FC2ブログ

病因

 診察室に入るといつもの通り医者はモニタを見てこちらを見る事はない。どうですか調子は? 的な事をゴニョゴニョと聞いてくるので、大変調子は良い、気分も良好でこの状態なら今日にでも退院できるんじゃないかと話す。すると医者は急にこちらを見て、それはいけない! 貴方の病気でそんな気分になると言う事は悪化の前兆です! 今日から内服薬をより強力なものに変えましょう、ああ、量も増やした方が良いな、うん、そうだ、増やした方が良い… そうゴニョゴニョ言いながらまたモニタに顔を向け、電子カルテらしきモノにナニカを打ち込む。 …先生、大丈夫ですか? そう言われても、私もう治ってる気がするんですけど? 不安を隠して今日は医者にはっきりと言う。またクルリとこちらを向いて今度は大声で、そそそそそそんなこたぁあないっ! ああああああああ貴方は、貴方は病気なんだ! びょおきぃなんだよぉおおおおお! おおおおおおおお、お願い… 助けて… だってもうこの病院に、患者さんは貴方しかいいイナイいぃ… 患者がいなくなったら医者に何の意味が… 私は医者には聞こえない様に小さく溜息をついて、大丈夫ですよ、退院なんかしません、先生落ち着いて。ああ、そういえばなんか気分が落ち込んできてしまった様な、先生、お薬をお願いします。と言いながら、頭に浮かんだのは“逃れられない”って事だった。3年前の手術の痕がまた痛み出した。20191027-2
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR