FC2ブログ

王様とあたし

 王様は死にたくなかった。死ぬのが怖かった。そこでお抱えの魔法使いに相談した。魔法使いは答えた。不老不死、ってのは無理です。いつか死にます。でも、クローン・コピーなら今現在の魔法技術で理論上永遠に存在できます。「じゃそれやってくれ!」「はい。アブラ過多ブラ、できあがりぃ~!」王様の目の前に王様がいた。魔法使いが言った。「これが新しい王様です。記憶も性格も全く一緒、同じ。でも、マッサラサラの新品! この王様がくたびれてきたら、またクローン・コピーで新しい王様を作ります。こうして王様はいつもいつも新品で元気で若々しい! バンザイ王様!」最後の「バンザイ!」は新しい王様も声をそろえた。 …けれど、王様オリジナルは釈然としない。「で、私は? 私はどうなるの?」 魔法使いは驚いた「え? 王様を永遠不滅にしろって事ですよね? だから、ホラ、王様は永遠不滅」新しい王様を指し示す。 王様オリジナルも驚いた。「その王様はいいけど… 私は? このボンジョール3世のわ・た・し・は?」 魔法使いはこまった。こっちの王様もそのボンジョール3世なんだけど… そうか、クローン・コピーの呪文に、コピー作成と同時にオリジナルの消去をプログラムしなくちゃならないのか… でもそうすると、マンガイチにコピーに失敗したら元データが無くなっちゃう。pauseかまして第5空間に格納する? いやいやいや… そうすると…  「おい! 私はどうなるのだ!」 王様オリジナルが怒りだす。王様セカンドはこの状況をなんとかすべく、自身にかけられたクローン・コピーの呪文をコピーし走らせて… 「は~い! 王様誕生! バンザイ!」 王様サードが誕生し、さらに状況はややこしくなったので、王様セカンドと、王様サードは、自身にかけられているクローン・コピーの呪文をコピー… こうして、王様による王様のための王様による政治が… 問題の本質は何も解決されないまま物語は終わる。 おお! 現実的? 現実と同じ! か? …そんなこたぁないだろう。20171011+
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR