FC2ブログ

怖いのか怖くないのかよくわからない話

 子供の頃、親戚の大きい子達と遊園地のオバケ屋敷に入った。その頃は臆病でヨワミソでそんな所に入りたくはなかったんだけど「怖いからイヤ」なんて言えなくてシブシブ入った。歩いて進んでいくタイプの昔の? あの乗物に乗ってオートメーションの工場の様に流れて行くタイプじゃないの。え? 今は歩く方が主流? リアル? そうなの? まあ、そーゆーオバケ屋敷で暗い中をどんどん歩いて進んで行って屋敷の中なのに墓地があったり階段下りてないのに地下室があったりする。でも怖くてサッサと出たいと速足で先を急ぐと竹藪があっていく先に井戸があって パ! 突然灯りが点いて眩しくて井戸から白い着物の男の人が出て来て「急いで走って先に行って!」大きな声で言って場内アナウンスも「急いで外に出て」を繰り返しててそこにいる人ミンナ走って外に出て怖いはずのオバケ屋敷も照明が点いてるとマヌケでバカバカしくて可笑しくてアハハと笑いながら出口から外に出た。外に出ると「御迷惑をおかけしました、入場料はお返しします。こちらにお並びください」とかナントカ係の人が言って人が集まってたけど僕達は「ま、オモシロかったから、いいか」なんてそのまま帰った。マコト叔父さんだけが「俺、ちょっと行って来る」と列に並んだんだけど。 …あれ? そーいえばあれからマコト叔父さんどーしたんだっけ? あれから会ってない。20181230
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR