FC2ブログ

 雨がやまない。もう3日も。今までこんな事はなかった。雨は降らなくても困るが、振り過ぎるのも困る。「心配するな、止まない雨などない」親父が笑いながら言う。昼間っから酒を飲んでいる。良い身分だな、マッタク。ここしばらく仕事が順調だったから、な。仕方ないか。気晴らしも大切。 陶製のタンブラーから手を離さずに親父は続ける。「オイ、知ってるか? 隣村にデカい避難所が出来たの」何のハナシだ? 「大雨に供えた避難所なんだってよ。どっかのアホが私財を投じて作ったんだって、笑っちゃうよな。この辺りで、大雨」アハハと笑い酒をあおる。しかし、これだけ雨が続くなら… 不安は大きくなるが、親父の、止まない雨はない、という言葉も信じたい。 「そんで、ソイツ。作った避難所に入れてんのが… 」ガハハとまた大笑いし続ける。 「ソイツ、なんと言ったっけかな? 避難所を作ったアホ。 確か… ノア?」20180717-2
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR