FC2ブログ

児童書を読んだ

 児童書に「なんでもふたつさん」(M.S.クラッチ/ぶん  光吉 夏弥/やく  K.ビーゼ/え 大日本図書)ってのがある。主人公は、なんでもふたつなければ満足しない男で、服や帽子もふたつ身に付けないと納得しないんだけど、それで仕事もふたつ、家もふたつで、悩みは奥さんと子供が一人づつしかいない事。子供はそのうちに、って思ったとしても、奥さんの方は… 児童書にこんな突っ込みしちゃいけないんだろうけど、重婚って罪だよね? あるいは不倫? で、こんな困った“なんでもふたつさん”を変えようと息子が行動を起こすんだけど… 結果は失敗。【ネタバレ】になっちゃうけど、奥さんも子供も2人になって“なんでもふたつさん”にとってハッピーエンド! これ読んだ女性、特に既婚女性はなんて不道徳な! と、不快感MAX!だろうなあ… でも息子はこれでいつもお父さんが2着買ってくれる服が無駄にならなくていいや、と考えていたんだけど、独りに2着、計4着買ってくるんで「だめだこりゃ」とあきらめるという… という事はこの息子も、いや息子達も奥さん達もそして作者も、“なんでもふたつさん”の奇行を認めちゃったのか。こんなにも理解しがたい事なんだけど、法的にだってマズい事なんだろうけど、でも「仕方ないよね」なんだろうか? この事についてはもっともっともっと、掘り下げて考えなくては、他者の容認と理解、理解しえないモノを認める事は出来るのか? と悩んでいたんだけど、“なんでもふたつさん”って自分の存在は一人で納得してんの? って考えたらコッチも気になって… コドモの本ってケッコー深くて奇々怪々! 
【追記】ああ、ひょっとして、“なんでもふたつさん”には今はもういない双子の兄弟がいて、息子そっくりで名前も同じって、ひょっとしてその生き別れた兄弟の… なんて大人な事情をつい考えてしまいました… 20200706-2
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR