FC2ブログ

反転症候群

 人の身体は遺伝子ってのが設計図でそれに従って身体は作られている。あ、ちょと違う、作られ続けている。道路の掘り返し工事が始終行われている様に、身体は壊れ作り続けられている。死ぬまで。で、その設計図を見て“身体を作る”システムが壊れたら… 身体の再生産はおこなわれない。それどころか、この機能が反転したら… 身体を壊して… 身体は… 弟の最後は小さなサルの様だった。小さな小さな妖精の様なサル… 再生産が成されず、どんどんどんどんどんどん小さくなって、身体が小さくなって、苦痛は無い、と医者は言ってくれたけど、それは残される者への配慮でしかないかどうかはわからない。 …で、小さく小さく小さくなって弟は死んだ。死顔は… 女児が遊ぶ着せ替え人形の様になって死んでしまった弟の死に顔はそれでも穏やかだったので、父も母も俺も、救われた。「苦痛はありません」医者はホントの事を伝えてくれたんだ… そう思った。けど、この病気はそこで終わらない。“身体を作る”システムの異常は時間・空間を超えて拡がる。父も母も俺も、この病気に感染していたんだ、既に。発症のタイミングが弟と異なっただけで… だから、両親の記憶から弟は消えた。弟は小さくなって死んだだけじゃなくて、産まれてこなかった事になってしまった。そしてこの事を語りうるのは産まれてこなかった俺。この俺が感染して反転したが為こうして弟の死を、両親の忘却を語るのだ。20170612-2
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR