FC2ブログ

最後

 槍ヶ岳山頂へ、あと数歩。「山上に人がいる」先行するタキシマがささやく。そりゃあいるだろ。8月のいい時期だ。俺が返すと「でも、女だ」 バカか、イマドキ山に登る女を見た事ないのか? それは、山女… 違う、山ガールといってだな 「でも、 …水色のサマードレスに麦わら帽子だぜ…」 ? ソリャ変ダ… タキシマがいた場所に俺も登って、そして、誰もいない山頂を見る。広くない、隠れるトコロなどない。「ア… いや、確かに…」 美人だったか? 俺も見たかったな、などと冗談を言うが、もうタキシマと登る事はない、と確信する、ナゼだかわからないが。 無理に理由を付ければ、シタに、街に未練を残して登るなど… ってトコロだが… それが的を射たかどうかわからない、でも
「 …孫が、できた」 子供が産まれても登っていたタキシマが、山をやめる宣言をしたのは、アレから1ヶ月後だった。20171210
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR