FC2ブログ

自分が怖い話

 市立図書館の参考資料室。相談カウンターの前には学習用、読書用の机があり、その先に書架が櫛の歯のように並んでいてその先に窓がある。業務用コンピュータを使って仕事していると左側に利用者用の机が見え書架が並び窓が、ブラインドを下してはいるが午前中の陽光が入る窓が見える。先ほどからこうしてPCを操作していると、久しぶりの晴天でブラインド越しに柔らかな光が、アレ? 捜査中の視野の左に逆光の中スッと動く人影 そりゃ、人のひとりやふたり… ! いないよ。今、新型ウイルスの拡散防止関係でこの部屋は閉鎖中。私は事務室より落ち着くし、自身の机より広くて使いやすいんでここで仕事を… で、やっぱり人はいない。利用者用のドアは施錠されてるし、事務用出入口から職員の出入りがあったなら、ここでなら寝てても気付くはず。 …なんなんだ。少し怖い、と思ったまでが、正真正銘今日あった事。事実。ホントの話。 …でも、その後、コレこのまま書いてもそんなに怖くも面白くもないよな、どうやったらもっと怖く、面白くできる? 演出を工夫する? 2段オチに変える? レビー小体型認知症の兆しって… どんなだっけ? とすぐ考え出した自分が、そんな風に平気で考える様になってしまった自分が… 少し怖い。 …あくまで少しだけ。20200325-2
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR