FC2ブログ

曲がり角

 本屋で、俺は最近本屋しか行かない。食料と衣類を購入する店以外は。でその本屋で雑誌を立ち読みしていると、隣に立った、私同様立ち読みしている男性が「これはだれかすれべしでみると、みに、たいな。いずみがあがれみんどすると? は! おやおやすたいたい」 …わけわかんない事言ってる。 ヤダな、と思って文庫本のコーナーに移動して最近映画化されたSF作品の文庫を手に取ってさわりだけでも、と読みだすと。 後ろから「ぺをぎめなると、みこさおんどるしあ。にぬいねぇ、ほんひぺぺ、どうわえの? のんふしみ。さごじょ」などと聞こえてくる。マッタクもう、と思いながら文庫を置いて美術書コーナーに移り、「美しき廃墟」とかナントカいう本を手に取ると、向かいの書架から「みそがして、いすがしいからむしすぶごかなみこ。ね。あきむしするとな、ずねなきごけこる」などと聞こえてくるの。あぁ、今日は日が悪い、と書店を出ようとして気が付いた。店員さんもお客さんも、俺以外の人はみんな「ぼしゔぃほ、さまんだぐじ、ごおんぐしどなべつるそふしむき…」声をそろえて唱えてるのさ。 そして店の自動ドアの電源を落としシャッターを下ろし… だから俺、なるべく自然に行動して、今トイレに立て籠もってんだけど… さあ、こんな時どうしたらいい? バッテリ切れないうちに、教えて、なるべく早く。たのむ、悪い予感がするんだ教えて。俺、生きてるうちに、頼む。20170914-3
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR