FC2ブログ

鮫が出てきた日

 台風が夜のうちに北へ去って行ったので、今日は朝から台風一過のいい天気。別に被害があったわけじゃないし、今日は学校休みなんでトモダチとあちこち自転車で回って見る。被害がないといっても、街路樹の折れた枝が大量に道路わきにあったり、看板や三角コーンが転がってたり、アンダーパスっての? 線路の下をくぐる道にまだ水が溜まってたり、そーゆーのを見ながら、おお! とか、すげ~! とか騒ぎながら海岸を目指してペタルを踏んでたんだけど、海岸まで一直線の3m道路を下って行くと… サメがいた。道の真ん中に。デカい、2メートル近くある。そのあたりの道は泥だらけで、サメも泥色。最初はギョッとしたけど、ムロキが「おおい、サメが寝てるぜ」と指さす。ヒトメでわかるよ、カバには見えねーよ。ハヤシダが茶化すが「ホンモノ? ハリボテじゃないのか? なんかの看板の…」言いながら自転車を降り近づいて行く。すこしヘッピリ腰。「おい! ヤバいよ! 生きてたら…」俺とムロキは自転車にまたがったまま6メートルは離れてる。ハヤシダがサメまで3メートル切った所で「バキャロオオオ! にげろ!」怒鳴り声と、サメがヒレと尾ビレを叩き付け飛び跳ねるのとハヤシダがすごい勢いで逃げ出し、ムロキと俺がまたがってた自転車を蹴倒して走って逃げたのは同時、走って走って走って、サメが金魚ぐらいの大きさに見える距離まで逃げて道端にへたり込んでから、生きてたんだぁ~ ホンモノだったんだぁ~ 死ぬかと思った~ 助かったぁ~ とアホの様に繰り返した。で、それからしばらくサメを見てたんだけど動かない。けど、自転車を取りにもどる勇気は3人ともなくて、歩いて帰った。自転車は次の日の朝に取りに行った。サメはもういなかったし、自転車は道の端に3台まとめて置いてあった。 …話はこれで終わり。 ただ不思議なんだ、2~3日新聞を隅から隅まで見たし、ネットのローカルニュースも検索したけどサメの事は出ていない。普通載るだろ、道路に2メートルのサメだぜ。でもないんだマッタク。俺達は夢を見てたのか? それにあのバカデカイ「にげろ!」の怒鳴り声。アレは誰だったんだろう。子供の頃読んだ児童書に“酔っ払いと子供を守る神様”って出てきたが、それか? ナニモかもわからないまま宙ぶらりんのままで、ハヤシダがほざく。サメで良かったよな、あれワニだったら俺死んでた! 絶対!  …おいおいおい! ハヤシダァ! 台風でどっからワニが飛んでくるんだよ! 20170918
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR