FC2ブログ

何時か何処かで

 赤ちゃんが産まれてくるのは、まだ神様が人類に絶望してない証拠。そんな言葉を聞いた気がする。ずいぶんと前。 …だから、今、この国は、神様に見捨てられた、と言っていいのかもしれない。少子化、子供が生まれない。若者が結婚しない、出来ない。ここはそーゆー国になってしまった。老人の国。子供を持つ夫婦は、今、中央に集められ、暮らしている。子供同士、集団での生活は絶対必要なのだ。今、子供の育成が最優先事項。もちろん、もう人口回復は不可能。ここまで少なくなってしまえば、もはや滅びは必然。でも、最後の最後、この国が無くなる時、世界に向けてこの子達を蒔いて、国は無理でも、その血筋、文化、ミーム、何かそんなモノだけでも… 残す事が出来たら…
 コイノボー! 紙の魚の玩具を振り回しながら、男の子が赤い大地を叫び走る。何なんだアレは? 父親が怪訝な顔で妻に尋ねる。私の父親が昔… 男の子のセレモニー、黒髪の妻の説明は要領を得ない、なれない言語で。何処かの大陸の海の無い街で。何時か。 20180615+
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR