代、いじめにもスマホ・ケータイ等の電子情報伝達機器が使用されているだろうから、人工知能的なモノを使ってその洗い出しに全力をかける、のは可能だよね。ホントの人間の先生や親はその本来の仕事に忙しいんだろうから、こーゆー作業はAIにまかせましょう。その代わりどうぞ有用な、自分の子供や生徒の命よりも大切な仕事にかかりきりになればいいのだ、人間は。 で、通信内容、使用されている単語、その他様々な事柄からいじめを感知したら、そのいじめっ子、もしくはイジメ集団の全ての通信を遮断し移動の自由を制限。一部とか甘い事言ってはダメ、全て。状況凍結。んで収監し事実関係をもう一度捜査、だってハメるってイジメも想定できるからね。厳重な警察並みの組織の調査の結果、黒なら! その子はいじめられていた子の生活域から半径300km立ち入り禁止とするのだ。GPS使えば簡単だよね。指示を無視して近寄った場合、事前に手術で埋め込んでいた筋弛緩薬物が自動的に体内に注入されるシステムが作動して、行動不能とする。事前の警告はもちろんあるけどね。これストーカーにもいいかもしんない。んで、ああ、最悪の場合によっちゃあ国外退去ものだね。それでもだめなら、イジメの時最も興奮してる脳細胞の特定をしてそこを破壊もしくは切除施術を行う。これでいじめっ子をイジメの地獄から救うのだ。ハレルヤ! そして、もちろん責任問題。本人保護者兄弟を含めた関係者がこの事件でどのような状況になったかを報道許可する。当事者含めた一部関係者のプライバシー保護は無期限猶予される。加えて、イジメが発覚した時点で保護者には強制的に記者会見の義務が生じる。通学先の先生だけじゃない、保護者。つまり製造者責任が問われるのだ。抑止力としては卑怯な方法だ、と思う。けどイジメだって卑怯じゃないか、いいんじゃない。この様にしてイジメを撲滅するのだ! 徹底的に! ってのはイジメじゃないのか?  …ま、いいか。イジメる奴なんてイジメていいのだ。 ? これでいい? ホントにこれでいい、のかなあ? 20160830-3
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR