FC2ブログ

緑の神

 アマゾンの植物が燃えている、そんなニュースがあったのは何年前だったのか… 思い出せない。全ての記憶があやふやで、おぼろげで、はっきりしない。だいたい、キオクって… ナンなんだ? まあ、いい。でも、確か、あの頃から地球規模で植物が枯れだして、その大絶滅から再生した植物は変異していて、酸素製造の機能は再生前の3分の2以下、大気圏中の酸素濃度は15%となってしまった。ふつう死ぬでしょ、死ななくても身体に悪影響が出る数値だったが、人類は死ななかった。環境の変化に適応した。適応はしたが、人類の進歩は終わった。どうやら植物は酸素以外にも特殊な物質を放出しているらしく、その物質の鎮静作用というか後退作用というべきか、とにかく人類は… 身体で一番酸素を消費する臓器を不活性化させ、生命維持を図ったのだ。そしてナマケモノに… とにかく酸素の消費量を抑える、それが生存のための至上命題なのだ。人は動かず考えずに生きる様になった、この過酷な環境の中で人々は、やがて、理性を捨て、本能の赴くまま行動し、そして …地球と、おまけに人類は、恒久の平和を手にした。20190829-2+
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR