FC2ブログ

ひょん

 駆け込み乗車は止めてください、なんて駅で放送してる。そりゃしないに越したことはないだろうけど、通勤通学その他移動に電車を利用してる人で駆け込み乗車を一度もした事ない人、ってイナイんじゃないかな。 で、まあ、たいがいは大きな事故になる事もなくマイナスがあったとしても、見ていた人から「みっともない」「迷惑だ」と思われ白い目で見られるくらい、だよね。でも、場合によっては駆け込み乗車しようとして傘を閉まるドアに差し込んでドアの向こうにいた子供の顔面に刺さり失明させてしまい、そのまま電車は発車して引きづられ半身はホームに擦れてズル剥けの大怪我、しかもベビーカーの母子に接触して乳幼児は死亡、母親も大怪我。自身も怪我の後遺症が残り身体は自由に動かせなくなったんだけど、鉄道会社と被害者達からの訴訟裁判の結果は惨敗で、多額の補償金を取られ、でも務めていた会社からは信用失墜行為と言う事で首になり、当然結婚を前提に付き合っていた彼女とはサヨナラもない状況で別れ… そして最悪なのはこれが最後ではなくまだまだこれでもかと悪い事が続いてゆく人生が待っている、のだこの男には。なんて事も起こりうる。このどっちに転ぶかは、わかんない。悪い事しようとか、ズルしてやれ、とか悪意なんて全然マッタク微塵にも思ってないのに、“ひょんな事”から世間から極悪人、人類の敵、鬼畜と断罪されてしまう。 …なんて事を考えてると、生きてくってとても怖い。そうだ、この怖さは、筒井康隆先生の短編? 「熊の木本線」あの怖さに通じているのかも、知れない。 …いや「乗越駅の刑罰」か? 20200810+
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR