FC2ブログ

鈍感力

 ムカシ、手塚治虫先生の「火の鳥」読んでて、どんどんどんどんモノを拡大して見ていくと分子や原子が見えてきて、まだどんどんどんどん拡大していくとその原資の表面に極小の生物がいて、それはまるで地球に住む生き物の様。そしてその生物を構成するモノを拡大して見ていくと、また… 反対にどんどんどんどん宇宙を遠くから見るとそれは超巨大なナニカを構成する原子のひとつで… とか言うのが確かあった、と思う。これが変に怖かった。自分の体の中に知らない生き物が蠢いている様な、いや、実際にはその通りなんだけど、乳酸菌とか。空を見上げるとそこにやっぱり知らない生き物が嗤っている様な… なんか落ち着かない怖さがあった。 …今はない。そんな事はない、と信じてるからじゃない。そーだったとしたって別にいーじゃん、と思ってるだけ。 …すさんだねぇ、この子は、とも思うけど、このくらい鈍感にならないと、これから死んでいくんだからヤッテラレナイ、とも思う。20180219-2
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR