FC2ブログ

あるんだ

 ずいぶん前、ハワイに行って「ああ、外国ってホントにあるんだ」と思った。ガキみたいな言説だってわかってる、でもホントにそう思った。 それからまたスイスに行ってイタリアやら用水路のこっちはフランスみたいなとこを行き来して「あ~ ヨーロッパってホントにあるんだ」と思った。テレビで見たり話に聞いたりしてたんでタブン存在するんだろうなぁ、とは思っていたんだけど… それから妹がアメリカに住んだのでアメリカも存在するらしい。一時帰国した妹がホンモノかどうかは確認してないけど。そんな妹の娘はイギリスにいた事があると聞いたので、イギリスも存在するのだろう。世界はちゃんと存在しているんだ、ムカシ読んだSFみたいに誰かさんの夢でも妄想でもなくて存在してるんだ。カプリコ~ン! 突然叫びたくなる。 そんで、ああよかった、と思いたいけど、この気持ち理解してもらえるだろうか? イタリアのどっかの町でトイレ借りようと郵便局に入った時、中にいた人が一斉に私を見たあの感覚… 「敵意」とは言わない、「悪意」も違う。ただ、ただ異質なモノに対してのプレッシャー… トンデモナイ祭りが存在しても存在しなくてもドッチでもいい。そんな事より、この世界がちゃんと存在し、実在してる事が、いや、違う。ちゃんとじゃなくて軋みながら歪み悲鳴を上げながら壊れながら存在してる事が …怖い。 最近新聞読んでると、ホント存在しなければ、誰かの夢か妄想ならよかったのに、と思う。20181110-2
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR