FC2ブログ

伝死の時代

 昔、図書館が出来て世の中の貸本屋さんは消えてしまった。そーいやレンタル屋さん、DVDの、あう、今はBDか、のレンタル屋さんも、あるのか? 今こーゆーのは全部配信サービス? ああ、世情に疎くてすみません。まあそんなこんながあって、感染症拡散防止とかもあって、今、今度は図書館が危ない。 だいたいが本を読まない人は増えたし、新聞だって読む人は減った。映画や音楽が配信なら、本だって、そんなら、ってんで図書館でも電子書籍の貸出を… なんて言ってるけど、それをどーして市町村レベルのチマチマした図書館でやんなきゃならないの? どーせ、出版社のサーバへのアクセス権しか買えないんだから、国でまとめてサービスシステム構築すりゃあ、地域格差もなく、費用が巨額でも全国民へのサービスとなれば各個の市町村でやるよりは絶対安い、ハズだよね? そんで今の所蔵管理、破損汚損本の修理、延滞者への督促連絡、この膨大な図書費と人件費と施設維持管理費を考えると、あ! そんで三密を避ける事を考えると、もう図書館は、オマエの時代は終わった、のかもしれないのです。さあ、見ててごらん、これからの世界を。大きく変わってゆくこの社会を。そう紙に書かれた保存管理に苦労する本に比べれば電子書籍のなんと便利な事。督促はいらない壊れる破れる事もない、そしてなにより国民の目に触れさせてはならぬものは瞬時に粉飾改竄廃棄が、いやいや修正が可能。はっはっはぁ! これからは電子図書館の時代だよ、君ぃ! 20200830+
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR