FC2ブログ

天狗花

 天狗花。って言ってもホントの花、じゃない。木の幹や枝で、ある1点から四方八方に太い枝が、それこそ天狗の鼻みたいなのが多数伸びている、そんな状態を言う、んだよ、うちの田舎では。どうしてそんな事になるのかはわかんない。子供のころ理科の先生に聞いた記憶があるけど、なんか、植物が持ってる枝を出すシカケ、これだけ成長したらここで新しい枝を作ろう、ってなシカケがあるんだけど、それを暴走させる菌だかウイルスだかが作用してるんだ、って言ってた。よくわかんなかった。 …今でもよくわからん。その時に先生は言ってたけど、「動物にもあるんだ」って。その動物ってのはカエルで、その細菌はより上位の鳥に寄生するため、カエルの足をたくさん生やす様に操作してカエルの動きを制限して捕食されやすくするんだって。 …これは、キモチ悪くて、ウヘェと思って、なんかイヤだなと思った事以外はよくわかんなかった。
 でも、なぜ今頃そんな昔の事を思い出したかというと… ニワトリ一羽から手羽やモモ肉がたくさん取れたら儲かるじゃん、なんて研究がされてる、とか… でも、それはもう、ニワトリ、じゃないよね。 …研究してるのも人間じゃ… 20171104-2+
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR