FC2ブログ

存在

 ムカシ、ホント昔。文通ってのがあったんだよ。SNSとかインスタとかじゃなくて、物質の紙の手紙のヤリトリによる通信の上で友人関係を構築する、そんな人と人との付き合い方が存在したの。で、ボクは同年代の女性と、つまり女子高生と月に1度お手紙のヤリトリをしてた。1年半くらいそれが続いて、次第にあの異性に対する特別な感情がボクを支配して、3年の夏休み、大決心したボクは会いに行くと手紙を出したんだが… そう、その通り、このブログの読者の期待どおり。相手の女性は男だったんだ。ネットの世界で言われる「ネカマ=ネットおかま=女性を装う男性」は昔からいたんだね。イタズラだったら酷い話だけど、相手が性同一性障害者だったら… 一方的に攻められない話だよね。どっちかだったかどっちでもなかったかはイイタクナイ。ワスレタ。もう終わってしまった事。でも、今現在に考えるのは、そんな全てがわかってしまってからの事は置いといて、手紙のヤリトリの1年半の間、淡い恋心を抱いたボクとその相手がボクの脳内だけだとしても確かに存在したのだ。事実の発覚により殺されてしまったけど。だから、これもひとつの「沖の少女」(シュペルヴィエル著)の物語なのかもしれない。発覚しなければ、ずーっとそのままに純愛だった。ほのかな恋心もその対象も確かにこの地球上に存在していた… んだよね。 ね! ね! ねえええええ! 20170730-3+
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR