FC2ブログ

宇宙戦争

 火星から採集された土には仮死状態の生命が存在した。国際宇宙ステーションのラボではこの生命体の蘇生と研究が始まった。ケルビムと名付けられた地球外生命体は、想定外の環境適応力を見せ、成長し、隔離キャビネットを脱出する。生存に貪欲なケルビムはステーション乗員達を捕食し成長を続け、知的にも進化し地球降下を企てる。それを知った最後の乗員は自らを餌にケルビムを脱出ポッドに誘い込み宇宙に飛ばす計画を実行するが、想像を超えたケルビムの能力によりポッドは地球に降下してしまう。アジア極東の大都市SIBUYAに降りたポッドは市民によりハッチを開けられてしまう。今こそ地球上で自由となったケルビムは… 蔓延していたインフルエンザウイルスの餌食となって絶命してしまう。永遠に近い時間火星を支配した生物は、最強ではあったが、また脆い生き物でもあったのだ。生き抜くためには生物多様性の中での切磋琢磨というかサバイバルが必要だったのだ。ああ、1938年の二の舞? 20180112-2
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR