FC2ブログ

究極思考体

 昔、歯医者さんで「痛かったら左手を上げてください」と言われ治療が始まったんだけど左手は看護婦さんがずっと握っててくれたんじゃなくて押さえつけられてた、上げられない様に。なんて漫画があった様な気がするんだけど、でも、こんな風にギブアップできるシステムが組まれていると人のストレスは軽減されるそうな。だからつまり、人が「死んじゃいたい」「もう嫌だ」と思う事は、思えるって事はストレス軽減に役立っているのだ。人はイザとなったら死ぬ事が出来ると言う事は“救い”なのだ。 …なんて事を、子供の頃“死ぬ”事がコワくてコワくてコワくてコワくてどうしょうも無く怖くて「死ななければいいのに」と思っていた私が、今「死ぬべき時に死ねなかったら、苦痛だけが続き自分で終わらせる事も出来ない様な状態になってしまったら」怖いと考えている。もちろん「自分で終わらせるような状況」になる事も恐れている怖がっている。じゃあオマエはどうなりたいのだ? と聞かれたらこのままずっと永遠に… ってのも怖いなやっぱり。じゃ、ある朝目が覚めたら死んでた、ってのも… やはりよぉ~く考えると怖い。 で、どうにもこうにもならないので、 …私は考える事を止めてしまった。 カーズか? 20200907+
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR