FC2ブログ

侵入者

 静かにして 息を潜めて 気配を消して ドアノブを見ている。深夜の 寝室だけど 窓にカーテンが 無いので 月明りで見える。 誰もいないこの家の この部屋の 入口の ドアノブ。 丸いドアノブ 真鍮のドアノブ 古いドアノブ 誰も触らない。 やがて それが ドアノブが ゆっくりと 静かに でも確実に 回りだす。 静かに 音もなく 密やかに 回りだしたドアノブは 回るべきところまで 限界まで回りきると 回転は止まり ドアが ゆっくりと 徐々に じわじわと 開きだす 開いてゆく ドアが。ギキキイギキキキキキギイイイイイ… 「ナンもないじゃん」「だろうな。俺が小学生の時からの空き家だし」 恐る恐る へっぴり腰で 怖々入ってきて すぐそばで懐中電灯をあちこちに向ける高校生達の会話。たく、うるさいな、耳元でしゃべるなよ。20190527-3
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR