FC2ブログ

依頼

 ああ、それでも死んでほしくはないの。ぐったりとした息子の、5歳の子供の力の抜けた、いや魂の抜けた身体を抱いて、二度と開けないと誓った地下室への扉を開ける。そこにある祖父と創った機械。命の再生機。カバーを取り捨て棺の様な水槽を露わにする。使い方は忘れない、前にも使った。夫は生き返り、幸福な6年を過ごしたが、海外出張時の航空事故、遺体の回収は不可能、これでは手の打ちようがない。泣いた。しかし今回は… 衣服を脱がし身体を水槽に横たえる。バルブを開き、活性液を満たし、そして制御盤の…
 こうして息子は生き返り、生前と変わらぬ姿でここにいる。ただひとつの誤算は… この機械の本当の効果が、生命の反転、逆成長、若返りであった事。夫の事例では確認できなかったけれど、生き返った息子と1年を過ごして確信した。今息子は4歳。日々若くなっている。つまりあと4年で… 再生機の原理は今はもういない祖父の創った物、私だけで作り直す事は不可能。あと4年で息子は… いえ、まだ大丈夫。受精卵にまで戻った息子を冷凍保存し再度着床させる。その為に若い母体が必要、それも遺伝形質が息子と同じ。 …だから、私が死ぬからこの再生機に、使い方は教えるわ。報酬はこの機械の権利、さあどうする? 殺す訳じゃない、生かすの! お願い、私達を助けて! 20170704+
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR