FC2ブログ

太郎の屋根

 むかしむかし、あるところで… 新型クルナウイルス感染症が蔓延しかかっており、世の中は、上を下への大騒ぎ。と、ある小学校でも、職員室は、急遽発表された全国一斉小中学校臨時休校の指示でてんやわんや。 ったく! 子供は重症化しないのに! 学童の受け入れ態勢は? 給食のキャンセルどうなってる? 授業計画の見直しは今日中だぞ! 休校前に配布するプリントの印刷大丈夫? まだ原稿が? ナニやってるんだああああああ! そんな中、まだ担任も持ってない新人先生が「あの~ お忙しい時にすいません。あのスミに置いてある機械、さっきっからピィ~ピィ~鳴ってますけど、なんなんですかぁ?」ベテラン5学年の学年主任の先生は「あ~ あれ。 …確か、環境放射線計測機だよ、ムカシ、ゲンパツ事故の時国から届いた装置だよ。ああ、若い人は知らないか。でも、今忙しいんだからタノムからそこら辺で静かにしててくれ!」 はあ、すみませんとかナントかゴニョゴニョ言いつつ、新人クンはホコリをかぶった機械のそばに行き、コレも又ホコリをかぶった、そばにあった取扱説明書を読み始めた。何かの役に立つかも、と考えたのだね。良い子、イヤ良い先生だ。で、しばらくすると青くなって、教頭先生のところに行く頃には…  目に見えない臭いもない触る事も出来ないウイルスとは別の毒性の高いモノが静かに静かに静かに… やがて職員室の喧騒は収まり、小学校も、町内も、市内も県内も… 段々と段々と段々と静かになっていき、そこに季節外れの雪が 20200302++
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR