FC2ブログ

 昔、子供の頃、小学3~4年生の頃だったかな? 1人で釣りに行って水門の魚道近くが俺のポイントなんだけど、そこで釣り糸を垂らしてたのさ。コンクリートの縁に腰かけて、いい天気だったけど辺りにダレモいなかった、な。 夏休み、のハズもない。平日、学校をサボって行ったんだっけか? 忘れた。 …もう時効だよね? で、釣果は… ハハ、フナが1匹、そろそろお昼? おなかすいてきたなあ、なんて時に、ポン、軽く背中を叩かれた。トモダチか? けど、釣りしてる時の俺はイツモ反応が鈍い、スリープモードっていうのか、その時も、ポンと背中を叩いた手がいつまでもいつまでもそこにあって、そこがジワリと濡れて来てから、変だ、と思ってようやく振り返った。 …カエルがいた。 ただし、デカい。3歳児がカエルの、リアルなカエルのキグルミを着てる、そんな感じ? でもキグルミじゃない、肌、というか表面のヌメヌメ感、ビクビク動いているアゴの下? 口の下? でその右前足が俺の背中に… ひゃ! 息を吸い込んだんだか、吐き出したんだか、覚えてないけど、とにかくそんな声にもならない音を出して、俺は… その辺り記憶がトンでる。気が付いたら走ってた。走ってる途中で、釣竿はじめ釣りの道具一式そのままだ、とか、あ! 俺自転車で来てたんだ、とか思い出したけど足が止まらなかった。で、走って家に帰って… 家で、玄関入って、肩で息して… お母さ― 大声で呼ぼうとしても呼吸が苦しくて、声が出なくて、そんな時、廊下の奥からペタリ… ペタリ… ペタリ… ペタリ… ペタリ… 音がする。 …イヤな感じ。スリッパの音じゃない。お母さんのスリッパの音じゃないっ! アレは、きっと、ぬれたオオキナ素足の音… 俺は玄関を飛び出して、それから
 だから話を聞けよ! 俺の話! 夕暮れの水門の魚道近く。退路を断たれ、怯えたカップルを前に俺は声を張り上げるが、2人は俺を見て「カ、カエル…」と  20180111+
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR