FC2ブログ

美名の旗の下に

 ボランティアって、ヒトコトで、ヒトツの言葉で言ってるけど、災害時や人が困ってる時に「私に出来る事はありませんか?」ってボランティアと、世界的運動会の様な営利事業というか経済活動の運営をサポートするボランティアって同じボランティアでいいの? まあ、両方とも「やりたいからやらして」かもしれないけど、「困ってる人を助けたい」と「その活動を応援したい」を同じ言葉で定義するのって乱暴というか大雑把過ぎない? 地震で家がつぶれちゃった人達の為に炊き出しをするのと、大好きな歌手のコンサートでスタッフに炊き出しするのと同じ、でいいの? 他者の為に無償で働くのが尊い行為で、それをボランティアというのは良いけど、カタッポウは誰かさんの金儲けに体良く利用されてるでけで、それどころか、その行為で正当な報酬をもらえるハズの人の営業妨害をしてる事にならない? たとえばボランティアの通訳がいるから、ガイドさんがいるから、本職の人はいらない、とかないの? 大丈夫なの? これがススメば、車の運転好きな人にタクシードライバーやバス運転士、料理の好きな人にコックさん、SEXが好きな人に あわわわわ、失礼、最後のは取り消します。 けど、巨大な営利活動で、一部の儲けられる人達だけが利益を受けて、正当な報酬で経済活動の一翼を担うべき人達がスポイルされ、末端は、周辺部の人々は、タダバタラキで使役されって事は… ないよね。もしあるんだとしたら、ボランティアとは別の名称が必要、だよね? 20180912
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR