FC2ブログ

積年

「タチバナさん… やっぱり気が付いてなかったのね」5年前職場が一緒だった人と偶然池袋で出会い、積もる話があるからと、百貨店内のフルーツパーラーに入ったんだけど… ため息交じりに打ち明けられた5年前の真実は今さらどうしょうもないし… それは少し期待してた浮ついたハナシでもなかった。「カッコいいと思ってたの」とか「ステキだなあって…」 期待してたんだ、少し。でも、訳のわからない話が終わって、俯いたままのその人はモジモジしてたんじゃなくて鞄から出刃包丁、の様なモノをこちらに気付かれぬよう引っ張り出して「オマエガ! オバエガァ!! オバエガアアアアア!!!」辺りが騒然として、光るモノが身体にさし込まれる前に後ろに飛ぶが、飛んだつもりだったけど… 遅い! ああ致命的。鈍感だと、モノを知らないと、こーゆー目に合うんだ… 知った時は遅かった。 …で、俺、彼女に何をしたの? 20160502-3+
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR