FC2ブログ

失くした

 ノホホンと人生過ごしてる私。この長い人生で嫌な事もあるけど、ソレはいつか過ぎ去り元通り、そーゆーモノだと私は何となく思っていた。 たとえば、病気とか。病気は治り、怪我の傷も消えて、人は元通り。子供の頃の話ではなく、ケッコウ大きくなってからも。 でも、ある時、医者から聞いた。病院では症状や、身体の機能や状態が安定した状態を持って、治療は終了します。完治したとみなします。は? …いやまあ、当たり前の事だ、と今さらながら気が付いた。事故で腕が一本無くなっちゃったとしたら、その腕が生えてきて元通りになって治療が終了、なんて事はあり得ない。腕は無いままで治療は終了なんだ。義手を作ったりするのはまた別の話なんだ。まあ、遠い未来、再生医療なんてのが可能になったらそーじゃないかもしれないけど。腕が1本無くなっても健康、痛みがあっても安定した状態なら治療は終わり。この事実にええええええええええええええ! と思ったけど、なんとか受け止めた。けど、現実に腕や足や、自身の重要なナニカを失った人達の苦悩は如何許りか… 生きてると、とても大切なモノを失う事があり、それがとても大切なモノだと知るのは失ってからなんだ。取り戻せるものなら… そう思うけど、まず無理。でも失くしたまま、何かで補って、生きてかなくちゃなんない。 …生きていかなくてはならない。そう実感した時、ちょっと茫然とした。 …どんだけノホホンだったんだ。20180522-2+
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR