FC2ブログ

先細り

 ムカシ酔っ払ってバカな事をして… でも今こーして生きてるけど、あの時、肩をポンと叩かれて振り返ると死神が「はい、オシマイ。キミの人生『詰み』ね」と宣告した様な事がもう少しで… 忘れたい。
 そんな話のひとつで、バカな大学生が何人かで酔っ払って深夜の街を歩いていて、でも田舎なもんだから路上にはもう人はいなくて、誰もいなくて、俺達のバカ笑いだけが聞こえる。何を笑ってたのかは… 忘れた。そんな時、工事現場のあの三角コーン? ホラよく道に並べて置いてある、赤いとんがってるヤツ。ひとりがアレをひょいッと持って頭に乗せて「帽子!」って言ったのさ。ギャハハハハ! みんなして笑って、そいつを指さして笑って、ギャハハハハハハハハハハ! そいつもおどけて、不格好に踊って、そしたら、ずりっ! と三角コーンがズレて、アタマ全部がハマって、俺は「アレ? そんなに大きかった? 三角コーン?」と思ったけど、ギャハハハハハハハハハハ! 笑い続けて、アタマがズッポリ入ったアイツはあわてて三角コーンを取ろうとして取れなくて、でもアタマまるごと三角コーンの中だから、たぶん回りも見えなくて、声もくぐもっていて、そんで狂ったように暴れて… ギャハハハハハハハハハハハハハハハハハハ! でも、みんなもただ狂ったように笑って、深夜の路上で… 
 次の日、誰かの下宿で何人かが目を覚まして、二日酔いが酷くて、みんな「あ~」とか「う~」とかうめいてる最中。ひとりが「昨日の三角コーンかぶった奴、誰だっけ?」 みんな俺じゃない、と言って、じゃあ自宅に帰った奴だったのかな? とつぶやいて、追及はそれで終わった。俺達はバカだったけど、武士の情け、って事ぐらいはわきまえてる、いつまでも酔っ払った時の痴態をからかう、なんて事はせずに話はこれでオシマイのつもりだった。 …けど、俺、最後にアイツを見た時ヘンだな?と思った。両肩の間にある首、その首には頭が乗っかっていてその頭にはアゴやら、エラ、後頭部だの出っ張ってるトコロがある。でも、その頭が三角コーンの先細りのハズの空洞にズッポリと… アレ少し不自然じゃなかったか? 1か月後、同じ学部の誰かさんの地方の親が警察に捜索願を出した、とか。 …カンケイない、よな? 20201108-2
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:KU2
 改行が嫌いです。嘘とイイカゲンが好きです。…改めまして、FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR