FC2ブログ

まちがい

 昔、大学に入りたてでアパート暮らししてた頃。ベッドに窓側を向いて寝ていて、別に普通に寝ていて、あ! 瞬間… 後ろに、“ヒトがいる”とわかった。夢か? よくわからん。わかるのは、部屋の真ん中にトランクが立ててあってその後ろに女がいて、頭のテッペンが見えている。隠れてる? つもり? とはいっても… そんなに大きいトランクじゃないんだ。でも、見えているのは頭のテッペンだけ。とっても不自然。どっちかの肩は見えてるべきじゃないのか… そんで、ゆっくりとゆっくりと女はトランクの影から姿を現し、長身の、長い黒髪の、ああ、テンケイテキなオバケの女のヒト… トランクの影から出てきて、ベッドに近づいて来て、あああ… ケッコウ大女。俺はしっかり目をつぶってるのに、開けてないのに、なぜかすべてがわかる見えている? グニョン、と関節に関係ない曲げ方で身体を曲げ、俺の顔を、しっかり目をつぶる俺の顔を覗き込むと「あ ちが」 また瞬間で、異常感? 消えた。 ハア… なんだったんだ? やっぱ夢? その時隣の部屋から
 ぎゃああああああああああ!

 そーいえば、隣人の男の人のトコロ、女性の出入りが激しかったような気が… 再び眠りに落ちる前に俺の頭に浮かんだ言葉は「地図が読めない女…」 20170529+
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR