FC2ブログ

さよなら国

 稀有な大震災で壊滅的被害を被った高速増殖発電所。新世紀の発明、夢のエネルギー、未来への懸け橋、色々チヤホヤ言われていたモノが、悪魔の発明、悪夢のエネルギー、地獄への下り坂、散々なモノに、それどころか厄介モノになってしまった。日々、拡散する高速増殖物質を封印する為の膨大な労力と予算と資源。国民は疲弊し、景気は落ち込み、国内は暗澹たる世界となっていった。が、統治者は「こんな時だからこそ」と莫大な労力と予算と資源を使い大規模な祝祭を催した。それも1度ならず2度までも。 …明らかに間違いだった。結果は不景気、などのレベルではなく、暗黒の時代となった。そんな時、ある科学者が「こんな事もあろうかと… 」奇跡の発明! 希望のエネルギー! 繁栄へのパスポート! と言われる計画を発表し、国はそれを採用し、国家プロジェクト! として始動し… たけどこれが世紀の大ペテン、国家レベルでオレオレ詐欺に引っかかってしまった状況。最後に国としての威信までもなくしてしまいました、とさ。ある人は「ああ、どうせこんな事だろうと思っていたんだ」と言いましたが、誰も相手にしている暇はありませんでした。沈みゆく国家から逃げ出すのにミンナ忙しくて。20190928++
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR