FC2ブログ

のっぺらぼうの日常 ―居るという事―

 のっぺらぼうがアクビしている、ってのがわかったのは、普通の人なら口がある辺りのツルリとした場所を手で隠すポーズをしたから? でも… のっぺらぼうはアクビするのか? するフリをする、人間のマネをするだけじゃないのか? のっぺらぼう、もっと油断していて、誰も見ていないトコで鼻糞ホジホジ… ありえない、だって鼻の穴が… でも、どこかで聞いたか読んだかしたよ。殻をむいたユデタマゴの様にツルリとしたのっぺらぼうの顔だけど、よくよく見ると、近づいてよ~く見るとその表面に、無数の小さ~い目や口や鼻の穴がびっしりと… だから見えないわけでも喋れないわけでもないんだって、なんか別の意味で怖い、のっぺらぼう。 しかし、妖怪って人に見られてない時はナニしてんだろう? WWFを支援するのっぺらぼう。独り家でテレビを見るのっぺらぼう。想い人にフラれるのっぺらぼう。履歴書を書くのっぺらぼう… そんな「ゲゲゲの鬼太郎」的世界、日常を有する妖怪達なんて私はイメージできない。妖怪は人間と関係するその短い時間の中にしか存在しない、“驚かすだけの存在”なのかもしれない。もちろん人間も「人間と認識する存在」と関係しているその限られた時間内にしか存在は出来ない。 …のかもしれない。20171122-2
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR