FC2ブログ

合せ鏡

 昔、私にはとても仲の良い友達がいた。朝から晩までいつもいっしょ。遊ぶのも… 遊ぶのも、遊ぶのも? はあ、小さな子供だから、遊んでばっかしだったんだ。いっしょに遊んでる記憶しかない。ああ、トキタマいっしょにゴハンを食べてる記憶も少し、おぼろげに… ある。私の家でいっしょに食べてた。ああ、そうだ、わりとズウズウシイ奴だった。ホントに小さな子供の頃、小学校に上がる前。背は低く小さかったけど、色の黒い、坊主頭で、元気イッパイ! て感じだった。そいで、アイツが黒で、私は白っぽかったから、近所の八百屋のおじさんが「お! 囲碁兄弟! アヒャヒャヒャヒャ!」なんて笑ってた。あれは、今思えば異母兄弟のシャレだったのか? あんまし面白くないよな。アイツの肌の黒さは夏は日焼けしてるのか、と思ってたけど、冬も、寒い時も黒かったなあ。でも、アレ? 虫取したり、カエルつかまえたり、だんぜん夏のイメージが多いかな?  あ! でも雪が降った時カマクラ作ろうとした。雪が足りなくて屋根はゴミ捨て場から持ってきたダンボールのミカン箱つぶしたモノだった。いろいろ作ったり、採ったり、走ったり…ああ、なつかしいなあ、名前、なんてったっけか? なつかしい、ただただ懐かしい… けど、気になる事がヒトツある。両親が、つまり家族が、「そんなトモダチ、いた?」って言うんだ。そー言われると、3人4人たくさんの子供が集まってアイツと遊んだ記憶は無い。いつもふたり… 家族も会ってるハズなんだけど… そー言われると、面と向かって、って… 無かった? いなかった? え? それは、いまじなりーふれんど? なにそれ? 空想上の友達? イマジナリーフレンド? 意識や記憶を共有する空想上の友達? ヨウセイさん? 欧米では当たり前の存在? でも、そうなのか? いいのか? 日焼けした坊主頭の子供だぞ。妖精さんでいいのか? イマジナリーフレンド、空想上の友達… 
 ああ! いたんだよ絶対! 夢マボロシじゃない。いつも遊びに行ってた。ヒョロっとした色白の坊ちゃん刈りの男の子で、オレ、坊主頭だったから、いいなああ、オレもあんな頭、髪型にしたいなあ、いつも思ってた。八百屋のおじさんが「お! 囲碁兄弟! ウヒャヒャヒャヒャ!」なんて笑ってたのは、今思えば異母兄弟のシャレだよね。俺の方は色黒だったから。 親父ギャグだよな、ゼンゼン面白くないよな。アイツの肌の白さは病気してるのか、とも思ったんだけど、そんな事ないよな。いつもいっしょに、ヘンなモノ作ったり、ムシ採ったり、走ったり… 元気だった。ああ、なつかしいなあ、名前、なんだったっけ? なつかしいなあ、ホント懐かしい… え? そーだよ、あの山の麓のオヤシキ、洋館? あそこの… え? あそこ、昔から、無人? そんな事ないでしょ、オレ、アイツの父ちゃんと母ちゃんにも、会った。一緒に飯食った事も、ある。無人なんて事は… あのオヤシキは… え? そうなの… オバケヤシキ? 幽霊… 20171207+
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR