FC2ブログ

蝸牛

 おお! 絶景! 緑の山裾が広がっていき都市があってその先が港、海。この世界は全て自分のモノ、なんて錯覚を簡単に起こしちゃうような風景。例えば、あそこの高層ビル、どっかの社長か会長が最上階でワイングラス片手に「ウハハハハ! 働け愚民共よ! 私の為に!」なんて高笑いしてたとしても、それさえも私の手のひらの上、みたいな? そんな根拠のない全能感や万能感が身を包む。「ウワハハハハハハ! 良きかな、良きかな!」私は神か? なんてね。 …だから、だから私は後ろを振り返らない。私の後ろ、はるか彼方に私を含めたこの世界を見降ろして、やはり根拠のない全能感や万能感の神の視座を楽しむナニカ、がいないとは思えないから。「ウォホホホホッホホ、 全て世は事もなし、じゃな」なんてね。20200811
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR