FC2ブログ

哲学的敗戦

 昔、線路の先に5人の人間と分岐線の先に1人の人間がいてそのままだと5人死ぬが… って問題、「トロッコ問題」(2017/03/05「哲学的戦敗」)があった。私はポイント切り替え機をガチャガチャさせて… トロッコを脱線させるという第3の解を主張して得意になってたけど… もし、もしこれが5人じゃなくて100人、100人じゃなくて5億人、いや地球、太陽系の存亡にかかわる問題で、それと人間1人の命を比べられたら? そんな時でも「ポイントをガチャガチャ…」と私は答えるのだろうか? 失敗して太陽系を消滅させてしまったら「ごめんなさい」じゃすまない、それでも第3の解にこだわるのか? ううううううう… 実はプレッシャーに弱いんだ。そんなとき私は「ごめんなさい」って言って1人の人間の方にポイントを… ああ、つまり問題の解決にはその問題の「大きさ」? 「スケール」? が影響するって事だ。幅15センチの地面に書かれた直線の上を踏み外さずに歩く事は出来ても、それが地上100メートル、いや5メートルの高さに渡された幅15センチの橋梁だったら? だから私は、5人の命なら冒険できるけど、太陽系規模の問題となったら… アレ? 5人の命なら? それはそれでマズイよな、私の性格。20190502
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR