FC2ブログ

おぢいさんのランク(部分)

「古くせえモノぁ、イザという時、役に立たねぇ。 …間に合わねぇ…」政治家は今になって、自分の間違っていた事がはっきりとわかった。 ―公務員はもう古い道具になったのである。統計ひとつまともに取れない。土地の売却さえ上手くできない。忖度さえも…
 公務員、公務員、懐かしい公務員。 政治家は公務員を木に吊るした。小さいのも大きいのも取り混ぜて木に吊るした。やがて政治家は足もとから石ころをひとつ拾った。いちばん大きい公務員に狙いを定めて力いっぱい投げた。大きい公務員がひとつ消えた。 「お前たちの時代は過ぎた。世の中は進んだ」そしてまたひとつ石ころを拾った。二番目に大きかった公務員も消えた。 「世の中は進んだ。民間の時代になった」政治家の目になぜか涙が浮かんで、もう公務員に狙いを定めることができなかった。
 …こうして政治家は公務員を使うのをやめた。行政は全面的に指定管理者制度による民間委託に移行したのである。政治家の判断は、なかなか立派だった、のだろうか? 政治家はそれから街に出て本屋さんになった? 20190301+
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR