FC2ブログ

海中の顔

 やっぱり、友人のじいちゃん、漁師だった人の話。
 海の上はモノの大きさの判断が付きにくい、らしい。比べるものが無いから。特に海の中のモノの大きさは、海上からただ見ているだけで、その大きさを知る事は…
 その日も陽が登る前から船を出して、辺りが明るくなる頃に漁場に着いて、もっと足の速い船を持ってれば、朝寝が出来るんだが、なんていつもの文句を言いながらも漁を終えて、さあ帰ろうか、って時に、船の下に何か白いモノがある。その辺りの海域の海水透明度は結構高いんで、目視できたんだけど、白い楕円形の、何か。ウミガメか? とも考えたんだけど、違う。海面のすぐ下にあるなら直径1メートルくらいだろうけど、何なんだかよくわからない、よく見えない。って事はかなり深い所にあって大きい。海面に近づいて来るのか、見た目の大きさが少し大きく… それと同時にじいちゃん、エンジンかけて全速力でその場を離れた。 それは、顔だったんだって。白い、昔のお公家さんの様な顔。ウリザネ顔、とも言うの? で、大きな顔、だけが、能面の様に海中にある、でも巨大。顔の様に見えるナニカじゃない証拠に、目がギロリと動いてこちらに焦点を合わせた、目が合ってしまった、んだって。ホントかどうか? そんなこと知らない。でも、あの膨大な海水の中に、巨大な、でも海そのものに比べれば小さなナニカがいないとは、もう思えない、私は。20171125-2
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR